インターネットでの取引がより身近となり、利便性も加わって利用されている人も増えてきている反面、ネットトラブル特有のさまざまなトラブルも起きています。

今回はインターネットでカードを利用した際のよくあるトラブルをいくつかご紹介したいと思います。

【事例その1】 買った覚えのない商品代金を請求された

 

クレジット会社から、買った覚えのない商品代金を請求され、銀行口座から引き落とされてしまった。

<対処方法>
インターネット上で商品を購入した場合、代金の決済をする方法の一つにクレジットカード払いがあります。
クレジットカードで決済をする場合には、消費者は、販売業者に対してカード番号などのデータを入力し、インターネット上で送信します。

販売業者は、受け取ったデータをもとにクレジット会社に立替払請求をし、クレジット会社は消費者の銀行口座から引き落とすことで決済が終了します。
店頭でのカードの提示と違って消費者は著名を求められることもなく、カードの所持も確認されません。
行われる手続きは、送信データとクレジット会社の会員記録とを照合するだけなのです。

つまり、誰かにカード番号を知られてしまえば、その番号を悪用することで、インターネット上で他人名義での商品取引ができてしまうのです。
このようなことから、改正割賦販売法では、クレジットカード情報の保護のために必要な措置を義務づけ、カード番号からの不正提供・不正取得をした者を刑事罰の対象としました。
利用明細を必ずチェックし、身に覚えのない取引があったら、すぐにカード会社に連絡してください。

【事例その2】 フィッシング詐欺に引っかかってしまった

 

普段インターネットでショッピングを楽しんでいたら、「他人のクレジットカードを利用して、不正にショッピングを行う悪質な犯罪が増加しているための防止策として、一定期間ごとの登録変更をお願いします」というメールが届き、何も疑うことなく、自分の名前やクレジットカード番号、暗証番号を入れてしまった。
1ヶ月後、想像をはるかに超えた高額な請求をさせられた。

<対処方法>
フィッシング詐欺とは、実在する金融機関(カード会社、銀行など)やWebサイトなどを装ってニセのメールを送付し、ニセのホームページに誘導することで、クレジットカード番号やパスワードなどの個人情報を入力させて詐取する行為のことをいいます。

フィッシング詐欺による電子メールやホームページは、巧妙な文面に加えて本物そっくりのホームページに作られているため、手口が巧妙で何の疑いもなく個人情報を登録してしまうほどの高技術に仕上げられています。

例え自分が利用しているクレジットカードの会社や銀行名でメールが送られてきたとしても、先ずはすぐに信用せず、文面をよく読み、不明な点や怪しい点がある場合にはその会社に問い合わせを行うか、メールに記載されているURLが本当にその会社のURLであるかどうか、サイトを開く前に確認することが大切です。

【事例その3】 無料懸賞サイトに当選、ポイント購入させられた

 

無料の懸賞サイトに応募したらすぐに「おめでとうございます!100万円の懸賞金が当たりました」との当選メールが届いた。
その当選金を受け取るには手続きが必要で、手続きの内容が書いてあるメールを見るには、ポイントを購入する必要があった。

誘導されるがまま、個人情報やカードの会員番号の登録をしてしまい、ポイントを購入させられた。

【事例その4】 無料占いサイトに登録したら、ポイント購入させられた

 

無料の占いサイトに登録したところ、占いの結果のメールが届いたが、しばらくしたら出会い系のメールが多数届き始めた。

「相談にのってくれたらお礼にお金をさしあげます。」とか「私は芸能人です。」などのメールが届くようになり、その言葉に引かれて、複数の男性とメール交換しているうちに、メール交換に必要なポイント購入代金をカードで支払ってしまった。

【事例その5】 次から次にテキストを購入させられた

 

「絶対に儲かる」などとうたった言葉に魅かれ、有料情報(情報商材)の申し込みをしたが、通常では到底達成できないほどの無理難題な内容の教材が届いた。

もしものときは返金されると聞いていたため、安心して、クレジットカードで支払ったが、仕事を斡旋してもらえるどころか、資格取得のトレーニングと称して、次から次にテキストを購入させられた。

<対処方法>
このようなトラブルでは比較的若い世代を中心にトラブルに遭うことが多いようです。
届いたメールに対して個人情報を簡単に入力せず、リンクされたサイトにむやみにクリックしないようにしましょう。

メールに記載されているURLが本当にその会社のURLであるかどうか真偽を確かめたい場合、実在するショッピングサイトやクレジット会社等の確認、果たして本物のサイトであることかどうかよく確認することが大切です。

【事例その6】 アダルトの無料体験を申し込んだら請求がくる

 

クレジットカードの番号を打ち込んで閲覧するアメリカのアダルトサイトを見つけ、「お試し無料体験」ということで、クリックし、そのままの流れでクレジットカード番号やパスワードなどの個人情報を入力してしまったらクレジットカード会社から毎月数十ドルずつ銀行口座から引き落としされてしまっている。

<対処方法>
上記のようなトラブルは年々増加しています。対応策として、相手会社に対してクレームをつけることですが、直接交渉には英語を使わなければならないなどの障害があり、交渉は難しいでしょう。

こうした場合は、海外のクレジット会社と提携している国内のクレジットカード会社を通して調査してもらう方法があります。