総量規制対象外のキャッシング

総量規制と総量規制対象外、この2つの言葉はお金を借りようと思っている方であれば、一度や二度は聞いたことがあるかと思います。2つの言葉は対象か対象でないか、この違いだけですが、2つの持つ意味は大きく違ってきます。

今回は「総量規制対象外」について説明したいと思います。

総量規制について、詳しく知りたい方は「総量規制とは?お金を借りるためのこれだけは知っておきたい必須事項!」をご覧ください。

総量規制対象外とは?

銀行

総量規制は2010年6月に利用者を守るために作られた法律です。具体的には、利用者の過剰な借入を防ぐ目的で作られました。それまでは年収の多い少ないに関係なく、お金を借りることができたため、破産する人も多かったのです。

このように、「多重債務問題」を解決することを目的とし、従来の法律を抜本的に改正し、新しい「貸金業法」、そして「総量規制」が作られることになったのです。総量規制とは、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできないことを言います。

例えば、年収300万円の人は、その3分の1である100万円までしか借りることができないということになります。

しかし総量規制というのは、全ての金融機関が対象にはなりません。この法律は「貸金業法」であるため、消費者金融やクレジットカード会社が対象となります。貸金業法の対象となる「貸金業者」とは、財務局又は都道府県に登録をしている業者のことで、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫は「貸金業者」ではありません。

つまり、銀行のカードローンは総量規制対象外となります。

総量規制、対象と対象外のカードローン、2つの違い

銀行は独自の法律、「銀行法」があるため、総量規制の対象外です。そして総量規制の対象と対象外とでは、どんな違いがあるのかは次のようになります。

違いその1. 専業主婦の借入

総量規制法では専業主婦(主夫)が借入れをする場合には、下記の書類が必要になりますが、配偶者の同意を得て、借入れをすることができる場合があります。

・配偶者の年収を証明する書類
・借入れについての配偶者の同意書

しかし、実際の消費者金融での条件には、収入が全くない専業主婦(主夫)は融資を受けることができない金融機関が多いのが実情です。だからと言って、銀行のカードローンでも配偶者が安定した収入がないと貸付けできない、配偶者の同意書が必要な銀行もあります。

そのため、もしも銀行のカードローンを利用する場合は、上記のことを事前に調べてから申込むようにすることが借入するためのポイントとなります。

違いその2. 年収関係なく借入が可能

総量規制法では、申込者の年収、3分の1を超える貸付けはNGですが、銀行カードローンは対象外のため、年収関係なくお金を借りることが可能です。

しかし、年収関係なくどこまでも借りれるのかと言えば、現実はそうでもありません。やはり、それなりの年収や安定した収入がないと審査には通りません。銀行カードローンは一般的に、消費者金融よりも審査は厳しくなっています。

また、審査時間も消費者金融では最短30分で結果がでるところがほとんどですが、銀行カードローンの場合は遅いと3~5日かかるところもまだまだあります。そのため、即日融資を希望の方は銀行カードローンは向かないと言ってもいいでしょう。

総量規制対象外のキャッシングのまとめ

キャッシングできた女性総量規制対象外である銀行カードローンは、専業主婦や年収に関係なく、借入可能でとても親身に感じますが、実際は、審査も厳しく、高額融資はまずは難しいと言ってもいいでしょう。

また、即日融資には適していません。もしもどうしても借入したいのであれば、少額であれば当日中に融資可能な消費者金融をおすすめします。

 

<当サイト申込み人気No1.のキャッシング会社>
プロミスの公式ページはこちら