信用情報機関に傷が付く?記録されているデータとは?

信用情報機関とは、利用者の契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報が集められた機関のことを言います。

信用情報機関には、そのような情報が保管されており、信用情報機関に加盟している多くの金融機関がその情報を共有できるようになっています。

今回はこの信用情報機関について、その情報とは具体的にどんな情報が保管されているのか、またいつまでその情報が保管されるのか、傷が付く情報とはいったいどういうものなのかを解説します。

信用情報機関にはどんな情報が記録されているの?

個人情報には個人の属性情報、そしてクレジットカードや割賦販売、各種ローン、個人リース情報の利用残高と返済履歴が記録されています。

消費者金融やクレジットカード会社では、カードローンやクレジットカード審査を行う際に、必ず申込みしたその人の属性情報を照合し、審査を行います。属性情報は、その人がどのような状態で借入や返済をしているのかを示す情報のことです。

個人信用情報機関に記録されている情報は、次のものが主になります。

・氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先などの属性
・借入状況
・契約状況と返済状況
・延滞、代位弁済、債務整理などの情報

 
氏名や生年月日などや基本情報として記載されています。そして重要なのは、クレジットカードなどの契約に係る情報です。借入状況や返済状況、これには、契約日から返済回数等、残高や該当月の支払、入金状況等などが事細かに記録されています。

キャッシング記録はいつまで記録される?

遅延なく、完済していたり契約が終了している場合は、契約は「終了」として登録されますが、例え残高が0円であっても契約や解約されていない状況は、解約するまで登録され続けます。

また、61日以上に及ぶ延滞の場合は金融事故に関わる情報として登録させています。遅延の他に、代位弁済、債務整理などの情報、これがいわゆるブラックリストと呼ばれるものですが(正確には異動情報(事故情報)と呼ばれています)、この様な事故情報として記録されていると、クレジットカードやカードローン、その他のローンや分割払いなどの審査にも通らなくなります。

それには、下記のいくつかあります。

・クレジットカード
・割賦販売(ショッピングクレジット・携帯電話端末本体の分割払い)
・住宅ローン
・自動車ローン
・教育ローン
・キャッシング
・カードローン
・個人リース(カーリース等)

 
思い当たるのが遅延であれば、最低でも6ヶ月以上経過してから申込むようにしましょう。そして債務整理を行ったことがある場合は、「任意整理」「特定調停」に関しては5年、「個人再生」は5~10年、「自己破産」は10年は審査に通りません。

信用情報機関に傷が付く?記録されているデータのまとめ

キャッシングできた女性信用情報機関には、キャッシング利用者のあらゆる情報が事細かに記録されています。

そのため、申込み時点でいくらごまかそうとしても、大抵の情報は既に登録済みの為、ウソは見破られます。また、何回申し込んでも審査に落ちるようであれば、最低6ヶ月は期間を開け、再度申込むと良いでしょう!

<審査が早いおすすめのカードローン>
プロミスの公式ページはこちら