キャッシング利息なしの消費者金融教えます!

プロミスは他社よりダントツお得!

女性初回借入日の翌日から30日間利息なし!
プロミスは通常の30日無利息に加え、ポイントサービスを貯めて何度も無利息サービスが利用できます。このサービスはプロミスだけです!
 ↓  ↓  ↓   
>>プロミスから無利息で借りる

 
 

キャッシングを利息なしで借りる方法

無利息サービスはそれぞれの消費者金融によって、条件が異なります。
しかし、条件はそれほど厳しいものではなく、初めて利用する方で審査に通れば利用可能です。

そこで、このページではキャッシングを利息なしで借りるための、最低限の条件や注意事項などを解説したいと思います。

無利息サービス、何が違うの?それぞれの特徴を徹底比較!

無利息サービスを実施している金融会社は、銀行系のカードローンや消費者金融を合わせると全部で次の6社があります。

〇消費者金融
プロミス
アコム
アイフル
ノーローン

〇銀行カードローン
新生銀行カードローンレイク
ジャパンネット銀行ネットキャッシング

この6社ですが、全て同じ条件で利用可能でかというと、そうではありません。

条件の違いは主に次の3つがあります。この3つの条件の中で最も最大限に無利息サービスが利用できる条件は2.の「適用されるスタート時点の違い」です。

1.無利息期間の違い
2.適用されるスタート時点の違い
3.利用条件の違い
違いその1. 無利息期間にまずは注目!

先ず何が違うのかというと、無利息を行っている日数が違います。

例えば、プロミスやアコム、アイフル、ジャパンネット銀行は無利息期間は30日間ですが、ノーローンは7日間、新生銀行カードローンレイクに至っては30日間と180日間の無利息期間のサービスをしています。

違いその2. いつから適用されるのか?が最も注目すべき!

利用するにあたって最も注意しなければいけないところは「いつから無利息になるのか?」というところだと思います。

無利息サービスを実施している多くの銀行系カードローンや消費者金融では主にこの3パターンに分かれます。

・契約日の翌日から適用
・実際に利用した日から適用
・実際に利用した翌日から適用

6社をこのパターンで分けて表にしてまとめた結果がこちらとなります。

銀行・消費者金融名

無利息期間

プロミス 借入日の翌日から30日間
ノーローン 借入日の翌日から7日間
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 借入日から30日間
アコム 契約日の翌日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間
新生銀行カードローン レイク 契約日の翌日から30日・180日間

この表から見ると、実際に利用した翌日から適用となる無利息サービスが一番、無利息サービスを最大限利用できます。

違いその3. 利用条件の差にも注目!

最後に大きく違うのが利用条件です。

利用条件はそれぞれ次のようになります。

銀行・消費者金融名

利用条件

プロミス ・メールアドレスの登録
・利用明細をWEB明細に切り替える
ノーローン 初めて利用の方
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初めて利用の方
※1
アコム 返済周期を35日周期にする
アイフル 無担保のキャッシングローンを契約した方
新生銀行カードローン レイク 初めて利用の方
利用限度額200万円以下、借入額5万円以内(180日無利息)

※1)極度型ローン(ネットキャッシング・クレジットライン・カードローン・借り入れおまとめローン)を契約済で、過去に1度も利用がなく、2007年1月16日以降にはじめて利用した人。

初めての利用する方を対象として、申込みができる銀行系カードローンや消費者金融が多いのですが、唯一1社だけ、ノーローンだけは何度も無利息サービスを利用することが可能です。

更に裏ワザ的な方法として、プロミスでは利用することによってポイントが加算され、ポイントを貯めることによって無利息サービスを1回だけではなく何度でも利用できるというサービスも行っています。

無利息キャッシング、どこが一番おすすめ?

一番おすすめの金融会社はプロミスです。

プロミスは30日無利息が利用でき、しかも借入れの翌日から適用期間が開始されます。
さらにポイントを貯めれば何度でも無利息サービスが利用できます!

無利息が断然お得なプロミスで借りる
 
 

無利息キャッシング、どんな人に向いている?
レディースオペレーター見出しにもあるとおり、ではこの利息ゼロのキャッシングサービス、うまく活用するにはどんな人が利用するのがベストなのでしょうか。
この無利息キャッシングは、給料前などすぐ返済の見込みがある人は利用する価値大です!給料日前に無利息でキャッシングを利用、給料日になってから完済することで利息ゼロにすることができます。
他に、「土日祝日に急に現金が必要になってしまった」「旅行中に資金が足りなくなってしまった」
このような少額でお金を借りたい人にとって、利息ゼロにしながら利用する使い方がベストです。