手数料無料で借りる方法とは?

女性消費者金融で手数料無料で借りるのならプロミスがおすすめ!

プロミスなら、自社ATMで24時間借入も返済も手数料無料です。
↓  ↓  ↓
>>プロミスで手数料無料で借入する

 

キャッシングのATM利用手数料は出金・返済の度に取られる!

今や、近くのコンビニATMや銀行TMなどで24時間いつでもキャッシング可能なところが大きな魅力の一つとなっていますが、多くのATMでは利用する度に手数料が取られます。

出金や返済金額によって違いますが、だいたい1回あたり1万円以下なら108円、1万円以上なら216円と、毎回積み重なるごとにすぐに数千円もの手数料がかかってしまいます。本来、返済しなければいけない利息に手数料までプラスで取られていては、いつまでたっても返済は終わりません。

そのためにも手数料を無料にするための方法はないかどうか、予めをきちんと知っておく必要があります。

手数料かかるケースと無料の差!いったいどれぐらい?

例えば、20万円借入し、実質年率18.0%で36ヶ月払いで返済するとします。下図はモビットの返済額シュミレーションを利用していますが、この場合の月々の返済額は7,230円になります。

返済シュミレーション

36ヶ月払いなので、合計返済額は通常の返済合計は260,280円となります。もしもこれに手数料がプラスされるとしたら、1回あたりの手数料が106円とすると、合計で手数料だけで3,816円もかかってしまいます。

手数料が無料なら、この3,816円はかかりません。今回は20万円でシュミレーションしましたが、借入金額がこれよりも大きくなったり返済回数が増えた場合は、さらに負担は増すばかりです。

このことからも、手数料を払うくらいなら返済にまわすよう、少しでもお得に利用することが返済金を減らすことにつながります。

手数料無料にする方法とは?

消費者金融は基本的に次の場合に手数料が無料になることが多いです。

インターネット返済
自社ATM
店頭窓口
口座振替

つまり、インターネットを利用しての返済や借入、口座振替をすれば基本的には手数料はかかりません。店頭窓口も無料です。

しかし、提携ATMを利用した場合はどうしても下図のように、どこの消費者金融でも手数料はかかってしまうものと考えられます。ただし、自社ATMであれば手数料は取られません。

会社名 1万円以下の借入・返済 1万円以上の借入・返済
プロミス 108円 216円
モビット 108円 216円
アイフル 108円 216円
アコム 108円 216円
手数料無料の一番お得な消費者金融はどこ?

下の表は大手4社消費者金融の、自社ATM有無と設置台数、グループ会社銀行名手数料についてまとめています。

自社ATMを利用すれば、借入、返済どちらも基本的に手数料はかかりません。モビットは自社ATMこそ持ってはいませんが、手数料無料になるグループ会社の銀行ATMを持っています。

消費者金融名 自社ATM有無 保有台数 グループ会社
(借入・返済手数料無料)
プロミス 約1000台以上 三井住友銀行ATM
モビット × 三井住友銀行ATM
アイフル 480台 なし
(独立系消費者金融の為)
アコム 約1100台 三菱東京UFJ銀行(有料)
プロミスなら自社ATM、グループ銀行ATMともに手数料無料で一番お得!

上記表から、手数料なしで利用できる選択肢が一番多いのはプロミスです。プロミスは自社ATMの設置数も多いので利便性バツグンです。

また、グループ銀行ATMも三大メガバンクの中の三井住友銀行のため、利用するには文句ないほどのメリットがあります。手数料無料にするには、自社ATMやグループ銀行ATMを利用するのがおすすめです!

キャッシングを手数料無料で借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性借入・返済の度に手数料を支払うならば、その分少しでも返済に回した方がずっと経済的です。

そして消費者金融を利用するなら、自社ATMも保持していて利便性も高く、さらにグループ銀行ATMでも手数料無料になるプロミスが一番おすすめです。

プロミスなら借入も返済もどちらも手数料は必要ありません。

プロミスの公式ページはこちら