収入証明書なしでキャッシングする方法教えます!

女性キャッシングしたい時、収入証明書を準備するのは面倒ですよね?

消費者金融なら収入証明書なしで最も早く借りられます。
 

プロミス
50万まで収入証明不要!急ぎの方オススメです。
最短借入に特化したプロミスなら最短1時間融資も可能です!
プロミスで収入証明書なしで借りる
 

モビット
モビットの「Web完結申込み」で申込んだ場合は、収入証明書類が必要になってしまいます。
モビットで借りる

 

収入証明書なしでお金を借りる

キャッシングを申込んだとき、通常は本人確認書類と収入証明書の提出が必要です。収入証明書とは、自分の収入を証明するためのもので、給与支払明細書や源泉徴収票、課税証明書などのことを言います。

しかし最近では、収入証明なしでもOKの金融会社が増えてきており、金融会社ごとに、収入証明書なしでの借り入れ可能な金額が設定されています。

そこで、このページでは超最短でお金が借りれる方法をご紹介したいと思います。

収入証明書と限度額の密接な関係

はじめてキャッシングを申込んだ時、申込みフォームに「希望限度額」の項目があると思います。いくらに設定すればいいか迷い、必要な金額をそのまま記載する方も多いでしょう!

金融会社の中には限度額が大きくなっているカードローンが増えてきており、限度額に応じた金利が設定されています。

例えば、プロミスの場合、限度額は500万円でその場合の金利は4.5%です。

仮に限度額いっぱいの500万円の融資が通ったとして、実際には50万円しか借りなかったとしても、4.5%での金利で利用できることが多く、これなら少しでも大きい限度額で借りた方がいいのでは?と考える申込者もいることでしょう!

しかし、利用限度額を大きくするということは、必ず収入証明書の提示が必要となってくるのです。

 
消費者金融の多くの場合は50万円を超える時、銀行は各カードローンの商品によって変わってきます。

銀行の場合は、銀行法によって規制されており、銀行独自の基準で収入証明書の提出を求めています。消費者金融のように貸金業法の規制を受けていないため、100万円を一つの目安として、基準を設けているようです。

そのため、銀行は消費者金融と比べると多少は収入証明書の提出が優しく、消費者金融の方が厳しめであることが言えます。

収入証明書の提出が必要な理由

では次になぜ収入証明書の提出が必要なのでしょう?その理由をいくつか解説してみたいと思います。

貸金業法の規制によって消費者金融は提出が義務付けられている

収入証明書の提出は、消費者金融では先ほど少し触れたように貸金業法の規制を受けています。

第十三条、「返済能力の調査」にその内容が記されています。内容は次のとおりです。

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
(中略)
次に掲げる金額を合算した額が五十万円を超える場合
当該個人顧客と当該貸付けの契約以外の貸付けに係る契約を締結しているときは、その貸付けの残高の合計額

次に掲げる金額を合算した額が百万円を超える場合

このように、プロミスやモビット、アコムやアイフルなどの消費者金融では

・希望額が50万円を超えるとき
・他の貸金業者との合計の残高が100万円を超えるとき

そのような場合に、貸金業法で決められているように収入証明書の提出が必要になるのです。

では銀行の場合は、具体的にどれくらいの金額までなら収入証明書が不要なのかを表にしてまとめてみました。

銀行の不要となる収入証明書の金額
金融機関 最高限度額 収入証明書不要金額
三菱東京UFJ銀行 500万円 100万円以下不要
みずほ銀行 1,000万円 200万円以下不要
三井住友銀行 800万円 300万円以下不要
オリックス銀行 800万円 300万円以下不要
ソニー銀行 800万円 300万円以下不要
住信SBIネット銀行 1,000円 300万円以下不要
東京スター銀行 1,000万円 300万円以下不要
イオン銀行 800万円 300万円まで不要
新生銀行(レイク) 500万円 100万円以下不要

銀行では、100万円を超える場合や200万円や300万円以下までなら不要となるケースが多いようです。それ以上となると収入証明書類の提出が必要となってきます。

収入証明なしで超最短でお金を借りる方法

銀行と比べると、消費者金融では借入可能な金額も年収によって左右される点と、書類が余分に必要になることもあります。

しかし、審査の通過具合と審査スピードに関しては圧倒的に消費者金融の方が優位です!

ポイント
少しでも提出する書類を減らし、時間短縮したいのであれば、銀行系のカードローンよりも消費者金融で50万円以下でお金を借りるのが超最短で融資を受けられる方法となります!

プロミスやアコム、アイフルなどの主要の消費者金融では、借入限度額が50万円までなら原則収入証明書類が提出不要で借入できます。モビットの場合は、「Web完結申込み」方法から申込んだ場合、収入証明書類を提出することが条件となっています。

収入証明なしで最短で借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性収入証明なしで超最短で借りるには、審査スピードが最速な消費者金融をおすすめします。その中でも、特に最短30分審査回答、最短1時間融資も可能なのがプロミスです。

プロミスなら50万円までなら収入証明なしでキャッシング可能!!Web完結申込みで瞬フリ(=最短10秒振込)を使えば、土日平日、深夜も関係なく即日キャッシング可能です。
(平日14時までに契約完了していれば最短10秒でお振込み可能です)

即日借入も可能なプロミスでお金を借りる