総量規制を詳しく知る

女性総量規制は、今度お金を借りたいと思っている方であれば今後よく見かける言葉です。

この総量規制の制約によって、「借入OKかNG」かを先ず判断するのと、借入金額によっては必要提出種類の有無も非常に重要になってきます。申し込まれる前にこのページを読んで、ぜひ参考にしてみてください。

<当サイトがおすすめする総量規制対象の消費者金融>
プロミスの公式ページはこちら

総量規制とは?

「総量規制」という言葉は、今後借入したいと考えている方であれば、必ずどこかで出てくる機会があり、絶対に知っておいた方が良いワードです。

総量規制は、2010年6月に「貸金業法」というお金を借りるための法律が変わったことで導入された、新しいルールみたいなものです。過剰な借入を防止する目的でこの法律は作られたのですが、簡単に言うと、年収の1/3までしかお金を借りることができません。

つまり総量規制が作られたことで、例えば300万円の方は、その3分の1である100万円までしか借入ができないようになったのです。

総量規制が制定されたことで金融会社に与えた影響とは?

総量規制法が制定される以前の金融会社、特にプロミスやアイフル、アコムなどの消費者金融は、出資法によって上限金利が2000年に、39.931%から29.2%に引き下げられたこともありますが、それまでは消費者金融にとってはぼろ儲けの時代でした。

さらにその当時の消費者金融の審査は、

・早い
・簡単
・ゆるい

この3拍子が揃ったほど、自社独自で好きなだけ貸し付けができたため、「法律の抜け穴」をくぐり抜け、今の金利とは考えられないような高金利で貸し付けを行っていたのです。

ところが2010年に、法が改正され、グレーゾーン金利が廃止されたと同時に、総量規制法が制定されたことで、年収の3分の1に借入を制限され、債権者である消費者金融は大きな痛手を受けました。

大きな痛手とは貸金業法により、消費者金融は総量規制の制約を受けることになったのです。主な制約とは、次のものが挙げられます。

1.利用者の収入確認や年収を確認すること
2.収入証明書提出の必要性
  1社から50万円を超える借入を希望した場合
  他社との借入合計額が100万円を超える場合

上記の制約によって、金融会社は申込みした利用者に対して他社の借入額も厳重に調査しなくてはいけなくなったのです。

そして更に収入証明書の提出は申込みの時だけではなく、ある間隔をもって定期的に行うことを義務とされ、常に利用者の利用額を管理しなくてはいけない義務を負うようになったのです。

総量規制の対象となるのはどこ?銀行は?

総量規制の対象となるのは貸金業者と名をつく、「消費者金融会社」「クレジットカード会社」「信販会社」などが対象となり、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫、農協その他の国の教育ローンなどは総量規制の対象外となります。

総量規制を理解してお金お借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性総量規制は年収の3分の1までしか借入できません。

しかし、それ以上もしも借入できたとしても、ただ単に借入先を増やすだけで借金はなくなりません。そのため、年収の3分の1を超えるような大金を借りる事はできれば避けた方が無難です。

<当サイトがおすすめする総量規制対象の消費者金融>
プロミスの公式ページはこちら