出産費用がなくても一時金を安く借りる方法とは?

女性出産費用を借りるのなら断然プロミス!

プロミスで30日無利息を使用すれば、出産費用を一時的に賄うことができます。しかもその間利息0円!他社よりお得に借入れできます。
 ↓  ↓  ↓   
>>プロミスから利息0円で借入する

 
 

一時金が入ってきても実際は7万円近くも出産費用は足りない現実

生まれてくる赤ちゃんの誕生が待ち遠しい・・・でも出産費用がない、高くて払えない、このような方は意外と多いです。

確かに健康保険に加入していれば、「出産育児一時金」を一人あたり42万円入ってきます。しかし、それは最低金額。

では現実での出産費用の平均はどれくらいなのでしょうか。調べてみたところ、少し前のデータとなりますが、平成26年度の厚生労働省保険局の資料にありましたので表にしてまとめてみました。

北海道 427,536円 滋賀県 471,587円
青森県 424,054円 京都府 472,706円
岩手県 450152円 大阪府 492944円
宮城県 513764円 兵庫県 492866円
秋田県 439574円 奈良県 479864円
山形県 486,012円 和歌山県 443,955円
福島県 461,714円 鳥取県 399,501円
茨城県 496,897円 島根県 453,170円
栃木県 525,763円 岡山県 479,016円
群馬県 492,802円 広島県 475,611円
埼玉県 511,750円 山口県 426,973円
千葉県 492,400円 徳島県 457,491円
東京都 586,146円 香川県 434,345円
神奈川県 534,153円 愛媛県 441,567円
新潟県 486,386円 高知県 415,006円
富山県 457,650円 福岡県 459,253円
石川県 456,037円 佐賀県 430,352円
福井県 453,697円 長崎県 446,221円
山梨県 477,026円 熊本県 411,449円
長野県 492,076円 大分県 422,215円
岐阜県 474,691円 宮崎県 420,879円
静岡県 481,314円 鹿児島県 426,711円
愛知県 497,657円 沖縄県 414,548円
三重県 489,252円

都道府県によって差の開きがかなりありますが、その中でも東京都の586,146円と鳥取県の399,501円の差は、186,645円もあります。つまり約19万円もの差があります。

そして全国平均で見ると、出産費用は486,376円となっています。このデータは平成26年度の厚生労働省保険局の資料中での平成24年時のもののため、今現在ではもっと出産費用が高くなっている傾向があります。

そうなると、「出産育児一時金」では一定額として42万円受け取れますが、その差額分の7万円ほどは各家庭で補わなくてはなりません。

帝王切開などで出産一時金で足りない場合はどうすればいい?

上記の出産費用は、あくまで正常分娩に関するデータです。もしも、正常分娩でない、例えば帝王切開などの場合はいったいいくらかかるのでしょうか。

帝王切開で出産した場合、正常分娩とは違って手術代に加えて投薬、処置、検査、入院などその他さまざまな面で費用が発生してきます。そのため、帝王切開の出産費用は総額50万円~80万円ともいわれています。

ただし、自然分娩は100%自費であるのに対し、帝王切開は健康保険が一部適用されるのと、高額療養費制度の対象ともなるためある程度の費用を抑えることはできます。

しかし、出産一時金42万円内では足りなくなる場合が多いでしょう。この場合、分娩費用で足りない分を一時的にカードローンで賄う方法があります。

足りない出産費用は利息なしのカードローンで補う!

もしも帝王切開で出産したとしても、高額療養費制度も適用されるため、お金が必要なのは一時的です。その期間だけしのげればいいため、利用するなら大手消費者金融のプロミスで借りることをおすすめします。

プロミスは消費者金融の中でも、一番金利が低く、ある一定期間利息が0円になる「無利息サービス」を実施しています。プロミスは三井住友銀行グループがバックについているため、安心して借りることができます。もしもはじめてプロミスを利用するのであれば、この「無利息サービス」を使わない手はありません。

メールアドレス登録とWeb明細利用で、借入日から30日間の間金利なしの利息0円で利用できます。また、プロミスはWebから申込むことで即日融資可能、審査回答時間も30分とスピーディです。

 
無利息サービスを利用してプロミスで出産費用を借りる