高齢者がキャッシングする方法

キャッシングを利用するには必ず年齢条件があります。年齢条件はそれぞれキャッシング会社によって異なっています。それぞれどのように違うのか、具体的な年齢条件を銀行カードローンと消費者金融で以下に表してみました。

金融機関名 年齢条件
楽天銀行 20歳以上62歳以下(62までOK)
三菱東京UFJ銀行 20歳以上65歳未満(64までOK)
みずほ銀行 20歳以上66歳未満(65までOK)
オリックス銀行 20歳以上69歳未満(68までOK)
三井住友銀行 20歳以上69歳以下(69までOK)
新生銀行(レイク) 20歳以上70歳以下(70までOK)
プロミス 20歳以上69歳以下(69までOK)
モビット 20歳以上69歳以下(69までOK)
アイフル 20歳以上69歳以下(69までOK)
アコム 20歳以上69歳以下(69までOK)

表のとおり、ほとんどのキャッシング会社では、レイクを除いて70歳を超える方の申込みはできません。大手消費者金融では、全て69歳までになっています。

年金収入のみでも借入は可能?

年齢制限の次に、高齢者の方がキャッシングするために必須事項といえば、収入があるかどうかでしょう。定年退職後は年金を収入源として生活している方も多い中、年金だけでは生活が苦しくて、キャッシングを利用する方が多いのも事実です。

そこで、収入源が「年金」だけでも借入可能かどうか、次に表にしてみました。

カードローン会社 年金収入での貸付可否
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
新生銀行カードローン「レイク」
住信SBIネット銀行 ×
プロミス ×
モビット ×
アイフル ×
アコム ×

三菱東京UFJ銀行をはじめとする、一部の銀行カードローンは年金収入を安定した収入と認め、申込み可能です。しかし年齢制限は65歳や66歳までとなっている所が多く、消費者金融の69歳まで借入れはできません。一部、新生銀行カードローン レイクは70歳までOK、しかも年金収入を安定した収入と認めてくれる唯一のキャッシング会社となっています。

対する消費者金融は、全て年金のみが収入源での申込者は利用不可となっており、あくまで仕事をしているという条件が必須となっているようです。したがって、消費者金融は年金収入だけでは借入れはできません。