パート・アルバイトでも借りれる人気のカードローン教えます!

女性パート・アルバイトでも安心してキャッシングできるのは、銀行カードローンよりも消費者金融です。消費者金融なら、審査も早く、審査も有利!

パート・アルバイトでも安定した収入さえあれば、安心して借りることができます。プロミスレディースなら女性専用なので、主婦でも申し込みやすく安心です。

プロミスレディースの公式サイトはこちら

 
 

パート・アルバイトの方がキャッシングを可能にする方法

パートやアルバイトがキャッシングを申込むことは難しいと思っていませんか?キャッシングは確かにハードルが高いというイメージがありますが、実際はそんなことはありません。

年収の多い少ないは関係なく、「毎月安定した収入」があれば、お金を借りることはできるのです。今回は、パートやアルバイトが審査に通過するにはどんなことに気を付けたらいいのかをお伝えします。

パート・アルバイトが審査に通るための基準や借入条件とは?

パートやアルバイトの方が審査に通過するためにはどんな点に注意しなければならないのでしょうか。いくつかの疑問点から見てみたいと思います。

年収はどれくらい必要なの?

キャッシング申込みをする上で、必ずなくてはならない条件は「収入」です。収入がない方では、将来に渡って返済するあてがないため、審査に通過することはできません。

ではいったいどれくらいの収入(=年収)があれば、審査に通るのでしょうか。

パートやアルバイトの方以外の正社員や派遣・契約社員の方もどれくらいの収入(=年収)があればいいのか気になることと思います。しかし、じつは年収の多さはあまり審査には影響しません。

「えっ?」と思われるかもしれませんが、キャッシング申込みにおいては、年収の多さよりも「毎月収入が入るかどうか」安定性の方が重要なのです。そのため、例え年収が少なくても毎月収入が入ってこれば、審査に通過することはできるのです。

勤続年数はどれくらいあればいいの?

勤続年数は、先ほどの「安定した収入」の次に、審査に大きく影響してきます。

勤続年数は、一般的には1年以上が望ましいです。もしも年数が短いと、どうしてもキャッシング会社はすぐに転職したり離職して収入が不安定になるだろうと、想定します。収入が不安定になったり、もしかして無収入になれば、貸したお金も返してもらえません。

そうなれば、キャッシング会社も借り倒れのリスクが大きくなり、倒産の危機に追い込まれてしまいます。そういった意味でも、勤続実績が1年間以上である方がよいでしょう。1年ないとしても、少なくとも半年以上は勤務していないと審査に通過することは厳しいと考えておいたほうがいいでしょう。

パート・アルバイトはどれくらい借入できる?

キャッシング申込みには、銀行から借入する方法と、消費者金融から借入する方法があります。

銀行カードローンは、銀行独自の法律「銀行法」があるため、貸付けに対する制限がありませんが、消費者金融の場合は、賃金業法による総量規制の影響で、年収の3分の1を超える貸付けができません。

一見すると、借入制限のない銀行から申込んだ方がいいのでは?と思われるかもしれませんが、銀行カードローンは、審査も厳しく、審査にかかる時間もかかるため、パートやアルバイトの方が借入するには的確ではありません。

銀行カードローンと消費者金融との違い
項目 銀行カードローン 消費者金融
安心感・イメージ 安心、良いイメージ なんとなく不安、良くないイメージ
金利 低め 高め
融資額 小口から大口融資まで 小口融資中心
借入額 最大限度額までOK 年収の1/3までに限る
審査スピード 2~3日、遅いと数週間 最短30分多数あり・即日OK
審査の難易度 厳しめ 銀行よりは有利
総量規制 対象外 対象

上表にもあるように、消費者金融であれば審査も早く、銀行カードローンよりは審査が有利なため、消費者金融を中心に話を進めていきたいと思います。

パート・アルバイトが初めて利用する場合、いくら借りられる?

パート・アルバイトの方が消費者金融で借りる場合、年収の3分の1の借入制限があるため、例えば年収90万円あるのであれば、その3分の1である30万円までが借入できる融資額となります。

しかし、いくら総量規制で年収3分の1までOKと言えども、いきなり30万円を貸してもらうことは難しいでしょう。はじめは殆どの場合で、5万円や10万円といった少額での限度額からスタートする可能性が高いと考えておいたほうがいいでしょう。

最初は少なくても、返済期日を守って支払い続けることで、あなたとキャッシング会社と「信用」が築けます。そうすることで次第に借入限度額も上がってきます。

パート・アルバイトも在籍確認はある?

パート・アルバイトの方も、他の会社員や派遣会社の方と同じように、在籍確認の電話連絡は行われます。在籍確認の電話連絡は、パートやアルバイトの方に限らず、実は一番避けて通りたいと思っている方がおいのですが、残念ながらこの在籍確認の電話は、避けては通れません。

審査を進める上で非常に重要な項目となっています。しかし、消費者金融の場合、電話をかけてきたキャッシング会社は個人名でかけてきてくれるため、誰からかかってきたのか周りの人に悟られることはないでしょう。

もしも自分がお休み、あるいは席を外していたとしても、本人がその会社で働いていることがわかればそれだけで在籍確認は終了します。あれこれ聞くこともありません。そのため、それほど神経質になる必要もないでしょう。

パート・アルバイトの方がキャッシングする方法のまとめ

キャッシングできた女性パート・アルバイトでも毎月安定した収入さえあれば借入れできます。

その中でも特にプロミスは、女性専用サービスのレディースキャッシングがあるため、はじめてキャッシングを申込む方も安心して利用することができます。プロミスなら、他サービス(無利息)も充実、他社よりお得なのはもちろん、利用しやすさもバツグンです。

プロミスレディースの公式ページはこちら