低収入・低所得でも借りれる消費者金融教えます!

女性安定した収入で借りるのなら断然プロミス!

収入が少なくても借入できます!大事なのは、収入の多さではなく、安定した収入があるかないかで決まります。
 ↓  ↓  ↓   
>>今すぐプロミスから借入する

 
 

年収はそれほど関係なし!キャッシング審査で大切なこととは?

自分は正社員じゃないし、低収入・低所得だからキャッシングの審査には不利では・・・と思いがちですが、年収は実はそれほど審査の可否とは関係ありません。

キャッシング会社が重要としているのは、年収額より、年収に見合った希望額なのか、貸したお金を返済してもらえるのかどうかの「返済能力」で判断します。

低収入・低所得でもキャッシング審査に通る人の条件とは?

低収入・低所得であっても審査に通るにはいくつかの条件があります。それには先ほどにも記載したとおり、次の2点が決め手となるようです。

1. 安定した収入があること
2. 借入金額が年収と見合った金額であること
1. 安定した収入があること

キャッシング審査に通るための第一条件は、安定した収入があることです。それが例え5万円であっても、継続して収入が入ってくることが特に消費者金融では最低条件となってきます。これには貸したお金をきちんと返してくれるかどうかをキャッシング会社はみるからです。

当然ですが、キャッシング会社も利益がないことには潰れてしまいます。返済能力がある人にしか貸さないのは当然のことでしょう。

2. 借入金額が年収と見合った金額であること

キャッシング会社は、申込者が記入した年収をもとにして借入可能額を決めます。それには例えば、給料明細や源泉徴収票などを提出して証明します。

消費者金融の場合、50万円以下のキャッシングなら給料明細などの収入証明書の提出は必要ありませんが、もしも50万円を超えるキャッシングをする場合は、収入証明書の提出が必須になります。このような場合に、キャッシング会社にしっかり証明できるかどうかです。年収が100万円しかないのに、100万円希望していたら今後、返済できるとは見込めません。

借入希望額は申込み者の年収によって借入可能額が設定されます。そのため、年収が多い少ないは関係ありません。それよりも消費者金融で重要となってくるのは、賃金業法で定められている「総量規制」と深い関係があります。総量規制では年収の3分の1を超える貸し付けは行ってはならないと定められており、プロミスやアイフルをはじめとした消費者金融ではこれをきちんと守らなければ、処罰されてしまいます。

例えば年収60万円しかないのであれば、その60万円の3分の1である20万円までしか借入はできないことになります。

低収入・低所得の人におすすめするキャッシング会社とは?

例え年収が低くても安定した収入さえあれば、借入は可能です。しかし、消費者金融では総量規制の関係があるため、借入れ金額には制限があります。

だからと言って銀行カードローンで借りるのは?と思われるかもしれませんが、銀行カードローンは消費者金融と比べると審査は厳しいため、通らない可能性が非常に高いです。そのため、消費者金融で申込むことをおすすめします。

消費者金融であれば、審査結果が出るまでスピーディで、即日融資も可能です。借入限度額もなるべく少額で申込むことで、審査には有利になります。

 

低収入・低所得の方におすすめキャッシング会社

 プロミス

30日間無利息、金利ゼロ!「瞬フリ」利用で最短10秒回答
プロミス
審査時間 最短30分
融資時間 「瞬フリ」利用で最短10秒
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円

プロミスの公式サイトはこちら
女性オペレータをご希望の方はこちら

 モビット

即日・最短!!10秒で簡易審査結果表示
モビットWEB完結
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 即日融資も可能
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円

モビットの公式サイトはこちら