事業者ローンを即日で借りる方法

自営業者がカードローンを利用する場合、個人的に契約を行う以外に、自営業者向けのカードローンを利用することができます。この自営業者向けのカードローンは事業者ローン・ビジネスローンなどと呼ばれることが多いです。

個人的な契約を行う場合は、一般的な通常のカードローンにそのまま申し込みをしますが、自営業や個人事業主の方は給与所得者ではない為、希望金額に関わらず、必ず収入証明書の提出が求められます。

一方で事業者ローンを利用する場合は、通常カードローンとは別の契約となり、主に目的が事業資金として利用する為の借り入れになります。この場合、行っている事業に関する「収支報告書」や「確定申告書」などの提出が必要となり、一般的なカードローンとは違って審査に時間がかかります。

しかし、総量規制対象外となる借り入れになる為、年収に対する借り入れ額とはなりません。そのため借り入れ可能な金額も大きくなるため、自営業の方にとっては嬉しいカードローンとなります。

通常のカードローンは事業資金利用はNG

カードローンでは個人的な契約の場合、借り入れを行ったお金を事業資金には使用できません。事業資金として借りる場合には、必ず事業者向けのカードローンを利用しなければなりません。

事業者向けとして行った借り入れは、上記のように主に事業資金として利用することになりますが、生活費として利用することも認められている場合がほとんどです。したがって、自営業者がカードローンを利用する場合は、ほんの少額で個人的なものだという場合以外は事業者ローンでの申し込みを考えた方が良いでしょう。

事業者ローンは即日融資対応可能?

事業者ローンは残念ですが、即日融資には向かない商品です。

特に銀行が提供している事業者ローンは、書類が到着してから2~3日審査時間が必要な場合が多く、即日でお金を借りるのであれば消費者金融が提供している事業者ローンがおすすめです。

事業者向け 金利 最大限度額
プロミス
(自営者カードローン)
6.3~17.8% 300万円
アイフル
(事業サポートプラン<個人プラン>)
6.0~18.0% 500万円
アコム
(ビジネスサポート)
12.0~18.0% 300万円

消費者金融であれば、Webでの申し込みの他に、自動契約機から申し込むことも可能なため、即日融資にも対応しています。カードを発行すれば、すぐにお金を引き出すことができます。