保育料払えない場合の対処法とは?

女性保育料を一時的に払うなら利息0円サービスが便利!

利息0円サービスが一番お得なのはプロミスです。プロミスは業界で唯一、借入日の翌日カウントで30日間無利息で借入できます。
 ↓  ↓  ↓   
>>今すぐプロミスから借入する

 
 

幼稚園と保育園の支払い方法は違う

幼稚園と保育園。この2つの違いは、そもそも設立の目的が違っており、利用方法もまったく違っています。

幼稚園は文部科学省が担当していますが、学校教育法で定める学校の一つとして設立されています。一方で保育園は、厚生労働省が担当しており、児童福祉法に基づく施設の一つとして設立されています。

具体的には、幼稚園は教育を受ける機関、一方で保育園は親に代わって子どもが生活する場所としています。そのためこの2つの機関は目的が別となるため、当然支払う保育料も仕組みが変わってくるのです。

幼稚園の費用は一律。もしも支払えなくなったら?

幼稚園の費用は学校と同様で、保育料が一律となっています。そのため、世帯収入は関係ありません。収入の上下関係なく同じ保育料を支払います。

もしも幼稚園の保育料が支払えなくなれば、最悪、強制退園もありえます。住んでいる地域によっても対策は違ってきますが、一般的に支払えなくなると次のようなことになります。

1. 保育料滞納
2. 督促状の送付
3. 強制退園

幼稚園によって滞納から督促までの期間や、強制退園の度合いも違いますが、おおよそはこのような流れになると思われます。

どうしても支払えない場合は、一度園に相談してみることです。園によっては、卒園まで保育料を待ってくれるところもあります。

保育園の費用は収入によって変わる。もしも支払えなくなったら?

保育園の費用は自分たちが住んでいる自治体によって違います。そして世帯の収入によって保育料も変わってくるのです。そのため、収入が多ければ多いほど、保育料は上がっていきます。

もしも保育園の保育料が支払えなくなれば、こちらは最悪、財産の差し押さえをされます。保育園での保育料で、一般的に支払えなくなると次のようなことになります。

1. 保育料滞納
2. 督促状の送付
3. 呼び出しによる督促
4. 財産の差し押さえ

支払い期限までに保育料が払えないでいると、支払期限から20日程度で「督促状」が自宅に送付されます。さらに支払えないと最終的には「差し押さえ」処分になります。そのため、支払えない場合はすぐに園や自治体へ行って相談してみることです。

どうしても支払えない、やむを得ない事情がある場合は、保育料の減免制度を利用する方法もあります。

相談するにもしづらい、どうしても支払いに困ったときは?

自治体や園に相談しづらいなどの理由があるのであれば、銀行や消費者金融が提供している「カードローン」でお金を借りるのも一つの方法です。

その中でも消費者金融は、審査スピードも早く、もしも短期で返済できるのであれば、無利息サービスを利用するがおすすめです。それぞれどんな特徴があるのか、大手消費者金融4社でまとめてみました。

おすすめ度 消費者金融名 審査時間 実質年率 借入限度額 30日無利息サービス
1位 プロミス
(レディースキャッシング)
最短30分 4.5%~17.8% 1万~500万円 借入日の翌日から
2位 モビット 最短30分 3.0%~18.0% 1万~800万円 なし
3位 アイフル 最短30分 4.5%~18.0% 1万~800万円 申込日の翌日から
4位 アコム 最短30分 3.0%~18.0% 1万~500万円 申込日の翌日から

この中で一番おすすめの消費者金融はプロミスです。プロミスは金利も一番低く、無利息サービスの適用期間は申込日からでなく、借入日の翌日から適用されるので、30日目いっぱい金利なしで利用できます。

プロミスで今すぐ借入する

女性オペレータをご希望の方は「プロミスレディースキャッシング」