ガス代が払えない!滞納するとどうなる?【今すぐ借りる方法】

ガス代がどうしても払えない時の対処方法を教えます!

女性公共料金の支払いに困ったときは、各消費者金融が実施している、無利息サービスを利用するのが断然おすすめです!
 

一番やってはいけないことは、そのまま放っておくことです。放っておいても、良いことは何もありません。

そのためにも先ずは支払うことを優先に考えた方が良いでしょう!

プロミスは、業界No1.と言われるほどのユーザー目線で考えられた無利息サービスを提供しています。適用期間は30日まるまる利用できるため、ムダなく利息0円を実現することができます。

 
プロミスの公式ページはこちら

 
 

実際にガスが止められるのはいつ?支払期限と閉栓時期

ガス代は、支払期限を過ぎてから実際ガスが止まるまでの間、どれくらいの猶予期間があるかと言うと、ガス会社によってまちまちですが、だいたいのところで20日後だと思っておいた方が良いでしょう。

ガス料金は検針や検針日、ガスの使用量を算定するため、毎月1回検針が行われます。この検針は各ガス会社が定めた日に行われます。

支払期限は検針日の翌日から30日目、そして支払期限の20日が過ぎた頃にガスが止められます。そのため、「30日目+20日=50日」以内に支払わないと、閉栓作業に入る会社が多いようです。

ガスが止められるまでの流れ

例えば、6月5日に検針が来たとします。この時点で、先月5月分のガス代が決定します。

そして、支払期限は6月5日の30日後である、7月4日になります。もしもこの時点に支払いできなかった場合、当月中の7月中旬頃に「ガス供給停止のお知らせ」と書かれたハガキ(供給停止予告書)が自宅に届きます。

内容は、「〇月〇日ガスの供給を停止します」と具体的な日にちが書かれています。その期日まで支払いをしなかった場合、ガスの供給がストップします。

ガスの供給がストップした場合

ガスの供給がストップし、その後再開をお願いした場合には、ガスの開栓が必要となります。

立会いをお願いされることもある

その際に、再開栓の時には立会いをお願いされることもあります。

なぜならガス漏れ検査や点火確認を行う為に、ガス会社の方が居室内へ入る必要があるからです。

再開栓手数料が必要になる

ガスの再開栓にはガスメーターの開栓手続きが必要になり、人手や手間が掛かります。そのため、供給再開を行う場合、手数料が必要となります。

ガス会社によって手数料は各々差がありますが、おおよそ1,000円~3,000円かかるところが多いようです。

すぐに再開栓できるとは限らない

また供給再開は、土日祝日やガス会社の営業時間外は受け付けていません。ほとんどのところで平日、時間も17時までのところがほとんどです。

そのため、時間帯や場合によっては翌日以降、もしくは翌営業日以降の開栓となってしまいます。

ガス料金の滞納におけるデメリット

ガス料金を滞納することで、上記のように時間と余分なお金がかかってしまうばかりでなく、さらに不利益となるような問題が出てきます。それは次のようなことがあげられます。

ガス料金に対する延滞遅延金が発生する

ガス料金の支払いを支払期日までに払わなかった場合、経過日数に応じて延滞遅延金が発生します。延滞遅延金もガス会社によって異なりますが、1日あたり0.0274%、年率だと約10.0%の利率を請求されることが多いです。

例えば下図は「東邦ガス」での例ですが、東邦の場合もその経過日数に応じて、1日あたり0.0274%の延滞利息が請求されます。ただし、支払期限日の翌日から10日以内に支払えば、延滞利息を請求されることはありません。

東邦ガスの延滞遅延金

具体的な遅延損害金
実際の遅延損害金が発生した場合の、具体的な支払金額の計算式は次のようになります。

税抜ガス料金 × 利率(年率) × 経過日数 = 延滞利息

 
例えば税抜ガス料金が5,000円、30日延滞した場合を考えてみます。上記の計算式であわせてみると、

5,000円 × 利率(年率10.0%) ÷ 365日 × 経過日数(30日) = 約41円/日

延滞利息は41円となり、1日数十円ほどですが、あっと言う間に数十日経過したらそれだけ利息も多くなり、バカにはできません。少しでも早くの返済をした方が良いということになります。

個人信用情報機関にブラックリストとして登録されることもある

口座振替で支払っているのであればいいですが、もしもガス料金をクレジットカード払いで払っている場合は要注意です!

クレジットカード払いは、もしも遅延・延滞が3か月以上続いた場合、その延滞履歴が自分の「個人信用情報機関」に載ってしまいます。それはすなわち、よくいわれる「ブラックリスト」と呼ばれるもので、3カ月連続で引き落としできなかった場合や、債務整理や自己破産などの金融事故をおこした時に記録として登録されます。

もしもブラックリストに登録されると、住宅や車のローンを組むときに影響が出るため、気を付ける必要があります。

どうしてもガス料金が払えないときはどうしたらいい?

ガス料金は支払いを滞ると、今後のローンにも大きく響いてしまうことがあります。そのため、すぐに支払いできない時は何かしら対処方法を考えた方が良いでしょう。

まず第一の対処法としては、親や知り合い、友人から借りる方法があります。しかし、親や友人はお金のことでもめると、後々深い溝を作ってしまう恐れもあります。できることなら、第三者から借りる方が代償を利息を払うことで解決できるため、銀行や消費者金融から借りる事をおすすめします。

特に、消費者金融では、ある一定期間の間、利息0円で借入可能なところもあります。多くの消費者金融では、無利息期間が30日もあるため、上手に利用すればガス代も支払い、利息なしでお金を借りることができます。

また、特に下記のおすすめする消費者金融では、その日のうちに融資もしてもらえます。(申込み時間によっては翌日となる場合もあり)

消費者金融名 サービス内容
プロミス 初めての方、30日間利息0円。しかもポイント利用で何回でも利用可。
アイフル 初めての方、30日間利息0円
プロミスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

無利息サービスについて、詳しくは「キャッシング無利息サービス徹底比較!」をご覧ください。

 
最もおすすめするプロミスの公式サイトはこちら