美容整形でお金を借りる方法とは?【お得に借りる!】

美容整形費用をどうしても借入したい時のベストな方法を教えます!

女性美容整形でお金を借りたいのであれば、医療ローンがあります。しかし、医療ローンは審査が厳しい上に、提出する書類も多くなりがちです。

カードローンであれば、審査結果も早く、必要書類は本人確認書類(免許証)のみ!
 

プロミスの無利息サービスは、業界No1.のサービスを提供しています。適用期間が30日MAXで利用できるのが魅力の消費者金融です。
(注)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 
プロミスの公式ページはこちら

 
 

医療ローンの審査は厳しい?美容整形の高額医療費を借りるには?

美容整形は、施術によっては10万円~50万円もかかる、決して安くはない費用です。

しかし、美容整形を受けたい。こんなときのために利用されるのが医療ローンです。医療ローンは病院でかかった費用が高額で、一括で支払うのが困難な場合に分割で返済できるローンサービスのことを言います。

医療ローンはメディカルローンとも言われ、治療を受ける病院やクリニックの窓口で申し込んで提出するだけで簡単に受付を済ますことができます。審査は病院やクリニックが提携している金融会社による審査を受けることになります。

銀行では、医療ローンを取り扱っています。例えば、みずほ銀行では医療ローンといった固定のローンがない時は、多目的ローンとして利用することができます。

他にも三井住友銀行や住信SBIネット銀行でも美容整形の費用としてローンを申し込むことができます。しかし、こういった銀行の場合は、確かに高額で借りれば借りるほど金利もかなり低くお得になりますが、審査基準はその分厳しくなります。

また、審査時間も数日要することも多いため、即日で借りることは先ず難しくなります。

医療ローンの審査は必要書類が多い上にハードルが高い?!

医療ローンは、通常のカードローンよりも提出しなければばらない書類が増える傾向にあります。多くの病院やクリニックの医療ローンの場合は、平均して次のような書類の用意が必要です。

本人確認書類 運転免許証、パスポートなど
所得証明書 収入証明書、源泉徴収票、納税証明書など
資金使途確認書 融資した金額の利用使途を証明するもの

 
資金使途確認書は、通院している病院やクリニックが発行している書類で、医療にのみ使用したという証明書になります。

このように、医療ローンによっては本人確認書類の提出はもちろん、その他に所得証明書の提出を求められる上に、資金使途確認書である「入院費用請求書」や「治療契約書」などの書類も必要になる場合があり、カードローンに比べるとその負担もかなり大きくなります。

では、医療ローンをスムーズに借りるために、どんな審査ポイントを意識すればいいのでしょうか。それは主に次の3点あります。

安定した収入があること

これは医療ローンに限ったことではありませんが、安定した収入がないと、当然審査には不利になります。収入とは、収入の多い少ないは関係ありません。

重要なのは、「毎月安定した収入があるかどうか」です。

そのため、会社員はもちろん、派遣社員やパートの方でも申込可能の能性が十分にあります。しかし、日雇いや単発でのアルバイトをしている方は、審査に落ちてしまう可能性があります。

勤続年数

勤続年数は長ければ長いほど審査には有利になります。これは、どうしても勤続年数が短いと、次もまたすぐに辞めてしまうのではないか・・・と思われるからです。

何度も転職を続ける人よりも、同じ職場で長く勤めている方の方が確実に返済してもらえる可能性は高いと判断できる結果から、勤続年数は審査を行う上で高いポイントとなります。

他社への借入状況

他社での借入れが多いと、審査には不利益となる可能性が高いです。

他社借入の件数は多ければ多いほど、1社から借りることができなかったから他にも借りたと判断されてしまい、審査にあまり良い影響を受けません。また、借入総額も貸金業法の総量規制が関係するため、年収の3分の1までしかローンの利用ができません。もちろんこれは、他社からの借り入れも含めての総額になります。

そのため、もし他社から数件借り入れをしていて、今回医療ローンを利用した場合、年収3分の1を超える借入であるなら融資の利用はできないと考えていた方がいいでしょう。ただし、この総量規制は消費者金融や信販会社に当てはまることであり、銀行でのローンであれば、総量規制の対象外にあたるため、例え年収の3分の1を超えた融資でも、借入できる可能性は十分にあります。

美容整形を受けるためにお金を借りるには?

美容整形の医療費を目的としてローンを組むのであれば、医療ローンよりも一般的なカードローンで借りることをおすすめします。

一般のカードローンは、さまざまなローン会社から金利や返済方法を選べ、それも当日中、その日のうちに医療費を手にすることができます。

プロミスやアイフルなら無利息期間というサービスがあり、ある一定期間利息が0円になるカードローンがあります。

無利息サービスについて、詳しくは「キャッシング無利息サービス徹底比較!」をご覧ください。

 
最もおすすめするプロミスの公式サイトはこちら