キャッシングで3社目を借りるには?

女性キャッシングで既に2社借入しているとき、3社目以降の借入は可能なのでしょうか。

借入金額によっては必ずしもOKとは言えませんが、3社目はまだ借りられる可能性があります。

 
 

キャッシング3社目借入れの時の注意点

消費者金融でキャッシングをする時に、一番気にしなければならないことは、借入に対する限度額です。特に消費者金融は総量規制の影響で、年収の3分の1を超えての借入はできないため、借入に対する制限が必ず出てきます。

例えば年収300万円の方なら、3分の1である100万円まで借りることができます。10万円や20万円などの少額融資なら、1社目や2社目ではまだ総量規制に引っかかることも少ないかもしれません。しかし、3社目あたりになるともしかしたらギリギリアウトで審査に通らない、という方も出てきます。

総量規制とは?
個人の借入総額が、年収の1/3を超えて貸し付けてはならないという、過度な借入れから利用者を守ってくれる法律のことを言います。

3社目から審査が厳しくなる理由とは?

2社目は他社から借入れしている場合でも、審査に通ることは可能です。3社目もまだ借りられる範囲内でしょうが、審査の目はかなり厳しくなります。

なぜなら、多くの金融会社ではボーダーラインが3件と4件の間にあるとされているからです。借入件数が3件を超えると返済不能に陥るリスクが高くなるという、統計的なデータもあります。

では、なぜ3社目から審査が厳しくなるのか、そのワケをお伝えしたいと思います。

キャッシング審査における「3件規制」のルール

金融業界では、かつて借入件数を3件までにしよう、という自主規制がありました。この自主規制は「3件規制も」とも言われ、「3社規制」「3社ルール」などの呼び方も同様の意味として使われています。

「3件規制」とは、他社借入件数を3件までにするという、貸金業界の暗黙のルールみたいことをいいます。「3件規制」は賃金業法の法律として制限されているわけではありませんが、具体的には次のことを指しています。

3件目までは借入できるが、4件目からは借入が難しくなる

「3件規制」は次の6社の金融会社が決めたルールです。1997年(平成9年)5月にレイクも加わったことで、この6社で「消費者金融連絡会」を結成、加盟会社の頭文字を並べ「TAPALS(タパルス)」とも呼ばれていました。(現在は消費者金融連絡会のホームページは閉鎖)

・武富士
・アコム
・プロミス
・アイフル
・三洋信販
・レイク
平均借入件数は2~3件!

下の表は個人信用情報機関シーアイシーの資料(平成27年12月度 貸金情報統計概況)ですが、ほとんどの方で1件での借り入れが多い中、2件が次に多くの方が利用していることがわかります。
 
シーアイシー「借入件数毎の登録状況」

また他の資料では、平均すると貸付件数は2~3件だという結果も出ています。このことからも、3社以内での借入はまだ許容範囲内であることがわかります。

しかしさすがに4社目以上になると、多重債務者とみなされることもあり、審査は厳しくなります。4社目以上は、すでに年収3分の1の借入れをしている可能性が高くなります。消費者金融は特に総量規制で厳しく貸付を制限されていることもあり、そのこともあって審査には通らないのです。

多重債務状態になっているなら、おまとめローンを検討するのがおすすめ!

もしも今のあなたの状態が4社以上の借入なら、「おまとめローン」を検討されるのもおすすめです。「おまとめローン」は今ある借金を1本にまとめるローンです。

おまとめローンの特徴は次のとおりです。

・金利が低く抑えられる
・支払額が減る
・支払い日が1本化される

「おまとめローン」を検討するのであれば、消費者金融よりも銀行系のカードローンの方が金利もより低くなるため、おすすめです。さらに銀行カードローンは、総量規制の対象外となるため、借入限度額を気にすることはありません。

しかし、一方で銀行カードローンは消費者金融と比べると、どうしても審査が厳しくなる傾向があります。ましてや借金を1本化するため、借入希望額が大きくなり、審査もより一層厳しいものとなります。

そんなとき、アイフルでは最短で即日借入も可能、上限金利は15%と、大手都市銀行カードローンとほとんど変わらない低金利となっているので安心しておまとめすることができます。ただしおまとめローンにすると、他もそうですが、追加の借入れはできません。

キャッシングで3社目を借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性3社目はまだ借入可能範囲内です。重度な遅延さえ行っていなければ、申込するのもありでしょう。

しかし、既に年収の3分の1を借入しているのであれば、まずはおまとめローンで借金を1本化することをおすすめします。

おまとめローンのアイフル公式サイトはこちら