アイフルと新生銀行カードローン レイク!何がどう違う?

女性アイフルとレイクの大きな違いは、消費者金融か銀行系カードローンかの違いにあります。レイクは銀行カードローンの為、総量規制の対象外である点が違ってきます。

ここで一番違うのが、「借入金額の制限」です。アイフルは消費者金融のため、総量規制の影響を受けて、年収の3分の1までしか貸付けができません。対するレイクは、年収の制限がないため、極限を言えば融資限度額までの借入ができる可能性はあります。

このように、2つの違いはハッキリ分かれている点も多いため、申込者の現状の借入状況や環境でどちらを選択すればいいのか、大きく変わってきます。

アイフルとレイクを比較

まずはアイフルとレイクのスペックの違いを表にまとめました。

消費者金融名 アイフル 新生銀行カードローン レイク
社名 アイフル株式会社 新生フィナンシャル株式会社
貸付対象者 20歳以上、69歳以下で安定した収入があること 満20歳から満70歳までの安定した収入があること
利用限度額 500万円 500万円
収入証明書 原則50万円まで不要 原則100万円まで不要
貸付利率(実質年率) 4.5~18.0% 4.5~18.0%
遅延利率 20.0%(実質年率) 20.0%(実質年率)
無利息サービスの有無 あり(30日間無利息) あり(180日・30日間無利息)
簡易審査 1秒診断 あり
カード発行 カードレスも可 カードレスも可
スマホアプリ iPhone/Android iPhone/Android
レディースキャッシング あり なし
担保・保証人 不要 不要
専業主婦借り入れ ×

それぞれ違っているところは赤色で表示させています。

銀行カードローンと消費者金融!審査がより厳しいのは?

一般的に、銀行カードローンと消費者金融では、次のような審査や金利に対しての違いがあります。

金融会社 メリット デメリット
銀行カードローン ・金利が低め
・総量規制の対象外
・無利息サービス実施
・審査が厳しめ
・審査回答結果が遅い
・土日祝日は借入が難しい
消費者金融 ・審査が有利
・審査が早い
・土日祝日でも即日融資可能
・金利が高め
・総量規制の対象
・無利息サービスを実施ていないところが多い

一般的な銀行カードローンの金利は14~15%が多いのに対して、消費者金融は18%に近いところがほとんどです。この金利の違いは、たった数パーセントと思うかもしれません。

しかし、返済期間が数年に渡って長くなると、その分の利息も膨大に膨れ上がります。

また、即日で借入したい場合は銀行カードローンは時間がかかり過ぎてしまうのが現状です。多額の融資を希望しているのであれば、銀行カードローンの方が金利も低く総量規制の影響も受けないため、それもいいかもしれません。

しかし、銀行カードローンだからと言って無制限に借入できることはありません。はじめての利用なら、年収に応じた限度額となることと、少額での融資になることは間違いないでしょう。

どちらが審査に通過しやすい?

<審査の有利さ> 勝利はアイフル!

 

これは2つのそれぞれの審査通過率です。 この数値から見ても、やはり、レイクは銀行カードローンのだけあって、アイフルに比べると審査に通過する可能性は低くなります。

どうしても借りたい場合は、審査に有利な方を優先に、申し込むことをおすすめします。

消費者金融名 アイフル レイク
審査通過率 42% 36%

サービスの多さ!どちらが目的別悩みを聞いてくれる?

<多彩なサービス> 勝利はアイフル!

 
アイフルはサービス内容が豊富です。例えば、指定時間帯にカードが自宅に郵送される時間を選べる宅配便サービス「配達時間えらべーる」というのがあったり、無人契約電話ボックス「てまいらず」があるなど、多彩なサービスが充実しています。

無人契約機だと、機械操作がわからなかったり、不安になることもありますが、アイフルのこの「てまいらず」では、分からなければオペレータとカード発行まで直接聞きながら、進めていくことができます。

レイクの魅力とは?

レイクの大きな魅力として次の2点あります。

① 手数料が無料
② 2つの選べる無利息がある
① 手数料が無料

レイクは手数料が無料な点が大きなメリットになります。「新生フィナンシャル株式会社」とあるようにレイクは銀行系の会社の為、提携ATMの数も多く、提携コンビニATMがいつでも手数料無料になっています。

しかしアイフルはもちろんのこと、大手消費者金融では自社ATM以外ほとんどのところで借入・返済ともに手数料がかかってしまいます。お金を借りたり返済する度に手数料がかかってしまえば、それだけでも相当の負担になってしまいます。

通常、コンビニATMの利用手数料は、利用金額が

・1万円以下の場合:108円
・1万円以上の場合:216円

かかってしまいます。

② 2つの選べる無利息がある

レイクには2つの無利息があることです。その2つの無利息とは次のことです。

無利息の種類 契約額 金利
180日間5万円まで無利息 1万円~200万円まで 12.0%~18.0%
30日間全額無利息 1万円~500万円まで 4.5%~18.0%

「5万円まで180日間無利息」の無利息サービスは、はじめて契約した方のみ利用できるサービスで、キャッシングの利用額が5万円までなら契約日の翌日から180日間無利息になります。
「30日間利息0円」もはじめて契約した方のみ利用可能なサービスですが、こちらは上限金額は特に決まっていません。

この2つは好きな方を選ぶことができますが、同時に利用することはできません。

アイフルとレイク、結局どちらを利用すればいいの?

アイフルとレイクは消費者金融と銀行カードローンのため、それぞれ大きく違いがありますが、申込む方の状況や目的によってどちらを選択するか、変わってきます。

そこで、各目的によって借りたい人がどちらを選んだらいいのかを次にまとめました。

・少しでもお得に借りたい
 → プロミスで無利息サービスを利用するのが一番お得(適用日が借入日の翌日のため)
    (注)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

・即日で借入したい
 → 消費者金融であるアイフルの方が優位

アイフルの公式ページはこちら

プロミスの公式ページはこちら