学生がアイフルでお金をスムーズに借りるには?

スタッフアイフルは安定した収入があれば、学生でも申込みすることは可能です。

またアイフルでは、即日融資にも対応しているため、急ぎで借りたい場合におすすめの消費者金融です。

アイフルの公式ページはこちら

アイフルの借入条件とは?

アイフルでは、借入条件として次のように記載されています。

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

 
つまりは、20歳以上であって且つ、安定した収入があるのと、返済能力があれば学生でも申込み可能だということになります。安定した収入は学生であるため、アルバイトをしていればOKです。

審査に落ちてしまう学生の共通点とは?

審査に落ちてしまう理由は、たいていみんな同じようなことで落とされることが多いようです。そこで、学生の方がアイフルでキャッシングしようとした場合、一番気を付けなければならないことを解説していきましょう。

安定した収入がない

これは、アイフルの条件にて記載したとおり、毎月安定した収入がなければ審査に落ちる確率は高くなります。安定した収入というのは、「毎月」という意味です。

そのため、例え収入が5万円と少額だとしても、半年に1度30万円収入がある学生と比較した場合、前者の方が審査は有利になります。なお、親からの仕送りは収入とはみなされないので注意が必要です。

過去に何かしらキャッシングに関する問題があった

過去に問題とは、長期延滞がまず考えられます。長期延滞とは、おおよそ2ヶ月~3ヶ月の延滞です。

特に次のような支払いに関して延滞をしている場合、個人信用情報機関に記録として残ります。

・携帯電話の割賦購入代金
・クレジットカード(ショッピング・キャッシング)
・カードローン
・自動車ローン
・奨学金

 

学生で特に気にしなければならないのは、携帯電話です。携帯電話は6万、7万と高額であり、割賦払いにしていることが多いと思います。

割賦払いとは、携帯電話の本体を分割で購入することであり、携帯電話使用料と一緒に端末代を毎月支払っている方もいます。割賦払いで払っていることはローンを組んで払っているのと同じになるため、もしも遅延を繰り返していれば、個人信用情報機関に傷が付く(いわゆるブラックリストに載る)ため、気を付けなければなりません。

またもう一つ気になるのは奨学金です。奨学金も3ヶ月以上延滞すると、携帯電話本体と同様に個人信用情報機関に記録されてしまうため、こちらも注意しなければなりません。

学生はアイフルからいくらぐらい借りられる?

アイフルからどれくらい借りられるかは、学生それぞれ収入を得ているアルバイトの金額によって変わります。

そして総量規制の関係からもおおよその金額は次の範囲内がほとんどです。

<年収60万円>
・借入可能額→20万円

<年収90万円>
・借入可能額→30万円

<年収120万円>
・借入可能額→40万円

 

学生がアイフルで借入する方法のまとめ

キャッシングできた女性アイフルでは20歳以上で安定した収入があれば、学生でも借入できます。

ただし、過去に重度の遅延・延滞を繰り返していないことが重要な条件となります。そして、10万円以下での少額融資を希望しているのなら、アイフルは即日融資にも十分対応しています。

アイフルの公式サイトはこちら