アイフルのデメリット

スタッフアイフルは、「30日間無利息サービス」をはじめとする魅力的なサービスが満載の消費者金融ですが、実はデメリットもあります。

アイフルを申し込む前に注意しておいた方がよい点や、知っておくとお得なことなどお伝えします。

アイフルの公式ページはこちら
 

借入前にチェックしたい、アイフルのデメリットとは?

アイフルを申し込む際に気を付けておきたい点をピックアップしました。

アイフルは本当に即日融資可能?

アイフルは即日融資の消費者金融として知られています。確かにアイフルは消費者金融の中でも、審査から入金までの早さは上位を占めていると言ってもいいでしょう。

しかし、プロミスやモビットなどの消費者金融では、大々的に「審査回答30分」や「即日融資可能」と掲げています。対するアイフルの場合は、「お急ぎの方にもすぐ対応!」と公式ホームページにあるように、明確な時間の決まりがなく、具体的な時間の明記がされていません。

ここで、各消費者金融が即日融資を受けるための具体的な時間について、どのように記載されているのかを表にしてまとめてみました。

審査スピード 審査可能時間 Web申込み即日融資タイムリミット 自動契約機営業時間 提携銀行 振込キャッシングまでの時間
アイフル 最短30分 9:00~21:00 記載なし 9:00~22:00
(店舗による)
なし
(独立系消費者金融の為)
プロミス 最短30分 9:00~21:00 平日14:00 9:00~22:00
(一部店舗は21時まで)
三井住友銀行
ジャパンネット銀行
最短10秒振込
アコム 最短30分 9:00~21:00 平日14:00 8:00~22:00
(店舗による)
楽天銀行 1分振込
モビット 最短30分 9:00~21:00 平日14:50 8:00~21:00 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
「Myモビ」利用最短3分振込

即日融資を受けるためには、審査に要する時間から、審査を受け付けてくれる時間全て逆算しながら考えなくてはいけません。その結果が上記表から見る限り、審査時間はいずれもどこも最短30分で回答してくるようです。

ただし、審査受付時間は限られているため、もしも平日振込キャッシングで振り込んでもらうにしても、自動契約機で契約し、ATMで引き出すにしても時間は限られてきます。

そのため、アイフルで当日中に借入するには、できれば平日の午前中に申し込むのが一番ベストでしょう。もしも振り込み時間に間に合うだけの時間(契約完了14:00まで)に間に合わない場合は、アイフルの自動契約機を利用するのがいいでしょう。

店舗によっては営業時間が多少異なりますが、アイフルの自動契約機「契約ルーム」であれば早い店舗でも21:00まで、無人契約でんわBOX「てまいらず」であれば8:00~21:45まで受付を行っています。

無人契約でんわBOX「てまいらず」とは?
専用の無人契約でんわBOXのことで、オペレーターと電話しながら契約からカードの発行までできるサービスのことです。

 

ポイント
できれば、平日の午前中に申し込むこと。間に合わなければ、契約機を利用しましょう。

 

返済手数料がかかる

アイフルは手数料が無料なのは、次の2つのみとなります。

・口座振替(自動引落)
・アイフルの店舗、ATM

銀行振込や提携先金融機関ATM、提携コンビニの場合は、手数料が発生します。他の多くのカードローン会社が、手数料無料のサービスを増やしている中で、アイフルは手数料が無料となるのは自動引き落としか店舗に限られるのは使い勝手がベストではないと言わざるを得ないでしょう。

現在、アイフルが提携している銀行ATMやコンビニATMは次の金融機関があります。

・三菱東京UFJ銀行
・セブン銀行
・イオン銀行
・西日本シティ銀行
・親和銀行
・福岡銀行
・熊本銀行
・ローソンATM
・E-net加盟のATM(ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、スリーエス、デイリーヤマザキなど)

上記銀行やコンビニATMは至る所にあって、利便性は最高です。しかしこのようなATMは全て次のように手数料が必要になります。

お取引金額 入金 出金
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

毎回の入金や出金毎に手数料を取られるのはかなり痛いです。そのため、アイフルを利用するのであればアイフル直営のATM、もしくは自動契約機や店舗に設置されたATMを利用することで手数料無料で借入できます。

ポイント
アイフル直営のATM、自動契約機や有人店舗に設置されたATMを利用しましょう。手数料無料で融資可能です。

 
アイフルの公式サイトはこちら