アイフルで50万以上借りる場合、収入証明書の提出が必要になります。50万円という金額はアイフルにとっても一つの節目の借入額と言ってもよく、故に審査も慎重になります。

しかしこの50万円以上の融資、必要書類を提出し、きちんとその会社で働いているという証明や、審査材料に懸念事項が特にないとアイフルが判断すれば、それほど心配することはなく、融資を受けられます。
 

50万円以上の借入は審査も慎重になるって本当?

借入金額が50万円以下であれば、収入証明書も必要なく、比較的借りやすい状況であると言えます。しかし50万円以上での借入れとなると、アイフルでは確かにその会社に勤務しているかどうか、厳しく確認する必要があります。

また、申込者も収入証明を提出することで、仕事内容も年収も全てアイフルに分かってしまうため、下手なウソやごまかしは効かなくなります。

これはアイフルだけでなく、他の消費者金融でも同じことです。ただ、アイフルはどちらかというと消費者金融の中では比較的審査には有利な方ですが、高額融資になるとどこも慎重かつ厳しくなるのは避けられないでしょう。

アイフルから50万円借りる為の2つの条件とは?

では、アイフルから50万円借りるには具体的にはどのような点に気を付ければいいのでしょうか。主な2つの条件から、洗い出していきたいと思います。

年収は最低150万円あること!

アイフルは消費者金融のため、賃金業法という法律の中の「総量規制」によって貸出しできる上限金額が決まっています。総量規制では、個人の年収の3分の1を超える借入はできないことになっているため、アイフルもそれ以上のお金を貸してはくれません。

3分の1以上の金額を貸付けた場合、利用者自身は罰せられることはありません。しかし、アイフルは業務指導や業務停止などの行政処分となります。

そういった意味からも、アイフルから50万円借りるには年収の3分の1なければならないことを考えると、最低でも150万円以上の年収が必要となります。

他社借入があれば、150万円以上の収入が必要!

もしもアイフル以外の消費者金融で既に借入があっても、更に50万円借入したいのであれば、年収もそれ以上なければ融資を受けることはできません。

例えば、A社に10万円、B社に既に40万円の借入があれば合計50万円借入していることになりますので、年収150万円であれば、アイフルで更に借入するのは難しくなります。アイフルで50万円更に借りたいのであれば、仮家額は100万円になるため、必ず年収300万円必要となります。

しかしこれはあくまでも最低限の額です。もしかしたらそれよりも多くの収入を求められることはあります。

収入証明書、利用限度額50万円のボーダーの意味とは?

総量規制によって、年収の3分の1までしか貸付けできないことはわかりました。しかし、そもそもどうして50万円がボーダーなのかと言うと、これも次のような条件が総量規制により義務付けられているからです。

・自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合
・1社の借入残高と他数社からの借入残高が100万円を超える場合

上記のような場合に、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。賃金業者では、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないかを確認します。

アイフルでは、公式ページに次のような場合に貸金業法に基づき、収入証明書類の提出をお願いしています。

アイフルのご利用限度額が50万円を超える場合
アイフルのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円を超える場合

アイフルの収入証明書、有効な書類とは?

収入証明書が必要な場合、アイフルで有効となるような書類は次のものになります。

源泉徴収票
確定申告書
住民税決定通知書
所得証明書
給与明細書(直近2ヶ月分、勤務先名等記載がない場合や手書き部分があるときは社印が必要)

収入証明書必要書類

所得証明書は、住民票のある市町村役場の納税課に行き、必要事項を記載すればその場で発行してもらえます。

例え50万円以上の借入希望でなくても、収入証明書は提出しないより提出した方が、アイフルからの信用度は増します。今すぐ借りる必要がなくても、今後借入を希望するようなら、収入証明書は手元に用意しておいた方がいいでしょう。