「目的別のキャッシング」カテゴリーアーカイブ

2社から借入するとヤバイ?【2社目のキャッシング注意点】

2社目をキャッシングするためのおすすめ消費者金融教えます!

女性2社目を借りるのなら断然プロミス!

プロミスは審査スピードも早く審査自体も有利な消費者金融の一つです。2社目の借入も安心して審査が受けられます。
 
プロミスの公式ページはこちら

(注)他社利用の方でも審査可能ですが、申込者の状況によって利用できない場合もあります。

 
 

2社目をキャッシングする時の注意点

はじめてキャッシングを申込みした時と、2社目のキャッシングを申込む時とでは当然1社目よりは2社目のほうが審査も厳しくなります。それによって審査に落ちてしまう方も少なからずいらっしゃいます。

しかし、2社目だからと言って、申込む方全員が落ちるわけではありません。そのため、2社目を申込む場合、どれくらい借りれるのか、現状の借入状況がどうあれば審査に有利になるか等お伝えします。

① 借入制限がある!

もしもあなたが銀行カードローンで借りるのであれば、問題ありませんが、消費者金融で借りたいと考えているのであれば、この「借入制限」は避けては通れない道です。

つまり、消費者金融は総量規制の関係で、年収3分の1を上限として借入できないようになっています。

例えば年収が300万円ある人は、年収3分の1までの100万円までが消費者金融で借りることのできる上限金額です。そのため、もしも他社で50万円だけ借りているのであれば、その残りの50万円借りることができます。しかし他社で既に100万円借りていれば、他の消費者金融で借りることはできません。

2社目や3社目の借入を消費者金融で考える時は、常にこの「年収に対する3分の1」が借入れ可能だということを常に意識しておかなければなりません。

② 50万円を超える限度額では収入証明書が必要

銀行カードローンの場合は、総量規制対象外のため、年収の3分の1までという制限はありません。そのため、多くの場合は200万円や300万円を限度額としたときに同じく収入証明書の提出を行っています。

しかし消費者金融では総量規制の関係で、1社で50万円を超える借入をするときや、複数社から100万円を超える借り入れをする場合には、収入証明書の提出が必要になります。

例えば年収300万円の人で他社借入が既に60万円あった場合、新たに2社目で40万円を借り入れる時には収入証明書の提出を求められます。

収入証明書の書類は主に次の書類があります。

源泉徴収票
確定申告書
税額通知書・所得(課税)証明書
給与明細書

給与明細書は、直近2ヶ月分の給与明細書、もし賞与があれば直近2ヶ月の給与明細書と1年分の賞与明細書を提出することになっています。

2社目をキャッシングする方法のまとめ

キャッシングできた女性2社目キャッシング申込みする上で一番ネックになるのは、借入金額の制限があります。

確かに銀行カードローンは総力規制の影響を受けないため、借入の上限はありません。しかし審査は非常に厳しくなります。

その反面で消費者金融は借入金額に制限がありますが、即日で融資を受けることが可能です。審査に通らなければ融資が受けられないため、なるべく少額での融資を申告し、1社目の借り入れたお金は期日を守りながら返済してくことが大切です。

その中でも2社目を選ぶのならプロミスがおすすめです。プロミスなら、審査も有利で柔軟な対応をしています。
(注)他社利用の方でも審査可能ですが、申込者の状況によって利用できない場合もあります。

プロミスの公式サイトはこちら

 
 

【キャッシング】夫に内緒で借りる方法教えます ※注意点あり

夫に内緒でキャッシングする方法

女性夫や家族に内緒で借入するなら絶対プロミス!

夫にキャッシングすることを知られたくなければ、自宅に届く郵送物を回避するしかありません。プロミスであれば、郵送されるはずの書類をすべてネットで閲覧できるためバレる心配はありません。

プロミスの公式ページはこちら

 
 

夫に内緒で借りる方法

奥さんがキャッシングを利用して、夫にバレる一番の原因は次のいくつか考えられます。

① 自宅に郵便物が届き、夫に開封された
② 返済用に利用している口座の手帳を夫に見られた
③ 延滞・滞納を繰り返し「督促状」を見られた

① 自宅へ郵便物が届き、夫に開封された

キャッシング契約することで、自宅には様々な書類が送付されます。その書類とは、申込みをした時に発行される「申込書」、契約時の「契約書」、「カード」、キャッシングを利用した際の「利用明細書」等があります。

郵便物で届けられる差出人の名前とは?

通常、キャッシング会社からカードやその他書類が郵送される時、差出人の名前は次のように届けられています。

・プロミス 「事務センター」
・SMBCモビット 「MCセンター」
・アイフル 「AIセンター」
・アコム  「ACサービスセンター」
銀行の場合は銀行名そのままの名前で郵送されます。対する消費者金融では、差出人名を見たからと、すぐには消費者金融だとはわからないでしょう。

特にこの中でも一番夫にバレにくそうなのは、個人的には互いの関連性がないアイフルの「AIセンター」だと感じますが、それでも不審に思ってネットで検索すればすぐに分かってしまうでしょう。

そのためにも、やはり郵送物はなるべく自宅に送付されないように、工夫をする必要があります。工夫とは、ネット上で観覧するなどの変更をすることです。

郵送物を自宅に送られないようにするには?

上記これらの書類で特に、一番心配なのは、「カード」です。カードは今後キャッシングに必要なローンカードですが、内容証明郵便で自宅に届けられてきてしまいます。そのため、本人しか受け取れなく、しかも運転免許証などの身分証明書を郵便の方に見せなくてはなりません。

もしも家に夫がいれば、「何事?」と思われるため、できればカードはカードレスが可能なキャッシング会社にするか、自動契約機で直接契約し、受け取るようにすれば夫に見られる心配はないでしょう!

② 返済用に利用している口座の手帳を夫に見られた

口座をうっかり見えるところに置いておいて、夫に見られてしまうことは以外にもよくある事例の一つです。

隠しているのを見られるのもバツが悪いですが、自分ができない用事をつい夫に頼んだ時、返済用に利用している銀行口座を渡してしまって、うっかり見られるケースもあります。そのため、キャッシングに利用している口座はどれなのか慎重にならなければなりません。

通帳記入を避けるには?

今や通常の銀行でも、通帳なしのダイレクトと呼ばれるネットバンキングのように、入金・出金の度に通帳記入をしていない人も多く見受けられます。ネットバンキングは、取引履歴を数年前から遡って閲覧したり、PDFに落とし込んだりしてプリントアウトもできるため、非常に便利で誰にも見られることもありません。

そのため、いつも通帳記載をするよりも、基本的には紙ベースでの記録はしないようにすれば夫にバレる心配もありません。どうしてもバレたくないというのであれば、インターネットでの閲覧に変更することをおすすめします。

③ 延滞・滞納を繰り返し「督促状」を見られた

この「督促状」が自宅に届くということは、おそらく重度の遅延をしてしまったと考えられます。1ヶ月以上返済しないで放っておくと、申込書に記載した番号へ電話がきます。

そしてその電話も無視したり、返済する意思を伝えなければ、督促状が自宅に届きます。ここまでくると、夫に内緒にしておくことはまず難しいでしょう。いきなり自宅に「督促状」なんて書かれたハガキが届いたら家族の誰もがビックリするのも当然です。

こうならないためにも、もしもどうしても期日までに遅れそうなら、1本電話を入れる、電話がかかってきたら無視をせず電話に出る、もしも出られなかった場合は折り返すなどして、返済する意思を担当者に伝えることが重要です。

夫に内緒でキャッシングする方法のまとめ

キャッシングできた女性夫に内緒でキャッシングするには、自宅に届く予定の書類と、返済用に利用している銀行口座を見られないよう注意を払うことが重要です。

その中でも、プロミスはインターネットから簡単にWeb閲覧に変更することができるため、煩わしさはありません。プロミスは、夫や家族にバレずに借入できる大きな味方です!

プロミスの公式ページはこちら

キャッシングのデメリットも知っておこう【※借入の落し穴】

キャッシングを利用するにはメリットはもちろん、デメリットも当然あります。今回はキャッシングを利用する際のデメリットを中心にお伝えしたいと思います。

キャッシングのデメリットとは?

キャッシングとは、クレジッドカードやキャッシュカードを利用して、ATMや現金自動貸出機からお金を引出して借りることをいいますが、カードローンでのキャッシングは必要になった時にすぐにお金が手に入るという点が大きな魅力です。

通常、お金を借りる時は担保物件が必要になったり、自分が払えなくなった時に代わりに支払ってくれる保証人を立てなくてはいけません。それだけでもかなりの体力が要りますが、例え担保も保証人が決まったとしてもすぐには借入できません。それは必要書類も多く、審査にも時間がかかるからです。

その反面、キャッシングであれば担保も保証人も必要なく、借りたい時にすぐに借入ができ、現金が引き出せるのです。さらに審査までの時間も早く、即日融資も可能です。

では次にデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。キャッシングの主なデメリットは次の2点が考えられます。

1. 金利が高いこと
2. 借入制限があること

キャッシングは金利が高い!なぜ高いの?

キャッシングは一般的に金利が高く設定されています。それにはキャッシング会社の貸し倒れリスクを補うためと考えられます。

通常ならば、貸付けしたお金は利息をつけて返済してくれることでキャッシング会社は利益を得ています。しかし中には貸付してもお金が戻ってこない、いわゆる不能状態になる方もいます。キャッシングは基本的に担保も保証人も必要なく融資を受け付けてくれます。

そのため、貸付けした人が返してくれなければ損失となってしまいます。そのためにも、敢えて金利を高く設定しているのです。

年収で決まる借入制限額!

キャッシングは上限なくどこまででも融資ができるわけではありません。借入れ制限をする一番の理由は、総量規制との関係があります。

総量規制とは?
個人の借入総額が原則として、年収の3分の1までに制限される仕組みのことを言います。

 
総量規制は、お金を借入れるために定められた法律、「貸金業法」が大きく改正されたために制定された決まり事です。そのため、例えば年収300万円の方が融資を希望した場合の借入可能金額は、300万円の3分の1である100万円を上限として貸付けできないようになっています。

ただし、年収300万円だからと言っていきなりその3分の1である、100万円を最初からいきなり貸し付けてもらうのはまず難しいでしょう。まずは少額での融資で返済期日を守り支払うことで「支払い実績」を作っていくことが何よりも大切になります。

 
キャッシング利用で最も選ばれているのは?

プロミスの公式ページはこちら

消費者金融はメリットが多い?【銀行より有利なキャッシングの秘密】

消費者金融でお得に借りるにはどこがおすすめ?

女性消費者金融でお得に即日で借りるのならプロミスがおすすめ!

プロミスなら、無利息サービスはどこよりもお得に利用できます。さらに即日融資も対応可能!
↓  ↓  ↓
>>プロミスの公式ページはこちら

(注)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

お金を借りるならどっち?消費者金融か銀行カードローン?

はじめてキャッシングを利用するなら、消費者金融か銀行カードローン、どちらがいいのか迷います。

審査スピードやWebからでも申込み可能な便利さから言えば消費者金融が断然いいですが、金利の低さや借入限度額の高さ、安心の度合いから言えば銀行カードローンで借りた方がいいでしょう。それぞれの違いをもう少し詳細にお伝えしたいと思います。

消費者金融と銀行カードローン、2つの違いとは?

消費者金融と銀行カードローンの違いは主に次のとおりです。

①総量規制の対象か対象外か
②金利が高いか低いか
③即日融資可能か可能でないか
①総量規制の対象か対象外か

消費者金融と銀行カードローン、この2つの違いの中で一番に注目があがるのが「総量規制」です。総量規制とは、個人の借入総額が原則、年収の3分の1までに制限される仕組みのことを言いますが、例えば年収が300万円の人はその3分の1である100万円までに制限されます。つまり100万円を超える貸付けは法律によってできないことになります。

そして総量規制にはもう一つ規定された内容があります。それは、ある一定金額を上回った場合、収入証明書の提出が必要になることです。具体的には、

・1社の借入が50万円を超える場合
・2社以上の借入合計額が100万円を超える場合

上記のような時には、収入証明書の提出が必要になります。

この総量規制は、消費者金融に適用されるもので、銀行カードローンは対象外となります。銀行カードローンは銀行独自の「銀行法」というのが適用されます。そのため総量規制に関係なく借入れができます。高額融資希望の方は条件にクリアさえできれば、銀行カードローンで借りるのがいいでしょう。

②金利が高いか低いか

消費者金融は銀行カードローンと比べると金利が高いです。実際に銀行カードローンと消費者金融とで比較してみると、下表のようにこんなにも金利差がついています。

カードローン名 金利(実質年率) 融資限度額
プロミス 3.0%~18.0% 800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
アコム 4.7%~18.0% 500万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.0% 1000万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 500万円

消費者金融は金利が18.0%ですが、銀行カードローンは中にはみずほ銀行カードローンが14.0%で借入できます。金利が低ければ低いほど、返済する際の利息は少なくなるため非常にありがたいです。

③即日融資可能か可能でないか

急にお金がピンチで今日中にでも借入したい、などと急ぎでお金が必要だと思った時は銀行カードローンよりも消費者金融の方が、即日融資の可能性が高いです。というのは、銀行カードローンでも即日融資はしてもらえますが、審査時間がかかる上に銀行営業日以外は対応できないなど、利用しづらいことも多いからです。

その点、消費者金融は夜遅い時間でも、土日や祝日であっても対応してくれます。さらに、即日での借入にも十分対応しています。このことからも、即日融資を希望するなら銀行カードローンよりも消費者金融を選んだ方が、急なお金の借入に対応しているのです。

消費者金融のメリットとは?

消費者金融のメリットは次の4つあります。

①インターネットからの申込が充実
②審査スピードがスピーディかつ柔軟
③家族や会社に内緒でキャッシングしやすい
④一定期間利息0円になる無利息サービスがある
①インターネットからの申込みが充実

消費者金融はインターネットからの申込みがとても充実しています。その中でも、ネット1本で申込から審査、借入まで全て完了する「Web完結」サービスは、パソコンやお手元のスマートフォンで全て終わらせることができるため、大変便利です。

この方法は消費者金融では、プロミス、SMBCモビット、アイフル、アコムが利用可能です。特にプロミスとSMBCモビットは、カードや書類の受け取りも一切なく、ネットで全て完結することができるため、家族にバレることなくキャッシングすることができます。

②審査スピードがスピーディかつ柔軟

銀行カードローンは借入時、審査が厳しい上に時間もかかるため、どうしてもキャッシングするまでに時間がかかってしまいます。

その点、消費者金融は審査回答時間が非常にスピーディで、中では最短30分ほどで結果が出るところもあります。そのため、当日のうちに借入がどうしても必要な時でも、消費者金融であれば対応可能のため、非常にありがたい存在となっています。

③家族や会社に内緒でキャッシングしやすい

先ほどの①と同様になりますが、Web申込みできることで、親や家族にバレることなくキャッシングが可能です。家族に一番にバレる要因は、自宅へ届く郵送物だと言われていますが、それも簡単な操作一つで、インターネット上で確認・閲覧ができるようになります。

④一定期間利息0円になる無利息サービスがある

消費者金融にははじめてキャッシングを利用する方に向けて、「無利息サービス」を実施しています。

この「無利息サービス」は消費者金融によって多少条件の差こそありますが、ある一定期間利息が0円になります。無利息期間は、ほとんどの消費者金融で30日間の無利息となることが多いです。

消費者金融は金利こそ高く銀行カードローンの方がお得に感じますが、無利息サービスを利用することで、銀行カードローンよりも利息を0円にしながら利用することが可能です。もしも少額で30日以内に返済できるのであれば、消費者金融を利用するのがいいでしょう。

消費者金融を利用するならプロミスがおすすめ!

消費者金融を利用するメリットはたくさんありますが、その中でも特にプロミスが他の消費者金融と比べて圧倒的に勝る点は、「30日間無利息サービス」です。

他のアイフルやアコムは、「契約日の翌日から」無利息サービスがスタートしてしまいます。(SMBCモビットは無利息サービス自体、実施していません。)「契約日の翌日から」だと、契約してすぐに借入申込みをしないと、どんどん無利息期間が減ってしまいます。

しかしプロミスであれば、「借入する翌日から」30日がスタートするため、慌てて借りることなく必要な時に備えるためのお金として利用することができます。従って、計画的のお金を借りることができるのです。

もちろん、プロミスは即日融資にも十分対応できます。土日祝日でもお金を借りることができるので、急いでいる方、どうしても今日中にお金が必要な方におすすめです。

銀行よりお得な消費者金融でお金を借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性消費者金融のキャッシングを利用するなら、プロミスがおすすめです。

なぜならプロミスは、無利息サービスが他社のどこよりも長く、お得に利用できるからです。少額借入を希望していて、返済の予定が30日以内なら、プロミスの無利息サービスを使わない手はありません!

プロミスの公式ページはこちら

【キャッシング】無利息で何度でも借りる方法教えます!

キャッシングを何度でも無利息で借りれる金融会社は?

女性消費者金融で何度も無利息を利用できるのはプロミスだけ!

プロミスなら、さらに提携ATMも無料で利用できます。
↓  ↓  ↓
>>プロミスの詳細はこちら

 

無利息で何度でも借りるならノーローンよりもプロミス!

無利息サービスを何度でも利用可能な金融会社は、プロミスとノーローンしかありません。ノーローンは確かに無利息サービスを扱っており、なおかつ何度でも利用できますが、適用期間が7日間と短いのが難点です。

そのため、30日間もの間、無利息サービスが利用できるプロミスをおすすめすると同時に、プロミスの無利息サービスについて詳しくお伝えしたいと思います。

プロミスは30日間無利息が繰り返し利用可能!

プロミスは、はじめての方限定で30日間利息が0円になる無利息サービスを行っていますが、さらに「何度でも無利息を利用する」ことができます。

ただし、借入れしただけでは適用されません。「何度でも無利息を利用する」には、プロミス会員サービスに登録しなければなりません。プロミス会員サービスに登録するには、次の登録が必要になります。

・メールアドレスの登録
・Web明細を利用

メールアドレスは、登録時に申請し、WEB明細を利用するには、次の1~4までの手順に沿ってそのまま進めていけば、単に会員サービスに登録できます。

1. 会員サービスへログイン
 (カード番号とカード暗証番号、またはWeb-IDとパスワードでログイン)
2. 「書面受取方法登録・変更」ボタンをクリック
 (会員サービスの「登録内容変更」メニューより、「書面受取方法登録・変更」ボタンをクリック)
3. プロミスのホームページにて「書面(Web明細)を確認」を
 (選択書面受取方法登録・変更画面より)
4. Web明細登録完了!

カードが手元にさえあれば、会員サービスへのログインは可能です。カードは常に手元にあるので番号の管理もしやすく、手間なく利用することができます。

無利息サービス、適用期間の違い

下図は他の消費者金融での無利息サービスの一覧です。

銀行・消費者金融名 無利息期間
プロミス 借入日の翌日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間
アコム 契約日の翌日から30日間
ノーローン 借入日の翌日から7日間
SMBCモビット 実施していない


プロミスの無利息サービスが適用されるのは、「借入れの翌日から」30日適用されます。他の消費者金融ではほとんどが「申込日の翌日から」の適用のため、申込みして契約が完了後、じっくり返済計画を立てながら借入れできます。

そのため、ムダなお金を借りずに無利息を実際に借り入れた翌日から30日間、最大限利用することができるのです。

プロミスの無利息サービスを何度でも借りる方法

プロミスは、ポイントを貯めることで何度でも無利息が利用できます。この何度でも利用できるのは嬉しいサービスですね!

ポイントを貯める方法には、主に次の2つの方法があります。

① インターネット会員サービスを利用にポイントを貯める
② 書類を提出してポイントを貯める
① インターネット会員サービスを利用してポイントを貯める

プロミスは、インターネット会員に登録して利用することでポイントが次第に貯まっていきます。ポイントが貯まる内容は次の表のようになります。

対象サービス 獲得ポイント数 条件
ポイントサービス申込 100ポイント 初回登録時のみ
インターネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログイン時のみ獲得
プロミスからのお知らせ確認 5~20ポイント ポイント獲得対象となるお知らせにはお知らせ内に獲得ポイント数を記載
返済日お知らせメール 各1ポイント 毎月月末時点で対象サービスの利用登録の場合
取引確認メール
パソコンまたはケータイによる書面の受取
② 書類を提出してポイントを貯める

インターネット会員に登録し、収入証明書を提出すればポイント獲得になります。

対象サービス 獲得ポイント数 条件
収入証明書類の提出 160ポイント 提出して獲得

貯めたポイントで利用できるものは?

上の2つの方法でポイントを貯めることで、次のような利用ができます。

① 無利息サービス
② 提携ATM手数料無料

① 無利息サービス
必要ポイント 250ポイント 400ポイント 700ポイント
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間

貯めたポイントで上記のような無利息サービスを利用するには、

・利息以上の返済を行なった時
・完済し再度出金をした時

この2つのどちらかを行った翌日より無利息サービスが利用可能です。

② 提携ATM手数料無料

無利息サービスの利用の他に、うれしいサービスは手数料無料になることです。

必要ポイント 40ポイント
適用期間 お申込日から、翌月末日まで

提携ATMが40ポイントで手数料無料になります。「提携ATM」は通常、借入れ・返済を行うと、

・1万円以下:借入・返済時:108円
・1万円超:借入・返済時:216円

上記のように1回1回手数料がかかります。それが40ポイント貯めることで、無料になるのです。具体的には次のような銀行・コンビニATMが無料になります。

提携銀行ATM

三井住友銀行(手数料無料)、三菱東京・西日本シティ・セブン・イオン・横浜・東京スター・第三・福岡・熊本銀行

・ゆうちょ銀行:借入れ、返済には、Web明細の登録が必須
・キャッシングのみ利用可能な銀行:親和・広島・八十二銀行

提携コンビニATM ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート、ゼロバンク

プロミス無利息サービス

手数料無料の適用期間は、「申込日から翌月末日まで」です。月始めに申し込めば、最大2ヶ月近くを無料期間とすることができるのでとってもお得に利用できます。

キャッシングで無利息を何度でも借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性プロミスは、インターターネット会員なることで、ポイントを貯め無利息サービスを何度でも利用できます。

さらに、手数料も無料になります。

プロミスの公式ページはこちら

キャッシングで10万円借りたい方へ【※緊急でも狙える最安利息】

キャッシングで10万円借りる方法とは?

女性10万円借りるなら無利息サービスが一番お得なプロミスがおすすめ!

プロミスなら、借りた翌日から30日間利息0円で借入可能です。無利息サービスは他社より断然お得です!
↓  ↓  ↓
プロミスの公式ページはこちら

 

キャッシングで10万円借りるなら「無利息期間サービス」を利用がおすすめ!

キャッシングを利用し、すぐにでも返済する予定があるのであれば、各消費者金融が実施している「無利息期間サービス」を利用するのが一番です。

「無利息期間サービス」はある一定期間利息が0円になるサービスのことで、消費者金融であればSMBCモビット以外は全て実施しています。ほとんどの消費者金融では適用期間が30日です。そのため、30日以内に返せるという方は、無利息サービスを利用しない手はないでしょう。

消費者金融名 無利息期間 適用開始日 利用回数 利用条件
プロミス 30日間 借入日の翌日から30日間 ポイント利用で何度でも ・初めての利用
・メールアドレスに登録
・Web明細に登録
アコム 30日間 契約日の翌日から30日間 初回限定 ・初めての利用
・返済期日が「35日ごと」
アイフル 30日間 契約日の翌日から30日間 初回限定 初めての利用
SMBCモビット 実施していない

無利息サービスでは、適用期間が「借入日の翌日」から利用できるのはプロミスただ一社です。またプロミスに申し込むことで、ポイントを使えば何度でも無利息サービスが利用できるのもプロミスだけとなります。

こういったことから、10万円借りて無利息サービスを利用するならプロミスが一番お得になります。

10万円借りたら返済額と利息はどれくらい?

10万円での借り入れは、それほど利息もかかりません。では実際に10万円を借りた場合、どれくらいの利息がかかるのかを調べてみました。

プロミスで10万円借りる場合の返済額と利息

プロミスで10万円を実質年率17.8%、12ヶ月借りた場合の月々の返済額と利息を計算してみます。

プロミス返済シュミレーション

毎月の返済額は、9,158円になります。

プロミス返済シュミレーション

これを12ヶ月で支払う場合の総額は109,894円になります。つまり、1年でかかる利息は元金の10万円を引くと、9,894円になります。見た目それほど多く感じないかもしれませんが、もしもこの10万円を借りては返しを何度も繰り返していると、その利息は膨大になってしまいます。

ただし「無利息期間サービス」の期間中であれば、適用期間の30日は利息0円のため、大変お得になります。この間にできれば全額返済し、プロミスのポイントを貯め、また新たに無利息サービスを利用するのもよいでしょう。

プロミスの無利息サービスについて、詳しくは「キャッシングを利息なしで借りる方法!」をご覧ください。

 

キャッシングで10万円借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性キャッシングで10万円借りるなら、申込と同時に「無利息期間」サービスを利用するのが最もお得です。

特にプロミスは、他のアイフルやアコムと比べても、適用期間の優遇が最高です!申込みと同時にいきなり翌日から無利息が適用されるよりも、申込だけ先にしてからゆっくり借入金額と返済日を考えたいものです。

プロミスなら、返済計画をじっくり考えてからMAX30日間利息0円とすることが可能です。

プロミスの公式ページはこちら

【キャッシング】手数料無料で借りられる消費者金融は?

手数料無料で借りる方法とは?

女性消費者金融で手数料無料で借りるのならプロミスがおすすめ!

プロミスなら、自社ATMで24時間借入も返済も手数料無料です。
↓  ↓  ↓
>>プロミスで手数料無料で借入する

 

キャッシングのATM利用手数料は出金・返済の度に取られる!

今や、近くのコンビニATMや銀行TMなどで24時間いつでもキャッシング可能なところが大きな魅力の一つとなっていますが、多くのATMでは利用する度に手数料が取られます。

出金や返済金額によって違いますが、だいたい1回あたり1万円以下なら108円、1万円以上なら216円と、毎回積み重なるごとにすぐに数千円もの手数料がかかってしまいます。本来、返済しなければいけない利息に手数料までプラスで取られていては、いつまでたっても返済は終わりません。

そのためにも手数料を無料にするための方法はないかどうか、予めをきちんと知っておく必要があります。

手数料かかるケースと無料の差!いったいどれぐらい?

例えば、20万円借入し、実質年率18.0%で36ヶ月払いで返済するとします。下図はSMBCモビットの返済額シュミレーションを利用していますが、この場合の月々の返済額は7,230円になります。

返済シュミレーション

36ヶ月払いなので、合計返済額は通常の返済合計は260,280円となります。もしもこれに手数料がプラスされるとしたら、1回あたりの手数料が106円とすると、合計で手数料だけで3,816円もかかってしまいます。

手数料が無料なら、この3,816円はかかりません。今回は20万円でシュミレーションしましたが、借入金額がこれよりも大きくなったり返済回数が増えた場合は、さらに負担は増すばかりです。

このことからも、手数料を払うくらいなら返済にまわすよう、少しでもお得に利用することが返済金を減らすことにつながります。

手数料無料にする方法とは?

消費者金融は基本的に次の場合に手数料が無料になることが多いです。

インターネット返済
自社ATM
店頭窓口
口座振替

つまり、インターネットを利用しての返済や借入、口座振替をすれば基本的には手数料はかかりません。店頭窓口も無料です。

しかし、提携ATMを利用した場合はどうしても下図のように、どこの消費者金融でも手数料はかかってしまうものと考えられます。ただし、自社ATMであれば手数料は取られません。

会社名 1万円以下の借入・返済 1万円以上の借入・返済
プロミス 108円 216円
SMBCモビット 108円 216円
アイフル 108円 216円
アコム 108円 216円
手数料無料の一番お得な消費者金融はどこ?

下の表は大手4社消費者金融の、自社ATM有無と設置台数、グループ会社銀行名手数料についてまとめています。

自社ATMを利用すれば、借入、返済どちらも基本的に手数料はかかりません。SMBCモビットは自社ATMこそ持ってはいませんが、手数料無料になるグループ会社の銀行ATMを持っています。

消費者金融名 自社ATM有無 保有台数 グループ会社
(借入・返済手数料無料)
プロミス 約1000台以上 三井住友銀行ATM
SMBCモビット × 三井住友銀行ATM
アイフル 480台 なし
(独立系消費者金融の為)
アコム 約1100台 三菱東京UFJ銀行(有料)
プロミスなら自社ATM、グループ銀行ATMともに手数料無料で一番お得!

上記表から、手数料なしで利用できる選択肢が一番多いのはプロミスです。プロミスは自社ATMの設置数も多いので利便性バツグンです。

また、グループ銀行ATMも三大メガバンクの中の三井住友銀行のため、利用するには文句ないほどのメリットがあります。手数料無料にするには、自社ATMやグループ銀行ATMを利用するのがおすすめです!

キャッシングを手数料無料で借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性借入・返済の度に手数料を支払うならば、その分少しでも返済に回した方がずっと経済的です。

そして消費者金融を利用するなら、自社ATMも保持していて利便性も高く、さらにグループ銀行ATMでも手数料無料になるプロミスが一番おすすめです。

プロミスなら借入も返済もどちらも手数料は必要ありません。

プロミスの公式ページはこちら

キャッシングで100万円借りるための条件は?【※利息はどのくらい?】

100万円を借りるための条件とは?

女性100万円借りるのなら無利息サービスが一番お得なプロミス!

プロミスで30日無利息を使用すれば、100万円分の利息も0円で借り入れることができます。断然他社よりお得に借入れ可能です。
↓  ↓  ↓
>>プロミスで利息0円で借入する

(注)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
 

100万円を借りるための方法

100万円借りるための方法をお伝えします。通常金融会社では、「ここまでなら借入OKですよ!」という最高限度額が決められています。また、借入金額が高額になればなるほど、提出しなくてはならない書類が出てきます。

ここで、各金融会社によってどれほどの差があるのか、最高限度額と収入証明書が必要となる金額を表にしてまとめてみました。

カードローン名 金利(実質年率) 融資限度額  収入証明書不要額
プロミス 3.0%~18.0% 800万円 50万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円 50万円
アコム 4.7%~18.0% 800万円 50万円
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 500万円 100万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6% 500万円 100万円
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.0% 1,000万円 200万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円 300万円

100万円という金額は少額とは言えない金額で、審査も正直言って簡単ではありません。また、各消費者金融のプロミスやアイフルは最高限度額500万円、SMBCモビットやアコムはそれぞれ800万円、各銀行カードローンもそれぞれ最高限度額が500万円~1,000万円のところが多くなっています。

しかし、いくら最高限度額が多いからと言って、審査に通りさえすれば500万円も800万円も借りられるという訳ではありません。ましてやはじめて利用する人にとって、いきなり500万円でなくても100万円でも借りるのはなかなか難しいでしょう。

金融会社は、過去実績もない人といきなり100万円などの金額は貸しません。10万円を貸すのとは全くわけが違うのです。

消費者金融は年収300万円以上ないと借入は難しい?

また、消費者金融は総量規制の関係で、年収の3分の1を超える貸付けはできません。かと言って、100万円借りるなら年収300万円必要ですが、300万円あれば絶対に融資が受けられるかと言ってもその保証はありません。

やはり「返済実績」が全くないと難しいでしょう。

まとまったお金が必要なら銀行カードローンがおすすめ?

100万円以上のまとまったお金が必要な人は、子どもの入学金や授業料、塾代などの教育費や車の購入代金、あるいは何かの目的があってお金を借りたいと思う方が多いです。そのような場合は、教育ローン専門のローンやマイカーローンなどの専用ローンを利用するのがいいでしょう。

銀行カードローンは消費者金融に比べると金利も圧倒的に低いため、100万円以上の金額であればいいのかもしれません。しかし、銀行カードローンは審査も厳しく、はじめて利用される方に対して融資するかどうか定かではありません。

100万円借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性100万円借りるには、次の条件を満たしていることが重要となります。

・勤続年数が長く、安定していること
・個人信用情報に傷がないこと

プロミスの公式ページはこちら

30万借りたい方へ【※大至急30万借りる手順と業者】

30万をお得に大至急借りる方法とは?

女性30万借りるのなら無利息サービスが一番お得なプロミス!

プロミスで30日無利息を使用すれば、30万円分の利息も0円で借り入れることができます。断然他社よりお得に借入れ可能です。
 ↓  ↓  ↓   
>>プロミスで利息0円で借入する

 
 

30万大至急借りる方法

30万借りるための方法をお伝えします。30万円という金額は少額とは言えない金額ですが、かと言って高額融資というほどでもありません。

しかし10万円ほどの金額を申込むほど、審査は簡単でもありません。そこで30万円すぐにでも借りたい場合の、お得に借りる方法についてお伝えします。

どうしても30万借りたいと申込みを先に行ったとしても、審査に通るような属性でないと、どこの金融会社からも融資を受けることはできません。

まずは自分が本当に30万円借りられるかどうか、チェックしてみることをおすすめします。

まずは30万借りられるかどうかを確認

下記項目の条件を満たす方は残念ながら30万円を借り入れることはできません。

①専業主婦の方
②すでに他社で借入をしていて、借入総額が年収の1/3に達している方
③借入総額が年収の1/3以上になる方
消費者金融は総量規制の関係で、年収の3分の1を超える貸付けはできません。しかし、少しでも年収を増やすよう、月々の給料を上げたり、借入金額を減らすことで30万円の融資を受けることは可能です。

また、どうしても今の状態で30万円借りたいようであれば、総量規制対象外の銀行系カードローンに申込めば借りることはできます。ただし、消費者金融に比べると審査も厳しく、審査の結果を得るまでに時間もかかります。大至急30万借りたいと思っている方にとっては、難しい結果となりそうです。

30万をお得に借りる方法とは?

30万円の借入であれば、多くの消費者金融では収入証明書の提出は不要のため、本人確認書類のみで借入可能となります。そのため、その日のうちに借りることも可能です。

では、30万を少しでもお得に借りるためにはどうしたらよいかについて、解説したいと思います。

「無利息期間サービス」を使いながら利息を0円で借り入れる!

それは、各消費者金融が実施している「無利息期間サービス」を利用するのです。この「無利息期間サービス」は、はじめて利用する方を対象としてある一定期間利息が0円になります。そこで、それぞれどの消費者金融が実施しているのか、その特徴を表にしてまとめてみました。

消費者金融名 無利息期間 適用開始日 利用回数 利用条件
プロミス 30日間 借入日の翌日から30日間 ポイント利用で何度でも ・初めての利用
・メールアドレスに登録
・Web明細に登録
アコム 30日間 契約日の翌日から30日間 初回限定 ・初めての利用
・返済期日が「35日ごと」
アイフル 30日間 契約日の翌日から30日間 初回限定 ・初めての利用
SMBCモビット 実施していない

この結果、プロミスが一番お得に借りられるのがわかります。プロミス以外の消費者金融では、適用開始日が全て「契約日の翌日から」になっています。プロミスの適用期間は「借入日の翌日から」になるため、借入計画や返済計画をしっかり立ててから借入できるのが魅力です。

またプロミスでは、ポイント制度というのがあり、そのポイントを貯めることで一定期間無利息でキャッシングを利用できるサービスがあります。この何度でも利用できるポイント制度を実施している消費者金融はプロミスただ一社のみです。

このポイントは、毎月初回インターネット会員にログインするだけで10ポイントもらえたり、収入証明書類の提出で160ポイントももらえたりするため、知らない間に貯まっていきます。そのため、初回のサービスが終わり、次に借入したい時にとっても便利でお得な方法と言えるでしょう。

30万を大至急借りる手順とは?

30万を急いで今日中に借りるには、Web申込みと自動契約機へ出向く方法を組み合わせることをおすすめします。

具体的には、Webから申込み、審査結果が出た段階で自動契約機へ出向いてカードを発行してもらいます。振込キャッシングの方法だと、銀行営業時間の数時間前には申込みが完了していなかれば、その後の審査や契約まで間に合いません。

また振込キャッシングは自分の口座に振り込んでもらった後に、提携ATMから現金を引き出す形になります。もしも現金を手元に置きたい場合、「振込 → 引出し」の2工程を行わなければならないため、手間と時間がかかります。

その点、自動契約機へ行ってカードを発行してもらえばすぐにその場でキャッシングすることも可能です。その点からも、Webから申込んだあとに自動契約機へ行くのが大至急借入できます。

30万を大至急借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性30万をお得&大至急借りるには、無利息サービスを実施していて自動契約機が設置してある消費者金融をおすすめします。その中でも、特に無利息がMAX利用できる、自動契約機設置業界No1のプロミスが一番です。

プロミスなら50万円までなら収入証明なしでキャッシングできます。土日平日、深夜も関係なく大至急お金を借りられます。

プロミスの公式ページはこちら

過払い請求後の借り入れは可能か?【※キャッシングの場合】

過払い請求後の借り入れは可能?

女性信用情報機関に事故情報記載がなければ、断然プロミス!

過払い請求後、借金が0なら借入は可能です!プロミスなら滞納情報が解決すれば、申込み可能、審査回答も早く最短即日融資を受けられます。
 ↓  ↓  ↓   
>>プロミスからお金を借りる

 
 

過払い請求後の借り入れは、できる場合とできない場合がある

結論を先に言えば、過払い請求後の借り入れは可能です。

ただし、全ての場合において、借入ができるのかと言えばそうではありません。出来ない場合もあります。ではどんな場合にできるのか、できないのかを詳しく解説します。

債務整理は事故情報として扱われる?

最近、テレビやラジオでも大々的に「払ったお金を取り戻す」というようなキャッチフレーズのもとで過払い請求について放送しているため、耳にする方も多いのではないでしょうか。

あれだけ何度も過払い金請求のCMが流れてくると、「ひょっとして自分も戻ってくるんではないか・・・」という気にもなってきます。しかし、過払い金請求の行為は、「債務整理」の一つであることをご存じでしょうか。

債務整理とは?
今現在残っている借金の返済が困難になったとき、借金の額を減らし、重い金利から解放するために法的な手続きを行うことをいいます。

 
借りたお金を既に完済した上で過払い金請求を行うのであれば、債務整理扱いにはならず、自分の個人情報に傷がつく(いわゆるブラックリスト・事故情報という)ことはありません。

しかし、キャッシングを利用・返済している状況のもとで、もしも過払い金請求を行った場合、戻ってきた過払い金が思ったほど少なく、借金が0にならなければ、それは過払い金請求ではなく債務整理の中の任意整理という扱いになり、個人情報はブラックリストとして登録されてしまうのです。

もしもブラックリストに載ってしまうと、銀行からも消費者金融からも一切借り入れはできなくなります。つまりは、新たにローンを組むことやクレジットカードの審査が通りにくくなります。そして、事故情報としてブラックリストに載ってしまえば、今後5年間は一切借入できないことになります。

例え今、借金を返済中でも、もしも取り戻した過払い金で残っている借金が返せるのであれば、ブラックリストにのることもなく、今後の借り入れにも影響はありません。

完済済みの過払い金請求後の借り入れは可能

既に完済した場合であれば、同じ任意整理であっても結果的には事故情報としては扱われません。

一つデメリットを言うのなら、過払い金請求をした貸金業者へは新たな借入やクレジットは申込めなくなります。しかし他の貸金業者は借り入れの申し込みはできます。従って、特に問題になることはありません。

過払い金を請求した場合の信用情報・今後の借入の変化
現在の状況 手続き後の状況 信用情報の状態 今後の借り入れ有無
借金なし(完済済) 借金0円(過払い金返金にて解決) 完済済 → 完済済
借金あり(返済中) 借金0円(過払い金返金にて解決) 返済中 → 完済
借金あり(返済中) 借金が残り、返済を組み直して解決 返済中 → 債務整理 ×(5年間一切借入NG)

借金が残らなければ、滞納情報が解決した時点で借入可能

上記表のように、過払い金請求しても借金が残らなければ、再度別会社のキャッシングを申込んでも何ら影響はありません。特にプロミスでは、過払い金請求を行うことで滞納情報が解決されれば、情報の削除を行っています。
 
プロミスでお金を借りる