「目的別のキャッシング」カテゴリーアーカイブ

1万円を即日融資してくれる金融会社は?※親切・丁寧なカードローン

1万円即日融資してくれる金融会社教えます!

女性1万円だけでいいからキャッシングしたい時ってありますよね?

今すぐ借入れしたい人におすすめ
審査が早く、当日融資も可能、無利息サービス利用で1万の元金だけ返せばOKのプロミスは、少額融資に最も適した金融会社です。

プロミスの1万円以下専用ページはこちら

 
 

銀行カードローンと消費者金融、1万円即日融資してくれるのは?

お金を借りる主な金融会社には、銀行カードローンと消費者金融がありますが、1万円を即日融資したいのであれば、銀行カードローンよりも消費者金融で借りるのがおすすめです。

なぜならば、銀行系カードローンは1万円以下での少額融資での取り扱いがないことが挙げられます。実際、銀行カードローンがいくら以上で取り扱ってくれるかどうか、調べてみた結果を表にしてまとめてみました。

金融会社 最低借入れ限度額 最高利用限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン 10万~ 500万まで
みずほ銀行カードローン 10万~ 800万まで
三井住友銀行カードローン 10万~ 800万まで
オリックス銀行カードローン 10万~ 800万まで
東京スター銀行カードローン 10万~ 800万まで
住信SBIネット銀行カードローン 10万~ 1,200万、800万まで/プレミアム、スタンダード
楽天銀行カードローン 10万~ 800万まで
ソニー銀行カードローン 10万~ 800万まで
横浜銀行カードローン 10万~ 1,000万まで
新生銀行(レイク) 1万~ 500万まで
イオン銀行カードローン 30万~ 800万まで
プロミス 1万~ 500万まで
SMBCモビット 1万~ 800万まで
アイフル 1万~ 500万まで
アコム 1万~ 800万まで

表を見てもすぐに分かると思いますが、銀行カードローンで唯一1万円から融資を受け付けてくれるのは、新生銀行カードローン レイクのみです。

その他の銀行カードローンは、全てが最低10万円からの借入額となっています。

即日融資OKで、親切・丁寧な金融会社とは?

あなたは「親切・丁寧な金融会社」とは、どのような金融会社を思い浮かべますか?

「親切・丁寧」とは、借入申込する人に対して優しい会社が一番理想です。その点、上記のような赤色の金融会社は、私たちユーザーにとってとっても親切な金融会社と言えます。

理由として次の点があります。

・少額融資で借入できるから、審査もより有利になる!
・提出する書類が最低限で済む!
・即日融資可能で、すぐにキャッシュとして手に入れることができる!
・無利息サービス実施している金融会社がほとんどで、利息を払わずお金を借りることができる!

 

銀行カードローンは確かに、銀行だから安心して借りることができるし、聞こえが良いのも事実です。

しかし、実際に借りたことのある管理者から言わせてみれば、銀行の方がよっぽど私たち申込者に対しては優しくありません。そしてサービスが悪いのも事実です。

その点、消費者金融はお金を借りたい人の考えに沿った融資を行ってくれます。無利息サービスを実施しているのも大きな違いでしょう。

銀行の審査基準は消費者金融よりも厳しいのが事実です。そのため、当然ですが1万円だけ借りるのと、10万円借りるのとでは審査の厳しさは当然違ってきます。また、銀行カードローンは審査の結果が出るまで数日かかることが多いため、即日融資にはあまり適しません。

そのためにも、1万円借りたいのであれば、消費者金融の方が良いと言えます。

1万円即日融資、おすすめの金融会社は?

1万円を即日融資するのであれば、即日融資対応可能で、無利息サービスを実施しているところが一番です。

下記は、無利息サービスを実施していて、1万円の少額融資でも対応可能な金融会社です。表からもお分かりの通り、SMBCモビットは1万円の借入はOKですが無利息サービスを実施していません。

1万円以下借入 適用期間 無利息期間 利用回数
新生銀行カードローン レイク
契約日の翌日から 30日・180日 初回限定
プロミス
初回借入日の翌日から 30日間 ポイント利用で何回でも
アイフル
契約日の翌日から 30日間 初回限定
アコム
契約日の翌日から 30日間 初回限定
SMBCモビット
実施していない

この結果、キャッシングを行った翌日から30日間無利息で借入でき、ポイントを集めることで何度でも利用できるプロミスを一番におすすめします!

そしてプロミスなら自動契約機を利用しながら、当日融資ができます。平日休日関係なく、連日21時、もしくは22時まで営業しています。しかし、審査に30分〜1時間程度は時間がかかることを考慮すると、遅くとも20時くらいまでには申込みすることが重要です!

ポイント
・1万円を即日融資するなら、銀行より消費者金融がおすすめ!
・さらに、借入日の翌日から無利息サービスが利用できるプロミスがおすすめ!

1万円を即日融資で借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性一番おすすめの金融会社はプロミスです。

1万円の少額キャッシングなら、無利息サービスを利用しながら、元金だけの返済で済むプロミスがおすすめです!
 

プロミスの1万円以下専用ページはこちら

 

総量規制とは?お金を借りるためのこれだけは知っておきたい必須事項!

総量規制を詳しく知る

女性総量規制は、今度お金を借りたいと思っている方であれば今後よく見かける言葉です。

この総量規制の制約によって、「借入OKかNG」かを先ず判断するのと、借入金額によっては必要提出種類の有無も非常に重要になってきます。申し込まれる前にこのページを読んで、ぜひ参考にしてみてください。

<当サイトがおすすめする総量規制対象の消費者金融>
プロミスの公式ページはこちら

総量規制とは?

「総量規制」という言葉は、今後借入したいと考えている方であれば、必ずどこかで出てくる機会があり、絶対に知っておいた方が良いワードです。

総量規制は、2010年6月に「貸金業法」というお金を借りるための法律が変わったことで導入された、新しいルールみたいなものです。過剰な借入を防止する目的でこの法律は作られたのですが、簡単に言うと、年収の1/3までしかお金を借りることができません。

つまり総量規制が作られたことで、例えば300万円の方は、その3分の1である100万円までしか借入ができないようになったのです。

総量規制が制定されたことで金融会社に与えた影響とは?

総量規制法が制定される以前の金融会社、特にプロミスやアイフル、アコムなどの消費者金融は、出資法によって上限金利が2000年に、39.931%から29.2%に引き下げられたこともありますが、それまでは消費者金融にとってはぼろ儲けの時代でした。

さらにその当時の消費者金融の審査は、

・早い
・簡単
・ゆるい

この3拍子が揃ったほど、自社独自で好きなだけ貸し付けができたため、「法律の抜け穴」をくぐり抜け、今の金利とは考えられないような高金利で貸し付けを行っていたのです。

ところが2010年に、法が改正され、グレーゾーン金利が廃止されたと同時に、総量規制法が制定されたことで、年収の3分の1に借入を制限され、債権者である消費者金融は大きな痛手を受けました。

大きな痛手とは貸金業法により、消費者金融は総量規制の制約を受けることになったのです。主な制約とは、次のものが挙げられます。

1.利用者の収入確認や年収を確認すること
2.収入証明書提出の必要性
  1社から50万円を超える借入を希望した場合
  他社との借入合計額が100万円を超える場合

上記の制約によって、金融会社は申込みした利用者に対して他社の借入額も厳重に調査しなくてはいけなくなったのです。

そして更に収入証明書の提出は申込みの時だけではなく、ある間隔をもって定期的に行うことを義務とされ、常に利用者の利用額を管理しなくてはいけない義務を負うようになったのです。

総量規制の対象となるのはどこ?銀行は?

総量規制の対象となるのは貸金業者と名をつく、「消費者金融会社」「クレジットカード会社」「信販会社」などが対象となり、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫、農協その他の国の教育ローンなどは総量規制の対象外となります。

総量規制を理解してお金お借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性総量規制は年収の3分の1までしか借入できません。

しかし、それ以上もしも借入できたとしても、ただ単に借入先を増やすだけで借金はなくなりません。そのため、年収の3分の1を超えるような大金を借りる事はできれば避けた方が無難です。

<当サイトがおすすめする総量規制対象の消費者金融>
プロミスの公式ページはこちら

美容整形でお金を借りる方法とは?【お得に借りる!】

美容整形費用をどうしても借入したい時のベストな方法を教えます!

女性美容整形でお金を借りたいのであれば、医療ローンがあります。しかし、医療ローンは審査が厳しい上に、提出する書類も多くなりがちです。

カードローンであれば、審査結果も早く、必要書類は本人確認書類(免許証)のみ!
 

プロミスの無利息サービスは、業界No1.のサービスを提供しています。適用期間が30日MAXで利用できるのが魅力の消費者金融です。
(注)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 
プロミスの公式ページはこちら

 
 

医療ローンの審査は厳しい?美容整形の高額医療費を借りるには?

美容整形は、施術によっては10万円~50万円もかかる、決して安くはない費用です。

しかし、美容整形を受けたい。こんなときのために利用されるのが医療ローンです。医療ローンは病院でかかった費用が高額で、一括で支払うのが困難な場合に分割で返済できるローンサービスのことを言います。

医療ローンはメディカルローンとも言われ、治療を受ける病院やクリニックの窓口で申し込んで提出するだけで簡単に受付を済ますことができます。審査は病院やクリニックが提携している金融会社による審査を受けることになります。

銀行では、医療ローンを取り扱っています。例えば、みずほ銀行では医療ローンといった固定のローンがない時は、多目的ローンとして利用することができます。

他にも三井住友銀行や住信SBIネット銀行でも美容整形の費用としてローンを申し込むことができます。しかし、こういった銀行の場合は、確かに高額で借りれば借りるほど金利もかなり低くお得になりますが、審査基準はその分厳しくなります。

また、審査時間も数日要することも多いため、即日で借りることは先ず難しくなります。

医療ローンの審査は必要書類が多い上にハードルが高い?!

医療ローンは、通常のカードローンよりも提出しなければばらない書類が増える傾向にあります。多くの病院やクリニックの医療ローンの場合は、平均して次のような書類の用意が必要です。

本人確認書類 運転免許証、パスポートなど
所得証明書 収入証明書、源泉徴収票、納税証明書など
資金使途確認書 融資した金額の利用使途を証明するもの

 
資金使途確認書は、通院している病院やクリニックが発行している書類で、医療にのみ使用したという証明書になります。

このように、医療ローンによっては本人確認書類の提出はもちろん、その他に所得証明書の提出を求められる上に、資金使途確認書である「入院費用請求書」や「治療契約書」などの書類も必要になる場合があり、カードローンに比べるとその負担もかなり大きくなります。

では、医療ローンをスムーズに借りるために、どんな審査ポイントを意識すればいいのでしょうか。それは主に次の3点あります。

安定した収入があること

これは医療ローンに限ったことではありませんが、安定した収入がないと、当然審査には不利になります。収入とは、収入の多い少ないは関係ありません。

重要なのは、「毎月安定した収入があるかどうか」です。

そのため、会社員はもちろん、派遣社員やパートの方でも申込可能の能性が十分にあります。しかし、日雇いや単発でのアルバイトをしている方は、審査に落ちてしまう可能性があります。

勤続年数

勤続年数は長ければ長いほど審査には有利になります。これは、どうしても勤続年数が短いと、次もまたすぐに辞めてしまうのではないか・・・と思われるからです。

何度も転職を続ける人よりも、同じ職場で長く勤めている方の方が確実に返済してもらえる可能性は高いと判断できる結果から、勤続年数は審査を行う上で高いポイントとなります。

他社への借入状況

他社での借入れが多いと、審査には不利益となる可能性が高いです。

他社借入の件数は多ければ多いほど、1社から借りることができなかったから他にも借りたと判断されてしまい、審査にあまり良い影響を受けません。また、借入総額も貸金業法の総量規制が関係するため、年収の3分の1までしかローンの利用ができません。もちろんこれは、他社からの借り入れも含めての総額になります。

そのため、もし他社から数件借り入れをしていて、今回医療ローンを利用した場合、年収3分の1を超える借入であるなら融資の利用はできないと考えていた方がいいでしょう。ただし、この総量規制は消費者金融や信販会社に当てはまることであり、銀行でのローンであれば、総量規制の対象外にあたるため、例え年収の3分の1を超えた融資でも、借入できる可能性は十分にあります。

美容整形を受けるためにお金を借りるには?

美容整形の医療費を目的としてローンを組むのであれば、医療ローンよりも一般的なカードローンで借りることをおすすめします。

一般のカードローンは、さまざまなローン会社から金利や返済方法を選べ、それも当日中、その日のうちに医療費を手にすることができます。

プロミスやアイフルなら無利息期間というサービスがあり、ある一定期間利息が0円になるカードローンがあります。

無利息サービスについて、詳しくは「キャッシング無利息サービス徹底比較!」をご覧ください。

 
最もおすすめするプロミスの公式サイトはこちら
 
 

ガス代が払えない!滞納するとどうなる?【今すぐ借りる方法】

ガス代がどうしても払えない時の対処方法を教えます!

女性公共料金の支払いに困ったときは、各消費者金融が実施している、無利息サービスを利用するのが断然おすすめです!
 

一番やってはいけないことは、そのまま放っておくことです。放っておいても、良いことは何もありません。

そのためにも先ずは支払うことを優先に考えた方が良いでしょう!

プロミスは、業界No1.と言われるほどのユーザー目線で考えられた無利息サービスを提供しています。適用期間は30日まるまる利用できるため、ムダなく利息0円を実現することができます。

 
プロミスの公式ページはこちら

 
 

実際にガスが止められるのはいつ?支払期限と閉栓時期

ガス代は、支払期限を過ぎてから実際ガスが止まるまでの間、どれくらいの猶予期間があるかと言うと、ガス会社によってまちまちですが、だいたいのところで20日後だと思っておいた方が良いでしょう。

ガス料金は検針や検針日、ガスの使用量を算定するため、毎月1回検針が行われます。この検針は各ガス会社が定めた日に行われます。

支払期限は検針日の翌日から30日目、そして支払期限の20日が過ぎた頃にガスが止められます。そのため、「30日目+20日=50日」以内に支払わないと、閉栓作業に入る会社が多いようです。

ガスが止められるまでの流れ

例えば、6月5日に検針が来たとします。この時点で、先月5月分のガス代が決定します。

そして、支払期限は6月5日の30日後である、7月4日になります。もしもこの時点に支払いできなかった場合、当月中の7月中旬頃に「ガス供給停止のお知らせ」と書かれたハガキ(供給停止予告書)が自宅に届きます。

内容は、「〇月〇日ガスの供給を停止します」と具体的な日にちが書かれています。その期日まで支払いをしなかった場合、ガスの供給がストップします。

ガスの供給がストップした場合

ガスの供給がストップし、その後再開をお願いした場合には、ガスの開栓が必要となります。

立会いをお願いされることもある

その際に、再開栓の時には立会いをお願いされることもあります。

なぜならガス漏れ検査や点火確認を行う為に、ガス会社の方が居室内へ入る必要があるからです。

再開栓手数料が必要になる

ガスの再開栓にはガスメーターの開栓手続きが必要になり、人手や手間が掛かります。そのため、供給再開を行う場合、手数料が必要となります。

ガス会社によって手数料は各々差がありますが、おおよそ1,000円~3,000円かかるところが多いようです。

すぐに再開栓できるとは限らない

また供給再開は、土日祝日やガス会社の営業時間外は受け付けていません。ほとんどのところで平日、時間も17時までのところがほとんどです。

そのため、時間帯や場合によっては翌日以降、もしくは翌営業日以降の開栓となってしまいます。

ガス料金の滞納におけるデメリット

ガス料金を滞納することで、上記のように時間と余分なお金がかかってしまうばかりでなく、さらに不利益となるような問題が出てきます。それは次のようなことがあげられます。

ガス料金に対する延滞遅延金が発生する

ガス料金の支払いを支払期日までに払わなかった場合、経過日数に応じて延滞遅延金が発生します。延滞遅延金もガス会社によって異なりますが、1日あたり0.0274%、年率だと約10.0%の利率を請求されることが多いです。

例えば下図は「東邦ガス」での例ですが、東邦の場合もその経過日数に応じて、1日あたり0.0274%の延滞利息が請求されます。ただし、支払期限日の翌日から10日以内に支払えば、延滞利息を請求されることはありません。

東邦ガスの延滞遅延金

具体的な遅延損害金
実際の遅延損害金が発生した場合の、具体的な支払金額の計算式は次のようになります。

税抜ガス料金 × 利率(年率) × 経過日数 = 延滞利息

 
例えば税抜ガス料金が5,000円、30日延滞した場合を考えてみます。上記の計算式であわせてみると、

5,000円 × 利率(年率10.0%) ÷ 365日 × 経過日数(30日) = 約41円/日

延滞利息は41円となり、1日数十円ほどですが、あっと言う間に数十日経過したらそれだけ利息も多くなり、バカにはできません。少しでも早くの返済をした方が良いということになります。

個人信用情報機関にブラックリストとして登録されることもある

口座振替で支払っているのであればいいですが、もしもガス料金をクレジットカード払いで払っている場合は要注意です!

クレジットカード払いは、もしも遅延・延滞が3か月以上続いた場合、その延滞履歴が自分の「個人信用情報機関」に載ってしまいます。それはすなわち、よくいわれる「ブラックリスト」と呼ばれるもので、3カ月連続で引き落としできなかった場合や、債務整理や自己破産などの金融事故をおこした時に記録として登録されます。

もしもブラックリストに登録されると、住宅や車のローンを組むときに影響が出るため、気を付ける必要があります。

どうしてもガス料金が払えないときはどうしたらいい?

ガス料金は支払いを滞ると、今後のローンにも大きく響いてしまうことがあります。そのため、すぐに支払いできない時は何かしら対処方法を考えた方が良いでしょう。

まず第一の対処法としては、親や知り合い、友人から借りる方法があります。しかし、親や友人はお金のことでもめると、後々深い溝を作ってしまう恐れもあります。できることなら、第三者から借りる方が代償を利息を払うことで解決できるため、銀行や消費者金融から借りる事をおすすめします。

特に、消費者金融では、ある一定期間の間、利息0円で借入可能なところもあります。多くの消費者金融では、無利息期間が30日もあるため、上手に利用すればガス代も支払い、利息なしでお金を借りることができます。

また、特に下記のおすすめする消費者金融では、その日のうちに融資もしてもらえます。(申込み時間によっては翌日となる場合もあり)

消費者金融名 サービス内容
プロミス 初めての方、30日間利息0円。しかもポイント利用で何回でも利用可。
アイフル 初めての方、30日間利息0円
プロミスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

無利息サービスについて、詳しくは「キャッシング無利息サービス徹底比較!」をご覧ください。

 
最もおすすめするプロミスの公式サイトはこちら
 
 

【キャッシング】パート・アルバイトでも借りれる?審査基準に注意!

パート・アルバイトでも借りれる人気のカードローン教えます!

女性パート・アルバイトでも安心してキャッシングできるのは、銀行カードローンよりも消費者金融です。消費者金融なら、審査も早く、審査も有利!

パート・アルバイトでも安定した収入さえあれば、安心して借りることができます。プロミスレディースなら女性専用なので、主婦でも申し込みやすく安心です。

プロミスレディースの公式サイトはこちら

 
 

パート・アルバイトの方がキャッシングを可能にする方法

パートやアルバイトがキャッシングを申込むことは難しいと思っていませんか?キャッシングは確かにハードルが高いというイメージがありますが、実際はそんなことはありません。

年収の多い少ないは関係なく、「毎月安定した収入」があれば、お金を借りることはできるのです。今回は、パートやアルバイトが審査に通過するにはどんなことに気を付けたらいいのかをお伝えします。

パート・アルバイトが審査に通るための基準や借入条件とは?

パートやアルバイトの方が審査に通過するためにはどんな点に注意しなければならないのでしょうか。いくつかの疑問点から見てみたいと思います。

年収はどれくらい必要なの?

キャッシング申込みをする上で、必ずなくてはならない条件は「収入」です。収入がない方では、将来に渡って返済するあてがないため、審査に通過することはできません。

ではいったいどれくらいの収入(=年収)があれば、審査に通るのでしょうか。

パートやアルバイトの方以外の正社員や派遣・契約社員の方もどれくらいの収入(=年収)があればいいのか気になることと思います。しかし、じつは年収の多さはあまり審査には影響しません。

「えっ?」と思われるかもしれませんが、キャッシング申込みにおいては、年収の多さよりも「毎月収入が入るかどうか」安定性の方が重要なのです。そのため、例え年収が少なくても毎月収入が入ってこれば、審査に通過することはできるのです。

勤続年数はどれくらいあればいいの?

勤続年数は、先ほどの「安定した収入」の次に、審査に大きく影響してきます。

勤続年数は、一般的には1年以上が望ましいです。もしも年数が短いと、どうしてもキャッシング会社はすぐに転職したり離職して収入が不安定になるだろうと、想定します。収入が不安定になったり、もしかして無収入になれば、貸したお金も返してもらえません。

そうなれば、キャッシング会社も借り倒れのリスクが大きくなり、倒産の危機に追い込まれてしまいます。そういった意味でも、勤続実績が1年間以上である方がよいでしょう。1年ないとしても、少なくとも半年以上は勤務していないと審査に通過することは厳しいと考えておいたほうがいいでしょう。

パート・アルバイトはどれくらい借入できる?

キャッシング申込みには、銀行から借入する方法と、消費者金融から借入する方法があります。

銀行カードローンは、銀行独自の法律「銀行法」があるため、貸付けに対する制限がありませんが、消費者金融の場合は、賃金業法による総量規制の影響で、年収の3分の1を超える貸付けができません。

一見すると、借入制限のない銀行から申込んだ方がいいのでは?と思われるかもしれませんが、銀行カードローンは、審査も厳しく、審査にかかる時間もかかるため、パートやアルバイトの方が借入するには的確ではありません。

銀行カードローンと消費者金融との違い
項目 銀行カードローン 消費者金融
安心感・イメージ 安心、良いイメージ なんとなく不安、良くないイメージ
金利 低め 高め
融資額 小口から大口融資まで 小口融資中心
借入額 最大限度額までOK 年収の1/3までに限る
審査スピード 2~3日、遅いと数週間 最短30分多数あり・即日OK
審査の難易度 厳しめ 銀行よりは有利
総量規制 対象外 対象

上表にもあるように、消費者金融であれば審査も早く、銀行カードローンよりは審査が有利なため、消費者金融を中心に話を進めていきたいと思います。

パート・アルバイトが初めて利用する場合、いくら借りられる?

パート・アルバイトの方が消費者金融で借りる場合、年収の3分の1の借入制限があるため、例えば年収90万円あるのであれば、その3分の1である30万円までが借入できる融資額となります。

しかし、いくら総量規制で年収3分の1までOKと言えども、いきなり30万円を貸してもらうことは難しいでしょう。はじめは殆どの場合で、5万円や10万円といった少額での限度額からスタートする可能性が高いと考えておいたほうがいいでしょう。

最初は少なくても、返済期日を守って支払い続けることで、あなたとキャッシング会社と「信用」が築けます。そうすることで次第に借入限度額も上がってきます。

パート・アルバイトも在籍確認はある?

パート・アルバイトの方も、他の会社員や派遣会社の方と同じように、在籍確認の電話連絡は行われます。在籍確認の電話連絡は、パートやアルバイトの方に限らず、実は一番避けて通りたいと思っている方がおいのですが、残念ながらこの在籍確認の電話は、避けては通れません。

審査を進める上で非常に重要な項目となっています。しかし、消費者金融の場合、電話をかけてきたキャッシング会社は個人名でかけてきてくれるため、誰からかかってきたのか周りの人に悟られることはないでしょう。

もしも自分がお休み、あるいは席を外していたとしても、本人がその会社で働いていることがわかればそれだけで在籍確認は終了します。あれこれ聞くこともありません。そのため、それほど神経質になる必要もないでしょう。

パート・アルバイトの方がキャッシングする方法のまとめ

キャッシングできた女性パート・アルバイトでも毎月安定した収入さえあれば借入れできます。

その中でも特にプロミスは、女性専用サービスのレディースキャッシングがあるため、はじめてキャッシングを申込む方も安心して利用することができます。プロミスなら、他サービス(無利息)も充実、他社よりお得なのはもちろん、利用しやすさもバツグンです。

プロミスレディースの公式ページはこちら

 
 

【キャッシングやり方】基本的な借入方法と流れ!※初心者編

キャッシングするための借入方法と流れ

女性キャッシングをするにはどうすればよいのか、そのやり方と借入方法について、消費者金融での流れを中心にお伝えします。

銀行とノンバンクの違いとは?

お金を借りる手段として、大きく分けると銀行とノンバンク(消費者金融や信販会社)の2つに分けられます。

銀行とノンバンク、2つの大きく異なる点は、「総量規制の対象か対象外か」の違いです。銀行は総量規制の対象外なのに対して、ノンバンクは総量規制の対象になります。

総量規制とは?
賃金業法で定められた、個人の借入総額が、年収の3分の1を超えた貸付けをしてはならないという法律です。

 
例えば年収360万円の方であれば、その3分の1である120万円までしか借りられないということになります。銀行は、銀行独自の法律「銀行法」があるため、総量規制の対象外です。

この規制ができたことで、借り入れに対する制限が厳しくなりました。しかし裏を返せば、総量規制は多重債務に陥る人を守ってくれる法律なのです。

消費者金融の借入方法には何がある?

消費者金融でキャッシングするやり方ついて、次にお伝えします。大手消費者金融「プロミス」「モビット」「アイフル」「アコム」の借入方法には主に次の5つの方法があります。

・ネットで振込キャッシング(口座振込)
・電話で振込キャッシング
・店頭窓口から借入
・各消費者金融ATMから借入
・提携ATMから借入(銀行・コンビニ)

この中で、一番借入が早いのは「ネットでの振込キャッシング」です。振込キャッシングは、どこの消費者金融でも24時間受付けています。しかし、受付時間に間に合わないと翌営業日の振り込みになることがあるため、即日の借入を希望している際には特に申込み完了する時間を注意しなければいけません。

消費者金融の申込から借入までの流れ

次に申込みから借入までの流れについて、お伝えします。まず、申込についてもこちらも主に次の5つの方法があります。

・インターネット
・電話
・郵送
・店頭窓口
・自動契約機

この中で対応が早いのが「インターネット」を使って申込みする方法です。インターネットからの申込は、環境さえあれば、パソコンでもスマホのどのデバイスからでも利用でき、24時間土日祝日関係なく、いつでもどこからでも申込可能です。

インターネットを使って申し込む方法の流れ

インターネットを使って申込むには、具体的に次のような流れで借入までできます。

1. 申込書に必要な情報を入力し申込み
2. 申込内容の確認連絡あり(メールもしくは電話)
3. 書類の提出(本人確認書類)
4. 在籍確認の電話が勤務先に入る
5. 審査結果の連絡あり
6. 契約完了
6. カード発行
7. 借入れ

インターネットからの申込は、店頭窓口にも自動契約機にも出向く必要がなく、自宅で誰にも会うことなく借入まで可能なため、家族に内緒でキャッシングしたい方におすすめな方法です。

上記の方法は、カードを発行してもらう方法です。通常カードは後日郵送してもらえますが、もしも平日の14時ごろまでに申込み完了し、審査が通過すれば、その日のうちに借入することができます。この場合は銀行での振込キャッシングとなるため、カードの到着を待たずに借入れができます。

平日14時以降や、土日祝日に申し込む方法の流れ

もしも、平日14時に申込みが間に合わない場合や、土日祝日に当日融資を希望する場合は、インターネットで申込み、仮審査の連絡が来た後に自動契約機まで出向いて契約・カード発行すれば、当日中に借入することができます。

実は、「ネット申込み+自動契約機でカード発行」の申込み方法の利用者が一番多いのです。この方法は、即日で借入できるたけでなく、カードを直接受け取ることができるため、家族にも誰にもバレることなくキャッシングできます。

キャッシングで申込みから借入までのやり方のまとめ

キャッシングできた女性平日なら余裕をみて、午前中にインターネットから申込みすれば、その日のうちに自分の銀行口座にお金を振り込んでもらうことができます。

もしも14時以降や土日祝日に借入したいのであれば、インターネットでの申込みのあと、自動契約機でカードを発行してもらい、借入するのが最も効率の良い方法となります。

人気の消費者金融

プロミスの公式サイトはこちら

 
 

自営業はキャッシングに不利なのか?【審査実態と現状を暴露!】

自営業がキャッシング審査に通過するための方法

女性自営業者はサラリーマンと比べると、どこも審査は厳しい目でみられてしまいがちです。

しかし、いきなり高額ではなく少額での融資で申告したり、事業計画などをアピール、常日頃の返済実績を積み重ねておくことで、はじめてでも十分にキャッシング会社に「信用」してもらうことができます。

自営業が審査に不利な理由とは?

自営業者は審査を行う上の条件として、有利か不利かと言えば、正直、不利と判断される属性となっています。確かに、自営業は会社員と違って大きく利益を生むチャンスがありますが、一方で「安定しない」「信用が低い」などと、特にキャッシング業界ではネガティブに見られる傾向にあります。

そのため、自営業の方は、自営業者の「年収」や「事業年数」がネックとなってきます。この2つの属性がキャッシング会社の基準に満たしてないと、まず審査に通ることは難しくなります。

銀行カードローンは自営業者には厳しい?

特に銀行カードローンでは、自営業に対する審査は相当厳しいものとなります。通常銀行カードローンは、消費者金融と比べると、収入証明書を求められるのは100万円以上の時がほとんどで、提出する必要はないのですが、自営業の場合は、100万円未満の希望額でも明書が必要になってくることがあります。

自営業に限らず、通常、アルバイトやパートの方でも審査に通るためには勤続年数は最低1年は必要です。しかし自営業の方は、アルバイトやパートと同じ勤続年数でいいと言えば、1年では厳しいでしょう。まず5年は必要です。

5年以上同じ事業をしているのであれば、審査に通過する可能性は極めて高くなります。銀行カードローンでは申込みする際は最低5年は「事業年数」が必要となるでしょう。

自営業が審査に通過するためのポイント

自営業者が審査に通過するためには、どのような点に気を付けたらいいのでしょうか。以下に重要点をまとめました。

・所得証明書類を予め準備しておくこと
・今後の事業計画がアピールできるよう事前に考えを練っておく
・信用実績を常日頃積んでおく

消費者金融では、賃金業法に定められている総量規制の影響で、次の場合に収入証明書の提出が義務付けられています。

・利用限度額が50万円を超える場合
・他の貸金業者からの借入の合計が100万円を超える場合

50万円以上の借入希望の場合、収入証明書の提出を求められます。しかし、自営業者の場合は、50万円以上の借入希望でなくても収入証明を求められることもあります。そのため、予め必要な書類は準備しておくことが必要になります。

その収入証明書類とは、一般的には「源泉徴収票」や「給料明細」などが認められています。しかし、自営業の方の収入証明書類はそのどちらも持ってないため、「確定申告書」や「納税証明書」などの公的な収入証明書提出が必要になります。

自営業者が審査に通過するためには、信用してもらえるかどうかが重要なポイントとなります。そのためにも事業計画書やその他アピールできるものがあれば、事前に考え準備しておくことが必要になります。バックに会社という有力な後ろ盾があるのと何もないのとで、これほど「信用」が違ってきてしまうのが現状です。

そのためにも、信用実績を常日頃積んでおくことが必要です。「信用実績」とは日常支払っているクレジット払いなどのことです。携帯の割賦払いなども遅延・延滞なく期日までにきちんと払っておきましょう。クレジット払いは個人信用情報にも記録として残ります。重度の延滞をすると、必ず記録として残り、今後の借入に大きく響きます。

くれぐれも支払いには気を付けるようにし、日々の信用実績を積んでおくことが大切です。

最短でお金を借りるベストな方法!【今すぐに必要な方限定】

最短でお金を借りられる消費者金融教えます!

女性今すぐ最短でお金を借りるなら断然プロミスが早い!

プロミスは審査スピードも即日融資も最も早い消費者金融の一つです。総合的に見るなら、プロミスを選べば問題ありません。

スピード融資でプロミスから借入する

 

最短でお金を借りる方法とは?

最短でお金を借りる、一番のポイントは次の3つがあります。

① 銀行カードローンよりも消費者金融で申込む
② インターネット(WEB)から申込む
③ 借入は銀行振込または自動契約機でカード発行してキャッシング
① 銀行カードローンよりも消費者金融で申込む

最短でお金を借りるには、銀行カードローンよりも消費者金融で借りることをおすすめします。

なぜなら、銀行カードローンと消費者金融では、審査の厳しさが違うからです。また、審査回答時間までのスピードも全然変わります。消費者金融の審査回答時間は平均して約30分ほど、対する銀行カードローンは、早くて当日中か2~3日後のところも平気であります。遅いと一週間かかることもあります。

銀行カードローンと消費者金融の違い
項 目 銀行カードローン 消費者金融
安心感・イメージ 安心、良いイメージ なんとなく不安、良くないイメージ
金利 低め 高め
融資額 小口から大口融資まで 小口融資中心
借入額 最大限度額までOK 年収の1/3までに限る
審査スピード 消費者金融より遅い 超早い・即日OK
審査の難易度 厳しめ 利用者の状況によって変動あり
総量規制 対象外 対象

審査の厳しさに関しては、消費者金融の方が有利です。消費者金融の通過率は平均して40~50%くらいのところが多いのですが、銀行カードローンは審査が厳しいと言われており、明らかにされていませんが、通過率は20%台とも言われています。

その点からも、何も審査が厳しく回答結果に時間が取られる銀行カードローンを選ぶよりも、審査が有利で通過率も高い消費者金融で借りた方が最短でお金を借りることができます。

② インターネット(WEB)から申込む

最短でお金を借りるには、インターネット(WEB)から申し込むのが一番早く借入できます。申込み方法には、来店や電話、郵送などの方法もありますが、インターネットなら24時間365日、どこからでも来店する必要なく、申込することができるからです。

そして消費者金融の中には、インターネットで申込みすることで、最短30分で審査結果が分かり、最短10秒で自分の口座にお金を振り込んでもらえるので素早く現金を手にすることができます。

インターネットで「申込み~借入」までの流れは次のようになっています。

  1. Web申込み

    申込に必要な情報を記載します。

  2. 審査

    審査回答と一緒に借入可能額も分かります。審査回答時間は「最短30分」のところが多いです。

  3. 必要書類の提出

    本人確認書類、収入証明書※(希望の借入額が50万円未満の場合は必要なし)

  4. 契約内容の確認

    契約内容が正しいかどうかをインターネット上で確認

  5. 借入

    平日14時までに手続き完了で即日融資が可能

※以下の場合については収入証明書の提出が必要になります。
・借入額が50万円を超える場合
・他社との利用残高の合計額が100万円を超える場合
③ 借入は銀行振込または自動契約機でカード発行してキャッシング

実際の借入では、もしも銀行の営業時間に間に合うのであれば、自分の口座に振り込んでもらうのがいいですが、もしも「間に合わない」「土日祝日にお金を借りたい」のであれば、自動契約機でカードを発行してもらい、キャッシングするのが最も最短でお金を借りる方法です。

次の表は、各消費者金融の自動契約機の数と営業時間をまとめました。

カードローン会社 自動契約機営業時間 無人契約機設置数
プロミス 9:00~22:00
(一部店舗は21時まで)
自社無人契約機:1200台以上
三井住友銀行ローン契約機(ACM):1400台以上
SMBCモビット 8:00~21:00 約350台
アイフル 9:00~22:00(店舗による) 約625台
アコム 8:00~22:00(店舗による) 約1066台

最短でお得にお金を借りることができるおすすめキャッシング

最短でお金を借りることができるのは、消費者金融4社全てにおいて対応しています。しかし、それ以上の「最短借入+お得なサービス」を加えると、次の順位となります。

プロミスがNo1になった理由は、最短審査はもちろん、最短即日融資を行うための利便性が最高です!自動契約機設置数は業界No1.であり、最短借入にプラスして、利息も0円にしてくれるお得なサービスも消費者金融の中では断トツに有利だからです。

おすすめ度 消費者金融名 審査時間 実質年率 借入限度額 30日無利息サービス
1位 プロミス
(レディースキャッシング)
最短30分 3.0%~18.0% 1000円~800万円 借入翌日から※
2位 アイフル 最短30分 4.5%~18.0% 1万~800万円 申込翌日から
3位 SMBCモビット 最短30分 3.0%~18.0% 1万~800万円 なし
4位 アコム 最短30分 3.0%~18.0% 1万~500万円 申込翌日から
プロミス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
SMBCモビット:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

最短でお金を借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性最短1時間融資を実現できるカードローンはプロミスです!プロミスなら、審査最短30分、借入時間も最短1時間を可能とします。

プロミスの公式サイトはこちら

すでにプロミスで借入みの方も、最短借入可能なアイフルなら安心してその日のうちに融資を受けることができます。

アイフルの公式サイトはこちら

 

すぐにお金を借りる方法教えます!【※スピード優先】

すぐにお金を借りる方法と消費者金融教えます!

女性すぐに借りるなら一番プロミスが早い!

プロミスは金利も低く、審査スピードが最も早い消費者金融の一つです。自動契約機の設置数はNo1!無利息サービスも一番お得!プロミスを選べば問題ありません。

プロミスから今すぐ借入する

 

すぐにお金を借りる方法

すぐにお金を借りることができるのは、結論から言えば、銀行カードローンよりもどちらかと言えば、消費者金融です。消費者金融は「安心?」「金利が高いイメージ」「取り立てが怖そう」などのネガティブなイメージを持つ方がいらっしゃいますが、実際は全くそんなことはありません。

今ではどこの消費者金融もバックに銀行がついているため、決して怪しいこともなくむしろ安心して利用することができます。

すぐにお金を借りるためのカードローンの選び方

すぐにお金を借りるには、まずは次のような条件をクリアしているカードローンを選ぶことがポイントとなります。

① 審査回答が早く、即日融資可能なカードローンを選ぶこと!
② 金利が低いカードローンを選ぶこと!
③ 無利息サービスを実施しているカードローンを選ぶこと!

この上記③つの条件に当てはまっている数が多ければ、すぐにお金を借りることができるでしょう。そこでいくつかの金融会社を調べてまとめてみました。

① 審査回答が早く、即日融資可能なカードローンを選ぶこと!

下の表は、審査回答までの時間や、Webで申し込んだ場合の融資のタイムリミットや提携銀行をまとめてみました。

金融名 審査スピード 審査可能時間 Web申込み即日融資タイムリミット 振込キャッシングまでの時間 提携銀行
プロミス 最短30分 9:00~21:00 平日14:00までに契約完了 最短10秒振込 三井住友銀行
ジャパンネット銀行
SMBCモビット 最短30分 9:00~21:00 平日14:50までに契約完了 「Myモビ」利用で最短3分振込 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
アイフル 最短30分 9:00~21:00 記載なし なし
(独立系消費者金融の為)
アコム 最短30分 9:00~21:00 平日14:00までに契約完了 1分振込 楽天銀行
新生銀行カードローンレイク 最短即日 9:00~21:00 平日14:00までに契約完了 最短即日 新生銀行

これによると、口座を持っている銀行があれば、振込キャッシングを利用すれば、24時間曜日関係なく自分の口座に振り込んでもらえます。もしも各銀行口座を持っていなくても、「Web申込み即日融資タイムリミット」にある時間までに申込みしていれば、その日のうちに借入することは可能です。

もしも銀行での振込時間に間に合わないようでしたら、自動契約機へ行って申込みする方法があります。そこで、自動契約機についても何時まで営業しているかを下記にまとめました。

金融名 自動契約機営業時間 自動契約機設置数
プロミス 9:00~22:00
(一部店舗は21時まで)
自社ローン契約機1200台以上
三井住友銀行ローン契約機1400台以上
SMBCモビット 8:00~21:00 約350台
アイフル 9:00~22:00(店舗による) 約625台
アコム 8:00~22:00(店舗による) 約1066台
新生銀行カードローンレイク 8:45~24:00(平日土曜)
8:45~22:00(日曜祝日)※
700台以上

※初めての利用者の当日融資は21時まで

SMBCモビット:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

自動契約機を利用すれば、銀行の営業時間以外でも申込み可能なため、即日融資も可能です。ただし、ほとんどのところで審査受付可能な時間は21時までとなっているため、即日融資を希望するのであれば、遅くてもその1時間前の20時、出来ることならそれよりももっと早めに申込みすることをおすすめします。

② 金利が低いカードローンを選ぶこと!

金利は少しでも低い方が利息の負担も少ないため、選ぶのなら低いほうがいいでしょう。

カードローン名 金利(実質年率)
プロミス 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
アコム 4.7%~18.0%
新生銀行カードローンレイク 4.5%~18.0%
③ 無利息サービスを実施しているカードローンを選ぶこと!

無利息サービスを実施している金融会社は、SMBCモビット以外すべてサービスを行っています。

金融名 無利息期間 適用開始日 利用回数 利用条件
プロミス 30日間 借入日の翌日から30日間 ポイント利用で何度でも ・初めての利用
・メールアドレスに登録
・Web明細に登録
アコム 30日間 契約日の翌日から30日間 初回限定 ・初めての利用
・返済期日が「35日ごと」
アイフル 30日間 契約日の翌日から30日間 初回限定 ・初めての利用
SMBCモビット 実施していない
新生銀行カードローン レイク 30日・180日 契約日の翌日から開始 初回限定 ・初めての利用

初めて利用する方であれば、ほとんどのところで30日間利息0円で借入ができます。返済する予定が予め決まっているのであれば、金利0円で利用できるため、是非とも申込むべきでしょう。

すぐにお金を借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性すぐにお金を借りるには、審査スピードが早く、金利も低い、無利息サービスを行っている金融会社が一番です。

その中でも全てにおいて断トツ1位だったのがプロミスです。

プロミスなら、どんな状況においても一番柔軟に対応してくれます。

プロミスの公式サイトはこちら

 

無人契約機の使い方と借入の流れ【はじめてのキャッシング編】

無人契約機利用で一番おすすめの消費者金融教えます!

女性業界設置台数No1.のプロミスが断然おすすめ!

プロミスは無人契約機設置台数No1.だから、利便性が高く、しかも借入までのスピードが最も早い消費者金融の一つです。総合力でも優位のプロミスなら、安心して借りられます。
 
プロミスの公式ページはこちら

 
 

無人契約機のお得な利用方法

今では消費者金融や、大手銀行カードローン会社の一部で、無人契約機を設けているところが非常に多く、駅周辺や繁華街、国道線沿いなど多くの方が目にするのではないでしょうか。

実際にはどのような使い方をすれば利用しやすいかをお伝えします。

無人契約機を設置しているカードローン会社はどこ?

まずは無人契約機を設置しているカードローン会社をまとめてみました。

カードローン会社 無人契約機設置有無 無人契約機設置数
プロミス 自社無人契約機:1200台以上
三井住友銀行ローン契約機(ACM):1400台以上
SMBCモビット 約350台
アイフル 約625台
アコム 約1066台
三井住友銀行カードローン 約700台
三菱東京UFJ銀行カードローン 600台以上
みずほ銀行カードローン ×
住信SBIネット銀行カードローン ×
新生銀行カードローン レイク 700台以上

プロミスでは、自社の無人契約機に加えて三井住友銀行ローン契約機もあるため、無人契約機の設置台数はNo1.と言われています。合わせて2600台は、他のどこの金融会社と比べても圧倒的です。

無人契約機を利用する時の必要書類とは?

無人契約機で申込の手続きをするときも処理は必要です。その中でも特に、「本人確認書類」は必ず用意しなければなりません。本人確認書類として認められる書類は次のものをいいます。

運転免許証
パスポート
健康保険証

また、借入額が50万円を超える場合には「本人確認書類」に加えて「収入証明書」の提出が必要になります。この50万円とは消費者金融で借りる時のことで、もしも銀行カードローンで借りる場合は、100万円以上の高額融資の時に必要とする銀行が多いです。

そしてもう一つ、消費者金融で借りる時には、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合にも収入証明書類が必要になります。収入証明書として認められる書類は次のものをいいます。

源泉徴収票
確定申告書
給料明細書

なお、給与明細書の場合は直近2ヶ月の給与明細書に1年分の賞与明細書も提出します。もしも賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書のみの提出となります。

無人契約機を利用する時の借入の流れ

無人契約機から申込みした時の、一般的な借入の流れは以下のようになります。

STEP1. 無人契約機へ来店
STEP2. 審査
STEP3. 契約・カード発行
STEP4. 借入れ

無人契約機へ来店する時は先ほどの本人確認書類などの必要書類を持参した上で、無人契約機へ行きます。どこの無人契約機も同じですが、タッチパネル画面は操作自体難しいことはなく、スムーズに申込みができます。

もしも分からない、操作につまずくことがあれば契約機横の電話ですぐにオペレータと繋がるため心配することはないでしょう。

審査時間もそれほど長くかからないため、審査中はカードの利用方法などのビデオが流れたりするため退屈することもありません。契約後はすぐにその場でカードが発行されます。すぐにこの後利用することもできるので、急いで借入したい方には、おすすめの方法です。

ネット申込みの後に無人契約機を利用することで更に即日融資が可能!

無人契約機からの借入は、申込み、審査に通れば、実際の借入までスムーズに進めることができるため、利用者からすれば有難いシステムです。

しかし一つだけ挙げるとしたら、無人契約機の利用は、審査に通過できた場合に効率的な方法です。もしも、せっかく自宅から来れそうな無人契約機を探し、やっと申込みができたとしても、肝心な審査に通過できなければ、それはただの時間的ロスの何ものでもありません。

その時間は、他のキャッシング会社にあてた方が効率的だといえますよね?そのためにも、いきなり無人契約機へ行くより、まずはインターネットで申込みを行い、仮審査の連絡が来た時点で無人契約機へ行くのが一番おすすめの方法だと言えます。

また時間帯や時期的な理由で、無人契約機がいっぱいで待たされることもあるかもしれません。そういった意味でも、先に自宅や手元にあるスマートフォンで申込を行うのがベストです。

インターネットを使った無人契約機の借入までの流れ

インターネットは24時間365日申込み可能なため、夜でも夜中でも申込みすることができます。

申込を行った後、メールかオペレータより電話があり、仮審査の連絡を受け取った後に、無人契約機に向かいます。このとき、もしも無人契約機の場所が分からなくてもオペレータが自宅付近の無人契約機を探してくれます。

もちろん、誰かに見られるのを避けるために、自宅から少し離れた場所を教えてほしい、と言えばそのように探してくれるし、駐車場があるかないかまで調べてくれるのでとても助かります。

無人契約機へ着いたら後は、先ほどの流れと同様になります。申込み内容はインターネットの申込みの時点で既に記入してあるため、名前や住所などの簡単な記入だけでOKです。

無人契約機のお得な利用方法のまとめ

キャッシングできた女性無人契約機利用で一番おすすめのキャッシング会社はどこ?

無人契約機は、インターネット申込みと組み合わせることで、申込み時間を短縮でき、審査時間もスピーディなため、効率的に借入まですすめることができます。

その中でもプロミスは無人契約機設置台数、業界No1.であり、しかも審査回答時間も最短30分、総合的にみても一番おすすめしたい消費者金融です。

プロミスの公式サイトはこちら