「消費者金融でキャッシング」カテゴリーアーカイブ

アイフルで千円単位の借入方法【全部で時間はどのくらい?】

アイフルは千円単位で借入可能?

女性アイフルATMなら千円単位で借入できます!

アイフルは、自社ATMから借りることで、千円単位で借入できます。しかも借入・返済ともに手数料も無料です!
 
アイフルの公式ページはこちら

 
 

アイフルで千円単位で借入する方法

通常キャッシングでは、借入可能な金額は1万円以上のところがほとんどです。千円単位で借りれる金融会社はそれほどありません。

しかし時には、数千円でいいから引き出したい、と思う時もあるでしょう!アイフルはそんな千円単位での少額でも対応している消費者金融です。

キャッシング会社を選ぶ上での重要なポイントとは?

消費者金融は、利用限度額内までならいくらでも手軽に借入できる点が魅力です。そのため、ついつい必要以上のお金を借りてしまうケースも多く、借りては返しを繰り返す利用者が多いのも事実です。

多くの金融会社では最小単位が1万円のところが多く、今回は14,000円だけ借りたいけど、1万円単位だからと2万円おろしたことで、6,000円余分に借入することになります。当然この6,000円に対しても利息は支払っていかなければならなく、これではいつまでたっても払い終わることができなくなるのです。

しかしもしも、必要最小限のお金だけを借りることができれば、余分な利息を払わずに済むことができます。キャッシングは本来、どうしても必要な時だけ金融会社に借りるのが正しいお金の借り方です。

そのため、利用するのであればこの千円単位で借入できるかできないかは、キャッシング会社を選ぶ重要なポイントとなるのです。

アイフルで千円単位で借入できるATMはどこ?

アイフルは千円単位から借入できます。アイフルで千円単位で借りられるATMは次の表のところです。

金融機関名 千円単位で借りられるATM
アイフル アイフルATM
セブン銀行
イオン銀行
三菱東京UFJ銀行
西日本シティ銀行
ローソンATMコンビニE-net
アイフルATMを利用して千円単位で借入する

上記のATMの中でも特におすすめなのが「アイフルATM」です。なぜなら「アイフルATM」は、千円単位での借入が可能なのに加えて手数料も無料だからです!

つまり、上記のATMから借入、返済ともに手数料無料なのは「アイフルATM」だけで、それ以外のセブン銀行やイオン銀行のATMは全て下記のような手数料がかかってしまうのです。

お取引金額 入金 出金
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

アイフルATMは、全国に480台あまり設置されています。そのため、アイフル全店舗に必ずATMが設置されているわけではありませんが、土日祝日含め、全国ほとんどで7:00~23:00あるいは7:00~22:00まで利用できるようになっています。

どこにATMが設置してあるかどうかは、アイフルの公式ページより、路線図や市町村を入力するだけで近くのATMを探すことができます。

アイフルで千円単位で借りるための方法のまとめ

キャッシングできた女性アイフルなら1000円単位での借入が可能です。その中でもアイフルATMなら借入時も返済時も両方手数料が無料なため、ムダなお金を利用しないですみます。

でもどうしても外で引き出せない時は、インターネットで自分の口座に振り込んでもらうこともできます。

アイフルの公式サイトはこちら

 
 

プロミスとSMBCモビットの違いを比較!【どっちを選ぶべきか?】

プロミスとSMBCモビット!何がどう違う?

女性プロミスとSMBCモビット、この2つの消費者金融はCMも大々的に宣伝しているため、一度は名前を聞いたことがある方がほとんどではないでしょうか。

プロミスもSMBCモビットも同じ消費者金融であるため、例えば総量規制の関係で借入金額に上限があることや、提出書類、申込み方法などそれほど変わらない点も多くあります。しかし、もう少し掘り下げていくと細かい違いがあるのです。

その違いについてお伝えしながら、ネット申込みはどちらが優位か、金利ならとちらがよりお得なのかなど、具体例をあげながら解説します。

プロミスとSMBCモビットを比較

まずはプロミスとSMBCモビットのスペックの違いを表にまとめました。

消費者金融名 プロミス SMBCモビット
社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 株式会社SMBCモビット
貸付対象者 20~69歳の本人に安定した収入のある方 満20歳~69歳の定期収入のある方
利用限度額 500万円 800万円
収入証明書 原則50万円まで不要 原則50万円まで不要
貸付利率(実質年率) 4.5~17.8% 3.0~18.0%
遅延利率 20.0%(実質年率) 20.0%(実質年率)
無利息サービスの有無 30日間無利息 なし
簡易審査 3秒診断 10秒簡易審査
カード発行 カードレスも対応可能 カードレスも可
スマホアプリ iPhone/Android iPhone/Android
レディースキャッシング あり なし
担保・保証人 不要 不要
専業主婦借り入れ × ×

それぞれ違っているところは赤色で表示させています。それぞれの違いについて、どちらがより勝っているか、次に解析します。

利用限度額と年利の違い、どちらが優位?

<利息の安さ> 勝利はプロミス!

 
プロミスの利用限度額は500万円、SMBCモビットの利用限度額は800万円。そして年利はプロミスが「4.5~17.8%」、SMBCモビットが「3.0~18.0%」とそれぞれ違います。

利用限度額が違うので当然下限年利は違っていて当然ですが、通常はじめて借入の申込みをした時、いきなり数百万円もの高額融資をしてもらうことは難しいでしょう。そのため、ほとんどの場合は
上限金利の17.8%や18.0%になることが多数です。

そこでこの0.2%の違いでどれくらい利息が違うのか、見てみたいと思います。

例として、50万円を年率17.8%と18.0%で計算してみます。

<プロミス>
金利17.8%で50万円借りた場合の一年間の利息
50万円×17.8%=89,000円

<SMBCモビット>
金利18%で50万円借りた場合の一年間の利息
50万円×18%=90,000円

年間で差額は1,000円です。これが100万円借りれば2,000円違うことになりますが、この0.2%がお得かお得でないかは個々の考えだけです。ただ、借りては返しの借入と返済を繰り返すことで利用回数は増えていきます。そうすることで利息も増えていくため、少しでも金利が低い方がお得なのではないでしょうか。

事前審査、どっちを利用した方がよりリアル?

<事前審査> 勝利はSMBCモビット!

 
事前審査はプロミスもSMBCモビット、どちらも公式サイトから診断できるようになっていますが、はたしてどちらの方が総合的にメリットが多いのか判断したいと思います。

入力項目の違い

プロミスは「3秒診断」といって、生年月日・年収・現在の借入れ金額のたった3項目を入力するだけで借入可能かすぐに結果がわかります。

プロミス3秒診断

プロミス3秒診断の結果

対するSMBCモビットの「10秒簡易審査」は、次の情報を細かく入れなければなりません。

1.個人情報(氏名・生年月日等)
2.勤務先情報
3.住居状況(住所や居住年数、持ち家かどうか)
4.金額情報(借入希望額、他社からのを借入額等)

「10秒」とは、入力項目に対する時間ではなく、審査に通るかどうかが10秒でわかる、という意味になります。そのため、気軽に入力するのは厳しいですが、
これだけ入力することでかなり正確な審査結果が出てきます。

これには、SMBCモビットが独自で個人信用情報機関に問い合わせし、照合しています。それによって、本審査さながらの結果が出てくるので、SMBCモビットの「10秒簡易審査」でOKが出れば他の消費者金融でも借入可能と言われているくらいなのです。

申込者にとっては、本当に審査に通過できるか、それまでがとても不安だと思います。SMBCモビットの「10秒簡易審査」を利用すれば、一つの安心材料にもつながります。そのため、より審査結果に近い診断をしたい場合は、SMBCモビットを選択した方がいいでしょう。

無利息サービス、利用するしない、どっちがお得?

<無利息サービス> 勝利はプロミス!

 
プロミスはじめて申込みする方対象に、「30日間無利息」のサービスを行っています。つまり、契約後、実際の借入を行ってから30日間は利息が0円になります。このサービスは少額利用で、30日以内に返済するあてがあれば利用することをおすすめします。

さらにプロミスには、契約後プロミスの会員になることで、ネット上でポイントを貯められます。そのポイントで何度でも無利息サービスが利用可能、さらには1ヶ月間ATMを無料で利用できるなど、お得なサービスが満載です!

対するSMBCモビットは残念ですが、無利息サービスを行っていません。

(注)プロミスの無利息サービスを受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスとSMBCモビット、結局どちらを利用すればいいの?

プロミスとSMBCモビット、それぞれ違いや特徴は様々ですが、利用する人の状況や環境によってどちらにするか選ぶのが一番得策だと言えます。

ここに、各目的によって借りたい人がどちらを選んだらいいのかをまとめました。

・家族に内緒で借入したい → どちらも自宅に届く郵送物をなしにできる
・職場に内緒で借入したい → プロミス(応相談)、SMBCモビット(WEB完結なら電話連絡なし)
・少しでもお得に借りたい → プロミスで無利息サービスを利用
・即日で借入したい → どちらも即日融資OK

プロミスの公式ページはこちら

SMBCモビットの公式ページはこちら

SMBCモビット審査を即日で通す方法!【急ぎでお金借りたい方へ】

SMBCモビットの審査を即日で通すには?

スタッフSMBCモビットの審査を即日で通すには、下記3つのポイントを守れば大丈夫です。

必要書類をすべて準備しておく!
 運転免許証(状況によっては他書類必要)
店舗でなくWebから申込みする!
午前中の申込みが安心!

今すぐSMBCモビットの即日審査を受ける(※最短窓口)
10秒簡易審査

 
 

SMBCモビットで最短審査を行うポイント

SMBCモビットは「最短30分の即日審査」を行っていますが、急いで、その日のうちにお金を借りたいのであれば、平日の14:50までの振込手続完了で当日振込が可能です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

まずは、SMBCモビット「10秒簡易審査」からスタート!

SMBCモビットの「10秒簡易審査」は、プロミスとアコムの「3秒診断」、アイフルの「1秒診断」のような簡易審査とは違って審査項目の入力欄はやや多めです。

しかし他社に比べて正確な審査結果が出るので、早ければ1時間以内にお金を借りれます。

もちろん、「10秒簡易審査」をして仮審査に通っても、書類の提出が準備できていなければ、その日のうちにお金を借りられないかもしれません。

そこで事前に書類を準備しておくことが必要となってくるのです。

SMBCモビット即日融資を受けるには書類提出は必ず必要!

SMBCモビットでの必要書類は先ずは、本人かどうかを確認できる書類として、次のものが必要になります。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート のいずれか

他に、現在の収入を証明できる書類として、

・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書2ヶ月分などの書類の写し

給与明細書の写しを提出する場合は、賞与支給がある場合には賞与明細書についても提出する必要があります。

このようにお金を借りるには幾つもの書類を予めチェックし、準備しておくことで、今日中に借りられるかどうか大きく違ってきます。

とにかく急ぎでお金を借りたい!具体的な融資方法とは?

SMBCモビットで、急ぎの融資を希望しているのであれば、公式サイトに「ネットから申込後、フリーコールに電話してください。」と記載があるように、先ずは次の行動をします。

1. 自分の情報をインターネットで入力
2. 自分から電話連絡
3. ローン申込機でカードを受取り
4. ATMにて引出し

以上が最も早い方法になります。

(電話はこちらからしなくても、SMBCモビットからかかってきます。)

ネット申込みは、20時くらいまでに審査開始されるように申込む

フリーコールの番号は、申込完了画面に表示されています。その場合の受付時間は9:00~21:00までとなっていますが、審査が出るまでの時間を考慮すると、

遅くても20時までには申込み完了しなければなりません!

 
つまり、20時までにWebでの申込みが完了していることが重要です。しかし、混み具合によっては1時間以上審査にかかる場合もあるため、今日中に借りたいのであれば少しでも早く行動することが大切です。

21時までの受付は、平日夜、土日祝日でも営業しています。
また、本人を確認できる書類として、運転免許証もしくは各種健康保険証などの写しは必ず忘れないように持参しましょう。

今すぐSMBCモビットの即日審査を受ける

 

プロミスで今日中に借りる方法!【※急ぎの方はここに注意】

プロミスで今日中に借入するためのポイント

スタッフプロミスで今日中に借入するには、下記2つのポイントを守れば大丈夫です。

平日14時までに契約が完了していること!
 混み具合によっては翌日扱いとなるため、できれば午前中に申込みを完了するとベストです!
必要書類をすべて準備しておくこと!
 運転免許証(状況によっては他書類必要)

プロミスで今日中に借入する(※最短窓口)
プロミス

 
 

プロミスでお金を借りるための詳細解説

プロミスは、早くお金を借りたい人に最も適した消費者金融です。
しかし一歩でも申込み方法を間違うと、借入が翌日扱いとなってしまう場合があるため、注意が必要です。

プロミスで今日中に借りるためのポイントは、借り入れをしたい日が平日なのか土日祝日なのかによって申込み方法や申込みしなければならない時間も変わってきます。では詳しく見てみましょう!

今日中にプロミスからお金を借りるなら、14時までがポイント

平日の今日中にお金を借りたい場合は、14時までにWEBでの契約完了が必須となります。
そして来店不要で即日融資を受けたいのであれば、三井住友銀行かジャパンネット銀行口座を持っていれば、24時間振込可能です。

プロミス指定口座があれば最短10秒振込が可能!

24時間振込可能なのはプロミス独自のサービスで、別名「瞬フリ(=振込キャッシング)」と言います。この瞬フリサービスは、平日はもちろん、土日祝日でも最短10秒での振込融資が可能となります。

例え持ってなくても当日振込は可能!ただし、14時までがカギ!

その他の銀行口座への振込ももちろん可能です。
ただし、2つの口座を持っていない場合は、14時までに必ず契約が完了していることが必須となります!

15時のタイムリミットを過ぎてしまうと翌営業日以降の振込として処理され、翌日に振り込まれることになります。どうしても今日中にお金を借りたいのであれば「14時まで」が大きなポイントとなります。

14時までに間に合わない、土日祝にお金を借りたい場合は「土日に即日で借りる」をご覧ください。

ネット振込しないのなら、自動契約機を利用!

そしてもう一つ、ATMでお金を引き出したい場合やネット振込を行っていない場合は、14時までにWebでの申込みを完了しておき、その後、自動契約機でカードを発行し、コンビニなどのATMで引き出す方法です。

この自動契約機での方法は、営業時間内の9時~22時(一部店舗では21時まで)までの間に行けば、その場でカードを手にすることが出来る上に、契約書類も受け取ることができるため、自宅への郵送物もありません。

プロミスで今日中に借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性三井住友銀行かジャパンネット銀行口座有の方
  Web申込み → 銀行振込(=瞬フリにて最短10秒振込
上記2口座ともない方
  Web申込み → 自動契約機でカード発行 → ATMにて現金引き出しOK

プロミスで今日中に借入する(※最短窓口)

アコムは最短30分で審査完了!今すぐアコムでお金を借りる必須条件

アコムで今すぐお金を借りるためのポイント

スタッフアコムは最短30分で審査回答可能なカードローンです。
下記2つのポイントを守れば今すぐアコムでお金を借りることができます。

インターネットで申込みすること!
むじんくんでカード発行!
※平日申込み可能な場合:14時までに書類提出のこと。
※14時以降・土日祝日の場合:20時までにネット契約完了のこと。その後「むじんくん」へ。

 

アコムの公式ページはこちら

アコムの申込みから借入までの最速ルートは?

とにかく急いでいる!早く融資を受けたいと思っている方にとって、アコムは丁寧に対応している消費者金融です。
公式ページに記載してあるように、即日振込まで可能にするには次のステップのように進んでいくのが最適な方法と言えるでしょう。

ステップ1. まずはネットもしくは電話で申込み!

まずはインターネットで申込み、もしくは電話で申込みをします。Webや電話で先に申込みを行うことで、アコムの自動契約機「むじんくん」や来店での契約までの手続き時間を短縮することができます。

申込みは24時間365日受け付けていますが、審査時間は9:00~21:00までの間までしか行っていないため、今すぐにでもお金を借りたいのであれば遅くても20時までには受付が済んでいることが重要です。

電話からの申込みはweb申込みと同様、自動契約機「むじんくん」の次に最速での借入れが出来るベストな申込み方法です。

しかし、急を要し、少しでも早く借りるためには結局は「むじんくん」に直接出向き、カードを発行しなければなりません。電話申込みをするのなら、インターネットからの申込みのほうが早い場合があります。

そのため、最初からwebで申込みした後に「むじんくん」に行くほうがオススメです。

ステップ2. 来店不要で契約可能! 即日融資もOK!

即日振込を希望する場合は、14時までに本人確認書類などの必要書類を提出します。

アコムは自動契約機「むじんくん」を含め日本国内47都道府県のうち31の都道府県に設置されており、その数も1,000店舗を超えています。

利便性バツグンのアコムですが、「むじんくん」にも出向きたくない場合は、専用サイトにて書類をアップロードするか、郵送、ファックスなどで提出する方法がありますが、即日融資を受けたいのなら、平日の14時までにFAXかパソコンやスマートフォンから書類をアップロードすることで最短1時間での振込キャッシングが可能になります。

「むじんくん」に直接出向いてもいいのであれば、本人確認書類を持って最寄りの店頭窓口か「むじんくん」にて契約します。すぐにカードを発行してもらえます。

14時以降での申込みや土日祝日の場合は、8:00~22:00まで年中無休で営業しているため、特に夜は21時の審査時間に間に合うよう、遅くても20時までにネット契約が完了しているように準備してから、近くの自動契約機で契約完了、融資までスピーディーに行うことが出来ます。

アコムの公式ページはこちら