「アコム」カテゴリーアーカイブ

アコムで在籍確認なし(免除)は可能?【時間指定やバレない方法】

アコムで在籍確認なしで借入するためのポイントとは?

スタッフ在籍確認を完全になしの状態で借りることはできませんが、アコムでは電話での在籍確認なしで借入することができます。
下記2つのポイントを守れば誰にもバレることなく借入が可能です。

勤務先の所属がわかる書類を提出
年収を証明する書類を提出

アコムで在籍確認なしで借入をする
 
 

アコムで在籍確認なしで借入する方法

最近では、職種や事業内容によっては個人充てに勤務先へ電話が鳴らない会社もたくさんあります。そんな中で、いきなりもしも異性から個人名で電話がかかってきたら、それだけでも不審、怪しいと思われるものです。

そこでこのページでは、在籍確認なしで審査に通ることは可能なのか、もしも可能なら家族バレや勤務先にバレない方法をお伝えしたいと思います。

アコムの在籍確認、電話なしで借りれる方法とは?

アコムでは次の書類を提出することによって、勤務先への電話をなしにしてくれるようです。

●正社員や公務員の方
勤務先への所属がわかる書類(社員証もしくは健康保険証など)

社員証や社会保険証は勤務先名の記載が入っているため、この2つのうちどちらかを提出することによって在籍の証明になります。

●派遣、パート、アルバイト、自営業(個人事業主)などの方
年収を証明する直近の書類(給与明細書や源泉徴収票)

パートやアルバイトの他に日雇いの方や内職でも収入のある方は、給与明細や源泉徴収票を提出することによって勤務先を証明できます。

これらの書類を提出することで、勤務先への電話連絡なしにするかわりに書類で代替対応してくれるのです。
書類の提出方法はこういった書類をスマホなどで撮影後、画像をアップロードするだけなので、24時間いつでも送信することができ、すぐに審査も終わります。そのため、審査の時間短縮にも繋がります。

完全に在籍確認なしで借りることは可能?

これはアコムだけに限ったことではありませんが、どこの金融会社でも完全に電話での在籍確認も免除した状態で審査を通し、融資を受けることはできません。

金融会社は、先ずは申込み者の記載した内容でしか情報が分かりません。そこで、次のような点を確認するため在籍確認が行われるのです。

・申込みに記載した情報と相違点がないかどうか
・なりすましでないかどうか
・本当に申込み者が申込み欄に記載した勤務先で働いているかどうか

こういったトラブルを防ぐために、在籍確認というかたちで勤務先に電話連絡をして、本人確認を行います。

アコムの在籍確認、書類だけで通る理由とは?

しかし在籍確認は電話での方法しかないと言えばそうでもありません。アコムでは本当に申込者自身が記載した勤務先に在籍してるかどうかだけ見れればいいため、電話だけにこだわっていません。

そのためアコムではアコムの指定する書類を提出できれば、書類のみで在籍確認を完了させてしまうことが可能です。

更にアコムは正社員だけでなく、本人に安定した収入さえあれば、派遣やパート、アルバイトも学生も書類のみで提出可能です。

電話での在籍確認、電話の時間を指定できる

このように書類のみでの在籍確認は可能ですが、だからといって電話が勤務先にかかってきたからと言って、キャッシングの審査のことがバレることはありません。

それはなぜかと言うと、アコムをはじめ消費者金融では申込者のプライバシーに配慮してくれるからです。
それには『貸金業法21条1項5号』の条文で定められた法律があるからです。

貸金業法21条1項5号(取り立て行為の規制)

はり紙、立看板その他何らの方法をもってするを問わず、債務者の借入れに関する事実その他債務者等の私生活に関する事実を債務者等以外の者に明らかにすること。

この条例のとおり、金融会社が守らなく債権者が取り立てを行った時は、2年以下の懲役または300万円以下の罰金に処せられることになるのです。
そのため、、電話口に出たのが例え上司であったとしても、本人以外に「アコムの○○です」などとアコムの社名や用件を明かすことは絶対ありません。

ただし、いつか分からない在籍確認の電話を待つのも落ち着きません。いつかかってくるのか電話を待つのが厳しい場合は、アコムの担当者に相談することで、在籍確認の電話をかける時間帯を自分で指定することができます。

アコムの営業時間外での時間帯は厳しいですが、申込者自身が対応可能な、電話に出れそうな時間帯を伝えることで、できる限りの希望に応えてもらえます。

どちらにしても、もしも時間帯を指定したいのであれば一度相談してみれば如何でしょうか。

アコムで在籍確認なしで借りる方法のまとめ

アコムでは勤務先の所属がわかる書類や、年収を証明する書類を提出することで在籍確認の電話なしで借入することができます。

アコムでは在籍確認を電話だけにこだわってはいません。書類のみで在籍確認を完了させてしまうことができるのです。

他にWEB完結なら電話連絡なしで申込み可能なカードローン会社はSMBCモビットです。SMBCモビットもバレないで借りるには最強のキャッシングです。

アコムで在籍確認なしでお金を借りる
SMBCモビットで今すぐ内緒でお金を借りる

【アコムで初めて借りる編】※即日審査の流れと用意するもの!

アコムで即日審査を受けるための流れとポイント

スタッフアコムで即日審査を受けるにはポイントがあります。
下記2つのポイントを抑えていれば即日審査での借入も可能となります。

即日審査希望ならインターネット申込み!
即日融資希望ならネット申込み後、むじんくんでカード発行!

アコムで即日審査希望で借入する

 
 

アコムで初めて借りる方法

初めてキャッシングを考えている方には、アコムをおすすめします。

なぜならアコムは自動契約機「むじんくん」で知名度も高い上に、設置台数も他社と比較しても圧倒的な店舗数を誇ります。
そのため利便性も高く、何と言っても初心者には嬉しい金利が0円になる無利息サービスも行っているからです。

更に審査スピードは最短30分、楽天銀行の口座を持っていれば土日祝日、曜日問わず24時間、最短1分での振込融資も可能だからです。

このページでは、アコムを初めて利用される方のために、即日審査を受けるにはどういう流れで申込みすればいいのかをお伝えします。

アコムの申込み方法

アコムには次の5つの申込方法があります。

インターネット
店舗窓口
むじんくん(自動契約機)
電話
郵送

この中で即日審査・即日融資を希望するならインターネットからの申込みをおすすめします。

なぜならインターネットからの申込みは、もっともスムーズ&スピーディーに審査を完了することができるからです。即日融資を受けたいのであれば、Web環境のあるパソコンやスマホから申込みの後、自動契約機のむじんくんでカード発行してもらう方法がアコムで1番早くお金を借りることができます。

アコムで即日融資を受けるための借り方の手順とは?

アコムで申込みする前に、次の書類を準備する必要があります!

・運転免許証
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・パスポート
・健康保険証
インターネットからの申込み、必要項目とは?

インターネットから申込む時に、聞かれる項目は下記のとおりです。

●お客さま情報
氏名、住所、生年月日、家族状況(既婚か独身、同居家族の人数)

●ご自宅情報
郵便番号、住所、借家か持ち家、入居年月、ローンの有無、メールアドレス、電話番号

●お勤め先情報
勤務先の住所、電話番号、勤務年数、業種、収入形態、給料日、休日、保険証種類(社保・国保・共済等)、区分(本人か配偶者)

●他社借入れ状況
借入件数、借入総額

●希望極度額
希望契約額を記入(1万円~800万円の範囲)

●審査結果通知・お申し込み内容確認の連絡先について
連絡希望先(携帯・自宅・勤務先)より選択

●振込口座と振込貸付明細書送付先について
振込口座記入

他社借入れ状況については、クレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどは借入には含まれません。

申込み項目は多いですが、記入したらあとは審査の連絡を待つだけです。審査時間は最短30分です。(混み具合によっては1時間程度かかることもあり)

アコムで初めて借りる方法のまとめ

アコムは初めてお金を借りる人におすすめのカードローンです!

審査は最短30分、無利息サービス、楽天銀行の口座を持っていれば土日祝日でも24時間、最短1分の振込融資も可能だからです。

特に無利息サービスは初めて借りる方限定のサービスです!利用しない手はありません。

アコムで初めてお金を借りる

アコムのデメリットや注意点【※借りる前に理解すべきこと】

アコムで借りる前に注意すべきポイントとは?

スタッフアコムに限らずどこの消費者金融でもデメリットはつきものです。
しかしデメリットも見方を変えれば、返ってお得になることもあります。下記2つのポイントを抑えていれば安心してアコムで借りることができます。

最大金利が高い ⇒ 30日無利息で利息0円に!
高額融資には不向き ⇒ 少額申込みで最短審査可能

アコムで今すぐ借入をする
 
 

アコムでお金を借りる前に注意すること

アコムの一番の特徴は、無人契約機の「むじんくん」。
あの忘れもしない「ららら無人くん、ららら無人くん、ららら~」というフレーズが印象的です。

「むじんくん」は業界一の契約機数を誇るプロミスに次ぐ2番目の設置数です。そのように利便性が高いためか、審査時間も最短30分、1分融資も可能なカードローンです。

いいこといっぱいのアコムですが、お金を借りる以上は当然、何らかのリスクも伴います。そこでこのページでは、アコムの弱点、デメリットを大暴露したいと思います。

アコムでお金を借りるデメリットとは?

今の世の中、お金を借りる金融会社は数えきれないほど山ほど存在しています。

当然ながら、友達や知人にはとてもじゃなけどカードローンでお金を借りること事態話せませんよね?

しかし、CMやキャッチコピーでは誇大効果もあり、全てがクリーンなイメージを掻き立てるような、そんな印象さえ感じます。確かにお金がどうしても必要な時に、カードローンやキャッシングですぐに借入できることは便利で最悪な事態を免せてくれる、切羽詰まっている状態であればなおさら融資をしてくれる金融会社は神様みたいな存在です。

しかしその上には必ずリスクも伴うことを肝に銘じなければなりません。

そこでアコムではいったいどんなリスクやデメリットを伴うのかを次のデメリットと共にお伝えします。

・最大金利が高い
・総量規制に引っ掛かる
・専業主婦は借入不可

消費者金融は銀行カードローンと比べると最大金利が高い

消費者金融は金利の高さが最大のデメリットと言えますが、アコムの場合も4.7%~18.0%の金利設定となっています。
この最大金利18.0%はプロミスの17.8%以外ほとんどの消費者金融で実施されており、銀行カードローンの平均最大金利の14%台と比較するとその差は4%とかなり差が開きます。

4%の差は、例えば20万円を消費者金融のアコムとみずほ銀行カードローンで借りた場合の比較をしてみると、

●アコムの最大金利18%
金利18パーセントで20万を借りた場合の1ヶ月(30日)利用したときの利息は
20万円×0.18÷365(日)×30(日)=2,958円

●みずほ銀行カードローンの最大金利14%
金利14パーセントで20万を借りた場合の1ヶ月(30日)利用したときの利息は
20万円×0.14÷365(日)×30(日)=2,301円

1ヶ月の利息の差は
2,958円-2,301円=657円 となり、もし1年借り続けたとなったら8,000円近くも差が出てきます。

このようなことから一時的に利用するには適してると思いますが、金利が高い分、長期的での借り入れやおまとめ目的で借りる場合には不向きと言えるでしょう。

まとまったお金を借りたい方には不向きなアコム

総量規制とは債務者への過剰貸付を防ぐために、債務者が年収の3分の1を超える借入ができないように定められた規制です。
そのため年収が少ない人ほど借入出来る金額が低くなります。

例えば年収300万円の方は総量規制により、100万円以上の借入ができないようになりました。
ただし、銀行では総量規制の対象外のため、年収の3分の1を超える借入をすることはできます。が、審査も厳しいため銀行カードローンを利用するのはハードルが高いでしょう。

全く収入のない専業主婦は借入不可

アコムは専業主婦の方の借入はできないと言われていますが本当のところはどうでしょうか。

もしも全く収入のない専業主婦は残念ながら申し込むことはできないようです。
アコムは申込み資格を「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方」としており、全くの収入のない専業主婦は難しいですが、銀行では配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも借入可能なため、銀行カードローンを検討してみると良いでしょう。

また銀行では審査が厳しくて無理なため、どうしても消費者金融でお金を借りたい場合は、やはりパートでもいいので月々お金が入ってくることを証明できるようにすることが重要です。

「私は無職ではありません」という多少でも働いて収入があるという形にしてから申込みの審査を受けるのが一番の方法です。

アコムのデメリットや注意点のまとめ

アコムは総評するとお得がいっぱいの消費者金融ですが、もちろんデメリットもあります。

しかし次のことを理解していれば安心して借りられます。
金利が高い ⇒ アコムの無利息サービスを利用すれば金利0円!
年収の3分の1を超える借入は不可 ⇒ 高額融資は難しいけどアコムは借りやすい環境
安定した収入がないと借入は難しい

アコムで今すぐ借入する

アコムは自営業でも融資可能!【実情と審査のポイント】

アコムで自営業者が借入するためのポイントとは?

スタッフアコムは自営業者も借入可能です。下記2つのポイントを守れば事業者、自営業の方に対し融資可能です。

事業実態の確認書類を提出
契約手続きは、店頭窓口 or むじんくん(自動契約機) or 郵送

アコムで自営業者が今すぐ借入をする
 
 

自営業者がアコムで借入するための方法

消費者金融大手のアコムは個人だけでなく、事業者の方、つまり自営業の方に対してもサポートしてくれるキャッシングサービスを行っています。

個人で借りる場合にはカードローンになりますが、自営業の方は「ビジネスサポートカードローン」の分野になります。
ビジネスサポートカードローンは個人事業主の方に対してサポートをし、最高300万円までご利用限度額内であれば、何度でも利用が可能です。特徴としては個人事業主の方で、年収3分の1を超えても借り入れをすることができます。

今回は、自営業でもアコムの審査に通る条件とポイントをお伝えします。

アコムのビジネスサポートカードローンは安定した収入があれば融資可能

通常、自営業や個人事業主が事業資金を調達する方法として、次のような国や自治体、銀行や信用金庫からお金を借りることができます。

国:日本政策金融公庫
地方自治体:中小企業制度
民間:銀行・信用金庫

しかし、これらは確かにカードローンに比べると低金利と魅力的ですが、審査に通すために提出しなければならない書類も多く、何と言っても審査にかかかる時間も長ければ2ヶ月もの間待っていなければならないため、すぐに融資を受けたい自営業者の方には適格な方法とは言えません。

その点、アコムのビジネスサポートカードローンは、日本政策金融公庫や中小企業制度、銀行・信用金庫に比べると金利は高くなりますが、必要書類が少なく手続きも簡単、審査も早く、保証人や担保が必要ない点が最大のメリットとなります。

また、通常消費者金融であれば、年収3分の1以上の借り入れであれば、総量規制の関係によって借り入れは難しいですが、ビジネスサポートカードローンは自営業や個人事業主のためのカードローンのため、事業実態の確認書類さえあれば、総量規制の対象外となり、年収の3分の1以上の借り入れが可能となります。

既にアコムを利用している方であれば、カードローンからこちらのビジネス側に切り替えすることも可能です。お申し込み当日から利用可能であり、急な申し込みにも対応してくれます。
契約手続きは、店頭窓口かむじんくん(自動契約機)、それか郵送となっています。

ただし契約自体はカードローンのようなネットでの契約ができないために注意が必要です。
カードを受け取り次第すぐにご利用することができます。

自営業者がアコムで借りる方法のまとめ

アコムにはビジネスサポートカードローンと言って、自営業の方に対してサポートしてくれるキャッシングサービスを行っています。

ビジネスサポートカードローンは個人事業主の方で、年収3分の1を超えても借り入れをすることができるローンです。

ただし契約自体はネットでの契約ができないため、店頭窓口かむじんくん(自動契約機)、郵送での方法となります。

アコムの公式ページはこちら

アコムで1000円単位で借入する方法!【千円単位の返済も可能?】

アコムで1000円単位で借入するためのポイントとは?

スタッフアコムで1000円単位で借入するためには、気を付けなければいけないことがあります。
下記のポイントを抑えることで、損せずスムーズに借り入れることができます。

「アコムATM」は手数料無料!24時間年中無休!
「セブン銀行ATM」は手数料必要!営業時間は0:10~23:50まで!
 ※ただし月曜日のみ1:00~5:00までは利用不可

アコムで1000円単位で借入をする
 
 

アコムで1000円単位で借入する方法

お金を借りたい時は確かに数万単位で借りたい時もありますが、必要以上に借入れしたくない方にとっては1000円単位で借りられれば、と思う時もあります。

アコムでは1000円単位からでも借入することが可能です。

しかし全てのATMで1000円単位で引き出せるかと言うとそうでもありません。1000円単位の利用に対応しているのは「アコムATM」と「セブン銀行ATM」の2つだけなのです。

このページでは、1000円単位で借入するための気を付けるべき事項をお伝えします。

千円単位で借入れできるのは「アコムATM」と「セブン銀行ATM」の2つだけ

アコムでは1000円単位からでもお金を借りることが出来ますが、「アコムATM」と「セブン銀行ATM」の2つしか借入することができません。

アコムATMは24時間手数料無料!

アコムATMは借入も返済もどちらも1000円単位での利用が可能です。
更に曜日問わず24時間営業なので、いつでも好きな時に利用できるが大きな魅力の一つだと言えます。
また、手数料も無料です。

アコムで申込みを行った場合は、申込みのあとアコムATMで借入するのが一番スピーディな方法です。アコムATMはアコムの店舗か、自動契約機(むじんくん)に併設されています。

全国のアコムの店舗に設置されているATMで利用可能!
・営業時間:24時間、年中無休
利用金額 借入手数料 返済手数料
1万円以下 無料 無料
1万円超 無料 無料

セブン銀行ATMはほぼ24時間利用可能!ただし手数料が必要!

全国のセブンイレブンに設置してあるセブン銀行ATMでも千円単位での借入・返済が可能です。

ただこちらは、提携ATMのために手数料として1万円以下は108円、1万円以上は216円が必要となります。
そのためもし11,000円を借りた場合の手数料は216円となります。

営業時間は0:10~23:50まで営業しているためほとんど24時間営業です。
ただ月曜日のみ1:00~5:00までは利用が出来ませんのでそこだけ注意が必要です。

利用金額 借入手数料 返済手数料
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

アコムで1000円単位で借入する方法のまとめ

アコムは1000円単位で借入できますが、「アコムATM」と「セブン銀行ATM」2つに限られます。

しかも24時間手数料無料なのはアコムATMのみ。セブン銀行ATMは毎回引出しするごとに手数料がかかるので注意が必要です。

アコムで1000円単位で借入する

アコムは最短30分で審査完了!今すぐアコムでお金を借りる必須条件

アコムで今すぐお金を借りるためのポイント

スタッフアコムは最短30分で審査回答可能なカードローンです。
下記2つのポイントを守れば今すぐアコムでお金を借りることができます。

インターネットで申込みすること!
むじんくんでカード発行!
※平日申込み可能な場合:14時までに書類提出のこと。
※14時以降・土日祝日の場合:20時までにネット契約完了のこと。その後「むじんくん」へ。

 

アコムの公式ページはこちら

アコムの申込みから借入までの最速ルートは?

とにかく急いでいる!早く融資を受けたいと思っている方にとって、アコムは丁寧に対応している消費者金融です。
公式ページに記載してあるように、即日振込まで可能にするには次のステップのように進んでいくのが最適な方法と言えるでしょう。

ステップ1. まずはネットもしくは電話で申込み!

まずはインターネットで申込み、もしくは電話で申込みをします。Webや電話で先に申込みを行うことで、アコムの自動契約機「むじんくん」や来店での契約までの手続き時間を短縮することができます。

申込みは24時間365日受け付けていますが、審査時間は9:00~21:00までの間までしか行っていないため、今すぐにでもお金を借りたいのであれば遅くても20時までには受付が済んでいることが重要です。

電話からの申込みはweb申込みと同様、自動契約機「むじんくん」の次に最速での借入れが出来るベストな申込み方法です。

しかし、急を要し、少しでも早く借りるためには結局は「むじんくん」に直接出向き、カードを発行しなければなりません。電話申込みをするのなら、インターネットからの申込みのほうが早い場合があります。

そのため、最初からwebで申込みした後に「むじんくん」に行くほうがオススメです。

ステップ2. 来店不要で契約可能! 即日融資もOK!

即日振込を希望する場合は、14時までに本人確認書類などの必要書類を提出します。

アコムは自動契約機「むじんくん」を含め日本国内47都道府県のうち31の都道府県に設置されており、その数も1,000店舗を超えています。

利便性バツグンのアコムですが、「むじんくん」にも出向きたくない場合は、専用サイトにて書類をアップロードするか、郵送、ファックスなどで提出する方法がありますが、即日融資を受けたいのなら、平日の14時までにFAXかパソコンやスマートフォンから書類をアップロードすることで最短1時間での振込キャッシングが可能になります。

「むじんくん」に直接出向いてもいいのであれば、本人確認書類を持って最寄りの店頭窓口か「むじんくん」にて契約します。すぐにカードを発行してもらえます。

14時以降での申込みや土日祝日の場合は、8:00~22:00まで年中無休で営業しているため、特に夜は21時の審査時間に間に合うよう、遅くても20時までにネット契約が完了しているように準備してから、近くの自動契約機で契約完了、融資までスピーディーに行うことが出来ます。

アコムの公式ページはこちら