一番最短でキャッシングするために!

キャッシングの一般的な審査時間

▼一般的な審査の流れ

女性近年、銀行や消費者金融のキャッシングサービスが向上しており、審査時間も格段に早くなっています。

一般的には公式HPに氏名・住所・勤務先・年収などを入力して、運転免許証や保険証などの身分証をアップロードするだけでまず第一段階は終わりです。

ここまでに要する時間は20分~30分程でしょう。

その後、おおよそ1時間以内には入力内容の確認のために本人に電話が来ます。入力内容に間違いがないかを聞かれるだけですので、電話は10分程で終わります。キャッシングに対しての疑問点があればこの際に質問することが出来ます。

▼平日であること

問題なければさらに30分~1時間で勤務先に在籍確認の電話がいくことになりますが、「〇〇さんはいらっしゃいますか」という確認のみなので、時間はほとんどかかりません。

これであとは審査結果を伝える電話かメールが来るのを待つだけですが、在籍確認から30分程度で来ることがほとんどです。

このようにカードローン・キャッシングの審査は、公式HPへの入力時間を含めても2時間程で済むというスピード審査が最近の主流となっており、急な出費が必要な際にはとてもありがたいシステムです。

唯一の注意点はこれが「平日であれば」ということで、土日祝日の申し込みであれば翌営業日の朝から審査開始となるのが一般的です。

▼最短審査のポイント

キャッシング最短審査のポイントは、最初に必要な資料一式を漏れなく準備しているか、ウェブの審査申込み画面で正確に記載できているかにかかっています。

50万円以下のキャッシングであれば収入証明書は必要ないので、書類をそろえるのは難しくはないはずです。

▼お試し診断でだいたいわかります

最近では、本審査の前にWEB上でお試し診断を実施しているケースが多く、正直に申告すれば融資可能かどうかは、わずか数秒でかなりの確率で事前に知ることができます。

また、一部のキャッシングでは、自動審査方式を採用しているところもあり、必要事項を入力すると直ぐに融資可能かどうか、およびおおよその借入限度額を知らせてくれます。

ただしこれは正式な審査でなく、やはり本審査には最短審査でも30分から1時間が必要となります。
 
 

キャッシングの無金利は計画を立てて利用すること

▼やっぱり金利は気になる

キャッシングを利用すると必ず支払わなければいけない金利、出来れば支払いたくないと言うのが心情でしょう。しかしお金を借りるわけですから、対価として金利を支払うのは当然の義務ですから、こればかりは仕方がないといえます。

初めてカードローンを利用する人は、この金利が気になって申し込み出来ないという人もいるようです。

▼無金利期間はお得です

男性しかし金融業者の中には、カードローン初心者のために無金利期間を設けいている業者が多数あります。

無金利期間というのはその名の通り、一定の期間内であればお金を借りても一切金利が発生しないというサービスです。これはカードローンを初めて利用する人に、その便利さを実感してもらうために行われているサービスで、初めての人だけの特権だと言えます。

基本的には30日間無金利にしている業者が多く、30日間の間に借りて返せば1円の金利も支払うことなくお金を利用することが出来ます。

▼無利息期間は契約時点からカウント

ほとんどの業者が、契約成立日の翌日から30日間という利用期間を設定していますので、いつでも30日間無金利を利用できるというわけではありません。

要するに契約してから利用することが無く30日を経過すると、初めての利用者であっても無金利期間は消滅してしまうわけです。

契約して20日経っていれば、無金利期間は残り10日しかなくなるので、利用する予定が無いのにとりあえず契約することはお勧めできません。

無金利期間を最大限に利用するには、利用する予定がある時に契約し、その日のうちにお金を借りて30日以内に返すのが、最大限に無金利を利用できる方法ではないでしょうか。
 
 

キャッシングで自分の金利がどのように決まるのか

▼金利設定は業者ごとに基準がある

キャッシングを行う時に自分の金利がどのように決定されるのかと言うと、業者が定める基準と審査結果の兼ね合いから決定される事になります。

業者の金利設定には枠があり、融資額によって金利も変動する事になりますし、選ぶ業者によって金利の基準も変わってきます。

▼銀行の金利は安め

例えば銀行と消費者金融の場合ならば、銀行の方が低金利設定であり、融資枠も広くなっています。

審査によって融資を受ける事が出来る額も変わりますし、消費者金融の場合は総量規制があり原則として年収の3分の1以上の借り入れが出来ないようになっています。

銀行では総量規制対象外になりますから、大きな融資を受ける事も可能になっており、審査に通り大きな融資を受けた場合には非常に低金利での借り入れが可能になります。

▼上限金利のルール

金利が決定されるのは業者選択と審査結果による総合的な判断となり、上限金利のルール等もあり、延滞時でも20%以上の金利は要求されないようになっています。

この数値を超えた金利請求は違法になりますし、100万円以上の借り入れの場合には15%以下というように融資枠によっても細かくルールが設定されています。

キャッシングで自分の金利がどのように決まるのかが気になる場合には、まず業者の設定を確認して、融資額によって変動する金利をチェックすると良いでしょう。